2008年6月12日木曜日

最低限の部品で・・・

昨日終わったGSですが、少し前から見た人はお解かりのようにもう一つ対策版があります。

このまま新品で取っておいても改造が出来るだけで屁の肥やしにもなりませんので、ちょっと実験というか遊び感覚で残りの一つも使えるバージョンにしてみました。

まず、コメントでツボックさんが書いておられた7セグLEDは必要なければ要りませんw

PCと接続するのに最低限必要な部品は74HC04と74HC374のみ

PICT3254

単価合計153円!(RS、部品代のみ)でPC連動で動きます(^-^;

まぁ、わかってはいましたが、一応テストして実証済み。

74HC04と74HC164のSOP版は足を少し曲げ気味にしたほうが付けやすいと思います。

平らなところで上からそーっと押してやると・・・


こんなふうに多少足を曲げておきます。

で、LED無いと状況が?の件も、吸い出しに関してはTV画面を見ればわかります。

PICT3255

通常は上写真のようになっていて、背景(イメージ変更可能)が左へ流れています。

この時にPC側で吸い出すのですが、吸い出しを開始すると・・・

PICT3256

背景のスクロールが止まり、メニュー下部分の文字が化けた感じで止まります。

時間はROM容量によって変わりますが、吸い出しが終了すれば元画面のように文字化けも直り、スクロールもします。

ので、LEDは必須ではないんですねぇ。

次に、7セグLEDが無い場合は普通のLEDでも十分楽しめ(?)ます。

7セグLEDといっても結局はLEDが8個分くっついてるだけ。

カウント表示なんかいらねぇ~、な人は普通のLED1個付けるといいでしょう。

ただし、74HC164と10kΩ、220Ω1個も必然的に取り付けなければいけませんが(^-^;

で、私がお勧めする取り付け場所は7セグLEDで言うところの9番ピン(b)です。

(ピン配列は昨日の記事参照)

PICT3248

上写真の位置へ。当然164と10kもね。

PICT3262

ちょっとボケちゃいましたがこんな感じで。

PICT3264

う~ん、まぶしいw

と、コレだけではタルイので、少し味付けをしませう。

PICT3266

・・・センスは置いといて、厚紙をGSの窓の大きさに切り、穴を開けます。

PICT3268

すると、お解かりのように、何気に愛着湧きますね・・ね?

問題は、LEDはそもそもが拡散発光ではなく直進発光なので、LEDと紙を近づけ過ぎると折角のデザインが台無しになります(-_-;

と、書き忘れた。

なぜに9番ピンのところがお勧めかって言うと、まず起動時のカウントで54321の順に表示されるのですが、5以外は点灯になるから。

それと、吸い出し中は8の字の上□がぐるぐる回るので、その際はただの点滅表示になるのですが、吸い出しが完了すると9番ピンが点灯する仕様になっているので、終了時にGS見ただけでも判断できる、と。

LEDはいろんな色集めて虹色キラキラバージョンでもいいかもしれない・・・と思ったが鬱陶しいかもしれない(^-^;

とまぁ、省けるところは省いても問題ないって事ですね。

いじょ

0 件のコメント: