2009年3月20日金曜日

2度目の製作、動いたっ!解決した(^-^)/

今日は昼で仕事を上がり、帰宅後外食やら墓参りやらで結局作業が遅くなってしまった・・・

夕方には何とかPCと繋がる状態になったので、とりあえずメイン基板だけを恐る恐る電源接続・・・煙が出なくて一安心(笑

電源系はOKのようである。

で、早々Huカードを差して吸い出しテスト。

PICT4289

Bi-directional接続だろうと思ってそのまま吸い出しを試みるも失敗。

全てFFで埋まってしまった(^-^;

や、やべ(汗・・・修復は勘弁だぞ・・・(-_-;

と思い、EPPに変えて再挑戦!

huget

よしっ!吸い出しできたw

ヨカッタァ~(ホッ

Win98のDOS窓で試しましたが、一応吸い出しはできました。

因みにECPのDMA0チャンネルで吸い出すとタイミングがずれるのか、1段目がちょっとデータ変わるっぽい?

けど、ECPでも吸い出しは出来るようだ。

まぁ、EPPで考えればOKだけど。

PC-9801の時はこんな設定あったか全然覚えてません(^-^;

で、この吸い出しデータ、ちゃんと起動できるかやってみたんですが、ここで問題発生。

PCEといえば昔はMagicエンジンが当たり前でして、今回もMagicエンジンで試したところ無事に起動しました(^-^)

ですが、今良く使われているnpceとOotake、XBOX1のHugoでは動かない・・・orz

な、何故だ・・・最低でもHugoだけは動いて欲しかったんだが、ベタ吸いだからデータ形式が違うってことは無いよねぇ・・・

Huカードの接触不良も考えて同じカードで数回試したけど同じ結果。

さて、なんだろなぁ?

PICT4292

こうなると比較できるデータ取る為にホンコン作るべきかなぁ。

あ、WinXPで試したところ、動きませんでした(^-^;

というか、今日わかったんだけど、拙作のMSXATOOLSもXPの環境によっては動かないことが判明しました(ぉぃ

もしかしたらKKCFUNC絡みなのかもしれませんので、XPでDOSソフトが上手く動かない場合は調べてみると良いかもです。

今MSXATOOLSが正常に動くXPPROアップグレード版入ってるPCにパラレル接続面倒なため、ちょっと見送ります。

ふぅ~・・配線の見直しでもすっかね。

【追記】

上のMagicエンジン以外動かない件、自己解決しました\(^-^)/

PICT4295

まずは吸い出した生データを起動できるお馴染みのMagicエンジン。

ゲーラボ引っ張り出してきて読んでみると、吸い出し機の説明にMagicエンジン用と書いてある。

当時はこれ以外使ってなかったので気にしてませんでしたが、今では何かしら違うのかしら?と思い、データの変換をネットで探すも見つからず(-_-;

で、色々とあれこれやっているうちに、一つ良い物を発見。

ootake1

Win窓で動く、今では皆使ってるのかなと思われるOotakeに、TG16へのイメージ変換機能があった。

ootake2

おぉっ、無事に変換できたぞw

試しにやってみたところ、残念ながらOotakeさんでは変換後イメージも起動せず・・・orz

【追記@】

失礼っ!m(_ _)m

Ootakeさんでも普通に動きました(^-^;

ootake3

DirectDrawの設定をちゃんとしてなかっただけでした(汗

やっぱだめかぁ・・・と諦めながらもう一つのWin用エミュ、npceで起動してみると・・・

pdrift

やったぁ~!無事に動きました(^-^)

んでは、Hugoはどやっ!?

PICT4297

おっけ~で~すw

といったところで、一先ず問題は解決しました。

今ならHugoとかで使えないと使い勝手悪いのでね、無事使えるようになってよかったです。

これでやっと2度目製作の呪縛から開放された(^-^;

回路的には問題ないようなので、あとはのんびりと本組みすることにします。

昔はデータの変換なんて気にしなかったんだけど、ホンコンのデータは直でできるんですかねぇ。

今回使ったhugetは現状ストⅡ´(20Mbit)は吸い出しできないので、勉強がてらソースを直して対応したいかなぁ、とか思っていたり。

ともあれ、やっぱり今は工作にツキがあるようだw

なので、引き続き工作の方面で逝くかな?(笑

さて、吸い出しを楽しもぉ~っと。

【追記2+ちょっと直し(^-^;】

吸い出したROMイメージの件、私が今回製作したのは10年も前のハードです。

データはMagicEngine形式になってますので、最近のエミュで使う際にはTG16形式に変換しなければなりません。

今のPCE吸い出しはホンコンが一番簡単かな?と思いますが、ホンコンの吸い出しデータはTG16形式で吸い出されてるので問題ないのでしょう。

【補足】

ツッコミを頂いたのでちょっと補足しますと、現在は工作などしなくてもパソファミという完成品が簡単に手に入ります。

ちょっと高くつくかもですが、大半のレトロコンシューマ機の吸い出しをしたい、はんだ付けは無理っ!って方はこちらを購入したほうが遥かに簡単です(^-^)

因みに、今回のMagicEngine形式のデータをOotakeで変換するとヘッダ(512byte)が切り落とされますw

ので、気になる方はオリジナルのヘッダを載せるといいでしょう。

ってなわけで、今回の製作は問題なしっ!

・・・ひぐらしさん帰ってきたらCRC比較させてもらお。

↑解決しました、あやすけさん、ありがとうございましたm(_ _)m

4 件のコメント:

まさやん さんのコメント...

お疲れ様でした。無事に動いてますね。
XPでは無理ですか。昔のパソコンは大事にしておかないといけませんね。

エミュを選ぶのはやっぱりヘッダとかなんでしょうか?操作説明書にもMEでって書いてるし。

へろへろ さんのコメント...

 74 シリーズを HCT とか別系列に
換えるしかない?データが取り出せて
いるので、タイミングの問題か
ノイズか??

ぽんRev さんのコメント...

まさやんさん

お疲れしました(笑
XPはKKCFUNCが正常に動かせるようになれば逝けるかもなので、その辺りもちょっと研究してみますね。
でないと、MSXATOOLSも大半の人が使えないって事になっちゃう(なっちゃってるか)んで(^-^;

エミュの件、先ほどアップしましたが自己解決しました(^-^)
ホンコンのデータ見てないのでわかりませんが、今回のとは何か違うんですかねぇ。
ちょっと引っ掛かりますが、一応は動かせたので良しとします(笑


へろへろさん

回路図では574だけHCTでそれ以外はHCですね。
Magicエンジンで正常に動くので、おそらくデータ的にはOKなんではないかと自分に言い聞かせてます(^-^;
とりあえずイメージ変換で問題なく動かせるようになったので事なきを得ました。
でもホンコンにしても今回のヤツにしてもベタ吸いならデータは同じハズなんですけどねぇ・・・
10年も前のハードなんでその辺の情報がネットにも無くて(笑
触りながら何か掴めればいいですが(^-^;

ぽんRev さんのコメント...

へろへろさん

失礼しました、Ootakeは私の設定不足でした(^-^;

んで、データの件ですが、ひぐらしさんのとこ見ると普通に使えてるようなので、多分ホンコンは初めからTG16形式で吸い出すタイプなのだと思われます。
私が今回作ったヤツはPCE形式のまま吸い出しなので、変換したデータの値はホンコンと同じかと。
ただ、Ootakeで変換したイメージはヘッダ(512byte)が削られてました(^-^;

Magicエンジンは昔から存在してたので、PCE形式まで対応してるんでしょうね(^-^)

ってことで、謎は全て解けた(笑