2008年5月17日土曜日

MSX-きたよきたよぉ~ww

しばらく放置状態でしたが、無い頭振り絞って永久保存版3MSXPLAYerのイメージファイルの復号化を考えておりました(ぉぃ!

で、試行錯誤の結果、とりあえず解析はできました!\(^v^)/

んで、私はプログラミングが不得意であるからして、とりあえず自分的に取っ付きやすいX680x0のX-BASICでチョコチョコと復号化ツールを作っていまして、何とか無事復号化、同時に暗号化ツールの作成完了。

これにより、とりあえずMSXマガジン永久保存版シリーズ全てのシステム&ROMカートリッジ&ディスクイメージを吸いだせることになったww

ただし、ちょっとやり方が原始的なため、X-BASICでは速度が無茶苦茶遅い・・・orz

ので、X68kエミュのXM6使って変換時のみノーウェイト(それでも約7倍(^-^;)でやりました・・・が、X68kが標準10MHzなので7倍でも所詮・・・なので、16KBの変換で10分近く掛かってたり(苦笑

コンパイルすればもっと早いと思うけど、試しなのでそこまではしない。今回は正常に動くことが確認できればOKだからね。

まぁ、とりあえずプログラム的な流れは掴んだので、Win機で使えるように移植するつもりでいます。おそらくDOSベースだと思うけど。

Win機なら速度的には比較にならないほど早いハズだお。

ってなわけで、ローカルネタではありますが、待つ人は今しばらくお待ちくださいませm(_ _)m

一応、暗号化したドアドアイメージを動かした画像でも。

igador

見てわかるとおり、伊賀忍法帖ベースで。

igador2

当然プレイも快適にできます~w

ステートセーブファイルも実行ファイル名事に作られるのでPLAYerのファイル名変えとけば問題なし。

あ、復号化&暗号化できる利点としては、

・イメージを実機に持っていって遊べる

・1&2号のイメージをWinネイティブ&ステートセーブ機能付きで快適に遊べる

・ゲームリーダーを使わずにROMカートリッジのゲームが遊べる(PLAYerの仕様上256KBまで)

・手持ちのMSX資産を有効利用できる

とまぁ、大まかにはこんな感じですか。

現実にはMSXエミュが沢山あるし、復号化とか手間を・・・そんなことは考えてはいけませんよっ!(;_;)

PLAYerにはPLAYerの良さがあるのさっ!

0 件のコメント: