2009年3月30日月曜日

お届き物

帰宅したら購入した覚えのない荷物が届いていた。

PICT4323

PC-9801の素晴らしいフリーウェアゲーム製作集団、Bio_100%の「Bio_100% Music CD BOX」プレゼントに当たった!(^-^)

(BOX下の2冊の本は当時買った、既に私物のもの)

810名に当たる・・・って事ですが、今現在でもまだ応募受付してるんで、もしかしたら応募が最大数までいってないのかもしれない(^-^;

私のBio_100%での一番のお気に入りは「CarII GRANDPRIX」ですね。

これにはめっちゃはまってまして、昔の私が出したタイムは当時NIFTY-ServeやPC-VANにベストランクがアップされてて、ベスト10のデータ落として競ってましたが、全8コースで2~5位内に収まってました。

コースエディタも公開されてましたねぇ。

なんせ、Bio_100%は独自のライブラリを使って市販ソフトに劣らない(場合によっては上かも)ぐらい出来が良く、ゲームが好きでPC-98持ってた人は間違いなくBio_100%のゲーム触った事あるでしょう(笑

ちなみに、C2GP作者のaltyさんはその後マイクロソフト入ってDirectX開発に最初から関わってる人なので、世界中のWinユーザーはaltyさんに少なからずお世話になってるわけですね。

・・・その後はXBOX1の開発行ったんでしたっけ?(忘れた(ぉ)

今ではどんな凄いことをしておられるのやら。

恥ずかしながら、この時期はaltyさんにあこがれて、プログラム作成に意気込んだ時期でもありましたねぇ(^-^;

・・・意気込みだけで終わっちゃったけどw

あ、CDですが、アレンジ版も嫌いではないけれど、やっぱり個人的にはBEEP音のが好きだなぁ。

当時の音が頭の中に染み付いてるので(笑

HP行くと試聴もできるので、興味のある方は是非。

ゲームに興味を持った人は、フリーウェアなのでベクターなり探せば見つかるのでエミュで体験を。

最近の絵&音バリバリ(死語?)ゲームよりものんびり落ち着いて遊べるかもね~。

.

届き物序に。

PICT4324

少し前に届きました、懐かしいスペースインベーダー(貯金箱)

最近工作ばかりでまだ開けてない(爆

遊ぶ為には100円玉用意しなきゃね(^-^)

2009年3月28日土曜日

我慢できずにお買い物

通販で買ったパーツが届かないから・・・ってわけじゃないけど、他にも色々と作りたい物が出てきたので、昨日パーツ購入リストをセッセと作り、今日は大須へお買い物。

PICT4321

ゲームソフトは適当に、ネオファミ、FDSアダプタ、ROM2システムカード3.0も序に、全てジャンクだけど正常品。

右の基板はパチンコのヤツで部品取り用、100円だったので(ぉ

真ん中がメインの工作用パーツ沢山(笑

パソファミ用の74HCT245は通販で頼んであったけどまだ来ないので序に1個・・・と思ったら今日も無かったorz

確か245は代用品で、元があったよなぁ?・・・と気づくも型番が定かではなく、とりあえず適当なPCショップへ入店してネット繋がるPCで型番を検索w

最近はショップでもネット体験できるPCが置いてあるのでちょっとした検索にはとても便利ですね(笑

(一応、ちゃんと店員には使用していいか確認してます)

で、無事74HC645をゲットできたのでとりあえずパソファミの工作には取り掛かれる準備は整った。

・・・でもその前に違うの作るかもしれない(爆

ネオファミはパソファミ入れるのに丁度いいかなぁ、って思ってケース目的で買ってきたんだけど、正常に動いてるの壊すのは勿体無いので、ケースは後日考える。

ともあれ、またしばらく遊べそうです(^-^)

あ、買い物序にマジコンはどうなってるか少し気にしてたんですが、まだ2件ほど堂々と販売してるとこありましたね(^-^;

ただし、AK2が9,800円、DSTTが12,800円・・・在庫処分だとは思いますがぁ・・・(-_-;

あと、珍しい(?)写真を記念に。

P1000044

pino買ったら噂の星型出てきました(^-^)/

あとは・・・最近の風潮なのか、いろんなPCショップでやたらとジャンク売る所が増えた事ぐらいかなぁ。

値段的には中古よりは遥かに安いけど、どれもオフ以上の値段設定な感じでちょっと残念だったでした・・・

2009年3月25日水曜日

パソファミ購入はやっぱ止め

パソファミパラレルの部品がまだ届かないので、ちょっと工作をして空きを埋める。

昨日の夜まではパソファミ&パソディスクセットを注文する直前まで気持ちが逝っていた。

で、買うは良いけど、ディスクシステムのベルト交換してからしばらく動かしてないのでチェックがてらちょっと遊ぶことに。

ベルトは問題なくすこぶる快調。

安心して注文できるべ・・・と考えていたところに、RAMアダプタが単品で転がっているのを発見したw

とまぁ、ココまで書けば後は想像通りw

PICT4316

吸い出し用電源はUSBで問題ないので、一応はケーブルのみで作れる。

テスト接続なのでケーブル剥き出しで汚いね(^-^;

動作確認は取れたので小さなボックス(後の拡張用でw)間に入れて仕上げるつもり。

RAMアダプタの方はケース加工まで終えて完成。

ってなわけで、パソファミセットは無用となったので直ぐに買わなくてよくなった(笑

まぁでも、カメUSB持ってなくてパソファミソフトの登録を考えてる人は、別途でカメUSB完成品+ソフト料金払うよりは今の基本セット買っといたほうが安いと思う。

あ、上のはご存知fdsloadrですが、大抵の方はフロッピーでDOS立ち上げしてるようですが、個人的には起動時にF8押してセーフモードでDOSで立ち上げたほうが楽ではないかなぁ?と思うのはわたしだけ?

PICT4317

いちいちFD用意してファイルコピーするの面倒かと・・・(どっちにしても再起動だけど(-_-;)

FDドライブ付いてないPCなら有効かなぁ。

とりあえず、パソファミセット購入はしないけど、パラレルのほうは作ります。

ホントは今日にでも部品発送されるはずだったんだけど、最近工作やりすぎなのかハンダが少なくなってきて、序だから今と同じ0.6の頼んだら・・・たまたまそれだけ品切れだったという・・・orz

特別直ぐに必要じゃない物で発送延期されるのはちょっとイヤねぇ(^-^;

週末にでものんびり作れるなぁ、と思ってたのに・・・残念。

・・・さて、FDS面白いのでもうちっと弄ろう。

2009年3月23日月曜日

次はパソファミか?

タイトルの前に、昨日の384Kイメージの件、hugetのプログラムを弄るも上手くいかず(要するに理解できていない(笑)、結局強引ワザ(?)で一発変換で終了~、ということにw

384khead

まず2Byteのバイナリを作成。

MSXATOOLS内のDATACUT.EXE&DATAPAST.EXEを準備

バッチファイルを以下の内容で作る

-----------------(384kr.bat)

datacut %1 temp1.pce 0 262656
datacut %1 temp2.pce 524800 131072
copy /B temp1.pce+temp2.pce %1
datapast %1 384khead.bin 0
del temp*.pce

-----------------

で、640Kで吸い出したイメージを用意して・・・

384kr

n:>384kr gunhed.pce

とすれば自動的に384Kの正常なイメージが出来上がり(笑

大した手間ではないのでOKということに(ぉ

.

で、タイトルのパソファミ

カメレオンUSBタイプのほうが色々と使えて便利なのは承知の上で、とりあえず完成品より工作をしたいっ!ってことでパラレルタイプを作ろうかなぁと考えている。

ありがたいことに今公開されてる評価版のアーカイブ内にも回路説明ありますし、エミュステさんとこには見やすいPDFあるのでhugetより楽に作れますね(^-^;

部品が揃ってないので、近々集める予定です。

これで気に入ったら、カメUSB版も考えようかねw

・・・でも・・・基本セット買っちゃうと性格的に全部買いたくなっちゃうんだよねぇ・・・(-_-;

正直、それが怖くて手が出せないところもあったり(^-^;

購入した際には抑えられるように努力しよう、うん。

.

次、上とは全く関係ない話、今日のオフ品+久々の通販品

PICT4314

最近のオフは刺激のあるものは少ない。

ので、スーファミ用RGBケーブル63円で(それだけかいっ!(笑)

でも、案の定中の電解コンデンサ(220μF)が液漏れしてたから交換しないといけない。

220μFは在庫沢山あるので、気が向いたら交換する。

USPS便で届いたブツ、さて何でしょう?

答えはまた今度ということにして、少し前にUSAアマゾンを久々に見に行ったら、以前使ったClassic Game Source Inc.がワールドワイドの発送を止めてしまっていた。

で、他に探したら日本でも可能なトコがあったのでついつい・・・

国内でも「工具」さんで扱いあるみたいですが、今は品切れになってます。

まともに動いてくれれば、今後箱で全て遊べるようになるかな?

言語の壁は免れないけど(^-^;

精度がどの程度か?これから試してみよ~っと。

2009年3月22日日曜日

hugetは成長させなきゃいけません

まだPCEですw

製作したhuget、昔は私も無知(今もかw)だったので適当に吸い出して動けばオ~ケ~な感じでしたが、微妙にスキルが上がったのか、hugetを使う上で気になるところがチラホラ出てきた。

PICT4299

まず写真に写ってるSUPER桃鉄Ⅱ、これは768Kなんですが、ソフト側には768Kの選択筋が無い(1024Kでも動く)。

ガンヘッドとファイナルブラスターなど384Kものは選択筋あるんですが、バグなのかタイプが違うのかデータが取りきれてません(^-^;

gunhed

ので、プログラム弄って選択筋に768Kを追加し、384Kはとりあえず7番に384K-Rとして、現状は640Kで吸い出す事に・・・

DOS窓のデータ配列見るとわかりますが、1、2段目のデータと3、4段目のデータが同じで、5段目以降が全て同じ内容です。

説明書に書いてある内容とは違うんですが、これ以外にもあるってことなのかしら?

1段=128Kを表しているので、最初から256K+80000hからの128Kの384Kでなければいけないですよね(^-^;

実際には640K以上で吸い出しておけば動くんですが、ちゃんとしたイメージにするには640Kで吸い出した後にヘッダの00hの内容を50→30に変えて、40000h~7ffffhの256Kを切らなければいけません(笑

というわけで、ちょっとこだわりが入ってくると色々と見えてくるなぁ、と。

とりあえずプログラム見直してみて、直せるところは直していきたいですねぇ。

自分で育てる吸い出し機、面白いですw

2009年3月21日土曜日

私専用ツール?「me2tg16」

【追記:紛らわしいのでツールの名前を変更しました】

昨日稼動部分が完成したPCE-HuCard吸い出し機(以下、huget)、エミュレートステーションさんココにアップされてますね。

因みに、hugetはFC(256k)の吸い出しも出来る(プログラムは別途必要)ので、上のトコにあるPDFにもFCの繋げ方載ってます。

んが、FCコネクタ部の修正がされていないのでここで補足しておきます。

74HC393(B)の信号線を以下のように置き換えればOK。

AB8 - 誤 6+50 → 正 5+51

AB9 - 誤 7+19 → 正 4+52

AB10 - 誤 8+20 → 正 3+53

AB11 - 誤 9+21 → 正 2+54

AB12 - 誤 10+22 → 正 33+55

AB13 - 誤 11+23 → 正 34

AB14 - 誤 12+24 → 正 35

AB15 - 誤 13+25 → 正 NC

全部で8箇所です。

他は修正されてるようなので、PCEだけの場合は気にせずそのまま組めば動きます。

FCまでやりたい人は上を参考に。

.

さて、これから作る人は上見て頑張っていただくとして、既にhuget所持している方へちょっと使い勝手がよくなるツールを作りました。

昨日追記で書いたROMイメージの変換ですが、イチイチOotake起動して変換してヘッダ追加して・・・とやるのは非常にメンドイです。

なのでMagicEngine形式からtg16形式に変換するDOS用ツールを。

一応、左のファイル置き場へ置いときました。

DOS用なので、hugetと同じディレクトリに置いて序に変換できます。

・使い方
me2tg16 ME形式ファイル TG16形式ファイル

例:
Win98等のDOS窓を開き、コマンドプロンプトから、

n:>me2tg16 card.pce tg16card.pce

とする。

me2tg16

Ootakeと違ってヘッダ(512byte)は残し、データ本体のみ変換します。

なのでファイルサイズの変更はありません。

これにより、(多分)ホンコンなどで吸い出したデータと同じになり、今ある全てのエミュで動作する・・・ハズである(^-^;

バッチファイル作っておけば、吸い出しからtg16変換出力まで出来て便利です(^-^)

基本部分はMSXATOOLSと同じなので今回はプログラム楽だった。

まぁ、吸い出し機としてはホンコンのが作るの楽でしょうし、huget含めてツール自体がXPの環境に依存するので、使用する人は殆どいないと思いますが(汗

私個人用かもしれないけど、huget持ってる人は使っていただければ。

少なくとも私は便利だ(笑

あ、そうだ、忘れてたメイン基板の裏側を。

PICT4298

どうだっ!この汚さっ!(恥笑

ハッハッハ・・・はんだ苦手な人、こんなんでも接続さえ間違ってなければ動くので、自信を持って工作しましょう(苦笑

はんだ玄人の方、笑い過ぎないでください・・・

う~ん・・・このはんだの仕方は今後の課題だなぁ。

2009年3月20日金曜日

2度目の製作、動いたっ!解決した(^-^)/

今日は昼で仕事を上がり、帰宅後外食やら墓参りやらで結局作業が遅くなってしまった・・・

夕方には何とかPCと繋がる状態になったので、とりあえずメイン基板だけを恐る恐る電源接続・・・煙が出なくて一安心(笑

電源系はOKのようである。

で、早々Huカードを差して吸い出しテスト。

PICT4289

Bi-directional接続だろうと思ってそのまま吸い出しを試みるも失敗。

全てFFで埋まってしまった(^-^;

や、やべ(汗・・・修復は勘弁だぞ・・・(-_-;

と思い、EPPに変えて再挑戦!

huget

よしっ!吸い出しできたw

ヨカッタァ~(ホッ

Win98のDOS窓で試しましたが、一応吸い出しはできました。

因みにECPのDMA0チャンネルで吸い出すとタイミングがずれるのか、1段目がちょっとデータ変わるっぽい?

けど、ECPでも吸い出しは出来るようだ。

まぁ、EPPで考えればOKだけど。

PC-9801の時はこんな設定あったか全然覚えてません(^-^;

で、この吸い出しデータ、ちゃんと起動できるかやってみたんですが、ここで問題発生。

PCEといえば昔はMagicエンジンが当たり前でして、今回もMagicエンジンで試したところ無事に起動しました(^-^)

ですが、今良く使われているnpceとOotake、XBOX1のHugoでは動かない・・・orz

な、何故だ・・・最低でもHugoだけは動いて欲しかったんだが、ベタ吸いだからデータ形式が違うってことは無いよねぇ・・・

Huカードの接触不良も考えて同じカードで数回試したけど同じ結果。

さて、なんだろなぁ?

PICT4292

こうなると比較できるデータ取る為にホンコン作るべきかなぁ。

あ、WinXPで試したところ、動きませんでした(^-^;

というか、今日わかったんだけど、拙作のMSXATOOLSもXPの環境によっては動かないことが判明しました(ぉぃ

もしかしたらKKCFUNC絡みなのかもしれませんので、XPでDOSソフトが上手く動かない場合は調べてみると良いかもです。

今MSXATOOLSが正常に動くXPPROアップグレード版入ってるPCにパラレル接続面倒なため、ちょっと見送ります。

ふぅ~・・配線の見直しでもすっかね。

【追記】

上のMagicエンジン以外動かない件、自己解決しました\(^-^)/

PICT4295

まずは吸い出した生データを起動できるお馴染みのMagicエンジン。

ゲーラボ引っ張り出してきて読んでみると、吸い出し機の説明にMagicエンジン用と書いてある。

当時はこれ以外使ってなかったので気にしてませんでしたが、今では何かしら違うのかしら?と思い、データの変換をネットで探すも見つからず(-_-;

で、色々とあれこれやっているうちに、一つ良い物を発見。

ootake1

Win窓で動く、今では皆使ってるのかなと思われるOotakeに、TG16へのイメージ変換機能があった。

ootake2

おぉっ、無事に変換できたぞw

試しにやってみたところ、残念ながらOotakeさんでは変換後イメージも起動せず・・・orz

【追記@】

失礼っ!m(_ _)m

Ootakeさんでも普通に動きました(^-^;

ootake3

DirectDrawの設定をちゃんとしてなかっただけでした(汗

やっぱだめかぁ・・・と諦めながらもう一つのWin用エミュ、npceで起動してみると・・・

pdrift

やったぁ~!無事に動きました(^-^)

んでは、Hugoはどやっ!?

PICT4297

おっけ~で~すw

といったところで、一先ず問題は解決しました。

今ならHugoとかで使えないと使い勝手悪いのでね、無事使えるようになってよかったです。

これでやっと2度目製作の呪縛から開放された(^-^;

回路的には問題ないようなので、あとはのんびりと本組みすることにします。

昔はデータの変換なんて気にしなかったんだけど、ホンコンのデータは直でできるんですかねぇ。

今回使ったhugetは現状ストⅡ´(20Mbit)は吸い出しできないので、勉強がてらソースを直して対応したいかなぁ、とか思っていたり。

ともあれ、やっぱり今は工作にツキがあるようだw

なので、引き続き工作の方面で逝くかな?(笑

さて、吸い出しを楽しもぉ~っと。

【追記2+ちょっと直し(^-^;】

吸い出したROMイメージの件、私が今回製作したのは10年も前のハードです。

データはMagicEngine形式になってますので、最近のエミュで使う際にはTG16形式に変換しなければなりません。

今のPCE吸い出しはホンコンが一番簡単かな?と思いますが、ホンコンの吸い出しデータはTG16形式で吸い出されてるので問題ないのでしょう。

【補足】

ツッコミを頂いたのでちょっと補足しますと、現在は工作などしなくてもパソファミという完成品が簡単に手に入ります。

ちょっと高くつくかもですが、大半のレトロコンシューマ機の吸い出しをしたい、はんだ付けは無理っ!って方はこちらを購入したほうが遥かに簡単です(^-^)

因みに、今回のMagicEngine形式のデータをOotakeで変換するとヘッダ(512byte)が切り落とされますw

ので、気になる方はオリジナルのヘッダを載せるといいでしょう。

ってなわけで、今回の製作は問題なしっ!

・・・ひぐらしさん帰ってきたらCRC比較させてもらお。

↑解決しました、あやすけさん、ありがとうございましたm(_ _)m

2009年3月19日木曜日

2度目の製作、途中経過←まだかよ(笑

今日はPCE初代からコネクタを外し、中継コネクタ配線まで。

PICT4288

右のヤツは先日も配線途中のヤツ載せたけど、現在は全ての配線がちゃんとできてる・・・ハズである(-_-;

部品面には極力ジャンパ線飛ばしたくなかったんだけど、完成に近づくにつれ配線作業がいいかげんになり、結局繋がってりゃいいやぁ~!って開き直りました(笑

今回は1枚基板ではなく、2段重ねで逝こうかな、と。

なぜか、2段にしたほうが小さく見えるから(笑

残りの作業はD-SUB25ピンコネクタを中継コネクタで繋いで、電源付ければとりあえず完成ですね。

動けばケースとか考えるけど、とりあえずはテスト接続なので、適当に付けることにする。

明日は仕事が半日出勤なので、できれば明日動かしたいですねぇ。

あ、メイン基板の裏側は動いたら記念に(?)お見せします(笑

動かなかったら醜態晒すだけになっちゃうから見せない(ぉぃ

どうなることやら・・・

2009年3月17日火曜日

2度目の製作

むかーしむかしあるところに、PCE吸い出し機を作った若造がおりました。

その若造は整理整頓が出来ず、いつもあちこちへ置いては忘れて探し回るトロイ生活を過ごしていたのですが・・・

月日は流れて現在、その性格が祟りPCE吸い出し機は結局見つからずじまい。

その若造もおじさんと呼ばれるお年頃、最近工作がとても調子が良いらしく、他にも何か工作をしたいと考えていた。

実に単純な思考回路である。

何かないかと探していたらPCE吸い出し機を作る為の部品が一式揃ったので作ることに決めたのであった・・・

PICT4287

というわけで(?)、2度目の製作です(笑

いつか見つかるだろう、と何気に気にはしてるんですが、PCEとMDの吸い出し機が全然見つかりません・・・(-_-;

もしかしたら実家に置いてきて処分されてる可能性も無くはないので、90%諦める事に。

で、調子がいい時は続けたいもので、またセカセカと作り出しましたが・・・メンドクセ(苦笑

部品揃った時は作る気満々だったんだけどね、やっぱ2度目って考えるとちょっとヤんなる(^-^;

ホンコンキット全部揃ってるので、ソッチ作ったほうが簡単だし早くね?ってのもありますが、ホンコンは計画してることがあり、煮詰まっていないので進まないぞ、と。

煮詰まっていないというよりは考えてないといったほうが正解か(笑

とにかく、とりあえず始めちゃったので、他に何かやりたいことが出てこない限りは作り続けるつもり。

今回はPCBE使って綺麗に配線しようと考えていたんですが、やっぱ私には無理orz

書いてる途中で配線グチャグチャですw

配線が綺麗に出来る人ってどうやってるんでしょうねぇ。

CADソフトで回路図描いたら部品配置から配線まで基板パターン仕上げてくれるソフト無いかしら(笑

あったら2万ぐらいまでなら出して買うのになぁ。

あ、上の写真、IC直付けしちゃってるし、裏は既にスパゲッティ状態なので一発勝負です(笑

配線だけならともかく、IC壊れてたら修復大変なのでその時は見捨てるw

でも、作ってていつも思うこと、動く気がしない・・・

動くと思って動かないよりはマシだけど、もうちと自信を持って作れないかね、自分・・・と思う今日この頃。

2009年3月13日金曜日

メモリ欲しい人いるかな?

PICT4286

写真に写ってるメモリチップ(16M×2枚)欲しい人いるかなぁ?

このチップはもう使わないだろうから、欲しい人がいれば差し上げます。

Professor SFⅡ(Game Doctor SF7)持ってて、このチップ載った32M拡張メモリ持ってる人ならポン付けで64Mにできますよ~(笑

ただし、取り付けて動くかどうかは自己責任でね。

チップ外す前は正常に動作することを確認してますが、外した後はどうかわかりませんので(^-^;

よっぽど壊してないと思いますが、絶対とは言い切れませんので。

ブツ的にはただのメモリチップなので、バックアップ機持ってない人でも必要な方はコメで一報くださいませ~

・・・流石に欲しい人はいない気もするがw

2009年3月12日木曜日

謎は全て解けた・・・ニヤリw

昨日無事に128M(bitね)化に成功したSFCバックアップ機。

このマシンはPCとのリンクも可能な機械の為、久しぶりに出した序にリンクでも試してみようと試み、昨日初めてリンクに成功した。

このマシン、10年以上前に中古で買ったもので本体のみだったのでリンクの仕方がわからず諦めていた(^-^;

当時は何度やっても上手くいかなかったんだが、昨日はあれこれやっている時に一つ今までと違う設定を発見し、無事リンク成功に至ったわけですが・・・

成功して喜んだのもつかの間、あるネタがフラッシュバックしてきた。

それは、私が去年6月に作った「仮想プロコムズリンクアダプタ」のこと。

記事は2008年7月1日、初接続に失敗し、その後回路図とニラメッコしながら何度も挑戦するも繋がらなくて、遂には放置して現在に至っている(^-^;

自分的には配線で間違いはないと思っていたから、チップを壊したかも、と。

で、昨日寝る時にもしや・・・と考えながら、今日帰宅後試してみることに。

先に結果を書いてしまうと、正常に動いたぁ~!!\(^_^)/

PICT4275

やっぱり私の製作は間違っていなかったのだっ!(笑

PICT4282

まぁ、何の為っていうと、サターンのBIOS吸い出す為だけが目的か?(^-^;

もう使わないつもりで電源用で引っ張ってあったUSBケーブルは切断しちゃったよ・・・

今回はテストなので急遽テストクリップで繋いだ。

電源はPC本体のUSBポートで全然問題ないです。

私が作る前にひぐらしさんが作って挫折してましたが、もしかすると同じかも?しれないかも?

ぶっちゃけ、PCの機種に依存すると思われる。

これはねぇ、流石においちゃんも気がつきませんでしたぜ。

って事で、問題の設定とは。

PICT4281

パラレルポートの設定を「Bi-directional」にするだけでOKだったり(^-^;

でもね、普通はECPとEPP、もしくはECP+EPPを使うし、PCによってはBi-directionalの設定なんて無いのよorz

去年試したNECのノートには確かに選択筋無かったしね。

今回はSHARPのメビウスノートでやったからSFCも解決したけども・・・

まぁ、私が無知だったというのは置いといて(爆

とにかく、ちゃんと製作できていればこの設定さえしとけば動くハズである。

もし手持ちのPCに選択筋無かったら・・・Win98クラスのジャンクPCなんて数千円でゴロゴロ転がってるので適当に試しませう(笑

ss3

で、これですね。

コムズリンクが手元に無ければこのソフトにお世話になるしかありません。

立ち上がったらエディットボタンを押します。

ここで接続エラーが出たら振り出しです(^-^;

ゲンナリする箇所でもあり、快感になれる部分でもあります(笑

接続失敗したらエディットウィンドウが出て全て00hで埋まってますが・・・

ss1

ご覧の通り、見事に読み込めてますww

やっぱり私の製作は間違っていなかったのだっ!(クドイ!

いや、もうね、昨日に引き続き快感ですね、うん。

ss2

んで、ファイルタブのダウンロードを選んでoh~7ffffhを選んでOK押すと。

ss4

無事BIOSファイルの抽出完了~(^-^)

とまぁ、こんな感じで、一つのことから色々と連鎖して解決できて楽しいですね。

おかげで一つパラレルの設定で賢くなったし(笑

作ったけど動かねぇ~!(;_;)って人は試してみるともしかするともしかするかもよ?

ねぇ、ひぐらしさん?

・・・って、そんなことより・・・部屋がまた汚くなっちゃったんですけど(;_;)

【追記】

2009年3月11日水曜日

拡張メモリの拡張、完。

某機械の拡張メモリ増設の結果を。

その前に何の機械かわかったほうがわかりやすいね。

0310233814_0

何のことはない、スーファミのバックアップ機です(笑

機種は上の通り、HKの通称はGAME Doctor SF7です。

画面見てわかると思いますが、起動すると画面右の真ん中よりちょい下にメモリの容量が表示され、上写真ではRAM1に64M積んでるので8M×8Unitとなってます。

セルフテストしてみると、RAM2には何も刺さってないので00Mに。

今まではココに32Mが刺さってました。

このマシンのMAX容量は128Mなので、今回の拡張でRAM2が64M(16Unit)となれば成功です。

さてさて、EDO-SIMMからチップ4個取らないといけないんですが、取るのがちょっと難しいSOJタイプ・・・

いろいろ考えてましたが、結果、今回はSIMM基板は破棄することは決まっているので、とりあえずパターンまで一緒に剥がすことにw

ってか、練習用に違う基板で試したんだけど、上手く取れなくて(^-^;

ま、いっか・・みたいな(ぉぃ

PICT4263

足一本一本では剥がすのが大変なので、大半の足全部に大量のハンダを盛って、全体を溶かし、棒を使っててこの原理で片側を持ち上げるっ!

PICT4264

こて当てたままだとチップが熱でお亡くなりになるので、数回に分けてやるとこの通り、見事にパターンも一緒に剥がれました(笑

当初の予定ではパターンは生きるハズだったんだが・・・最後はちょっと力任せw

反対側の足は後でどの道伸ばすので、この時点で伸びるのは好都合。

PICT4265

反対側の足を取るのは楽。

吸い取り線で十分です。

PICT4266

が、そのままでは使えないので、チップにてんこ盛りに付いたハンダも除去します。

PICT4267

次、ちょっとズル(?)して、足を綺麗に折り曲げる為の冶具を会社で作ってきたのでそれを使う(爆

PICT4270

チップを裏返してミゾに嵌め、平らなヘラでエイッ!と曲げるとこの通り、似非SOPの出来上がり(笑

全部の足が一律に曲げられるのでgood。

さ~って、ココまで来れば後は簡単、拡張基板に付けるだけ~・・・だったんですが、ここで一つ問題発生。

PICT4272

元から付いてたチップは足の信号は同じ、ピッチも1.27ミリで一緒だが、SOJ物より若干サイズが大きく、丁度ピッチの半分0.635ミリづつズレテル(-_-;

ので、結局足を上下八の字に広げないと取り付けできないって事に(^-^;

PICT4273

まぁ、大して難しい問題ではないのでショートだけ気をつけてセカセカと。

ゲジゲジ八の字にすると更に虫っぽく見えるね(笑

PICT4274

ついに完成です!

あとはマスィ~ンがEDO-DRAMをちゃんと認識してくれるかだけである・・・ドキドキ・・・

さて、どうか!結果はっ!?

0310233814_1

64Mキターーー!!\(^o^)/

おぉっ!ちゃんと認識できてるじゃん!

あぁ・・・この瞬間がたまらなく快感(笑

EDOはFPMの上位タイプのメモリで、基本的には下位互換はあるそうなので動く率は高いのかもしれないが、いやぁ~、こんなにすんなりいくとはねぇ。

やってみるもんですね。

この後ドラクエ6やトルネコ、その他色々のカセットをEDO-DRAM領域へ書き込み、RAM1からRAM2へ跨いでの書き込みも試しましたが、すこぶる快調です(^-^)

途中、チップが熱で逝かれてないかなぁ?とか思いましたが、無事でよかったよ、うん。

ってなわけで、この機械は有名どこなので持ってる人はそれなりにいるんじゃないかなぁと思うので、メモリが少ないorメモリが壊れたor余りがある、などなど、PCメモリはジャンクでゴロゴロ転がってるので是非どうぞ。

(チップによっては相性もあるかもしれないが(^-^;)

今回はPCメモリ5枚105円なので・・1枚21円、基板を1円としてチップが8枚載ってるから単価2.5円、4枚使ったので・・材料費は10円!(笑

貧乏くさい計算だが安~(^-^;

因みに、どことは書かないがHKでまだ購入出来なくはない。

本体(64M)が$90、64M拡張メモリが$35。

国内での販売&譲渡は禁止されているが海外なら問題ない・・・んが、時節柄、今から買うのはお勧めはしない(笑

既に昔から持ってる人で試す人(いるのか?)は参考になれば嬉しいですね。

あ、そうだ、この余ってた32Mの拡張メモリ確か旧銀行の蔵出しで購入した記憶があるので、その頃に購入した人は同じように出来るかも。

基板によってはパスコン載ってない場合もあるので、もし無ければPCメモリに付いてるやつで代用すればOKでしょう。

とまぁ、今回は無事に増設成功で大満足でした、と。

さてっと・・・出した序だからPCとのリンクでも試してみようかねぇ。

【追記】

やたー!

10年以上の時を経て、初めてPCとのリンクに成功した(;v;)涙

う、嬉しい・・嬉しすぎる&楽しい&面白いw

ジャンクPCメモリのおかげで大満足越えて超満足じゃぁ~~!!

2009年3月9日月曜日

拡張メモリの拡張、途中。

昨日の続き、まだ全然途中~

っと、昨日の末尾に書いた32M2個1しなかった件、ブツ見て思い出しました。

PICT4257

上の赤基板は64MでEDOメモリ仕様、速度は50ns(【追記】よく見ると3個は60nsですね(笑)

緑基板が32M(実際にはコッチがメインで付いてた物)で、型番などは消されててわからないが、見てわかる通りメモリチップ載るはずの一箇所はメモリパターンが無く、結局やらなかったぞ、と。

まぁ、しかし、なんというか、メモリの種類も速度も全基板バラバラなのに普通に動いてくれるという、素晴らしいですね(^-^;

さすが中華w

このアバウトさがかえって動かせてしまう気になるから不思議だ(笑

で、今日はちょこっとだけ作業を。

PICT4258

流石に同じ基板上に違うチップはまずいだろう、ってことで取り外しました。

もしかして載せ換えた後にどうにも動かなかったらイヤ~ンなので、後で元に戻せるように綺麗に・・・ってやってたのでめちゃ疲れたorz

とりあえず土台はOK。

問題は・・・前のコメでも書いたSOJを如何に綺麗に取り外すか、だ。

ちょ~っと難しいなぁ・・・まだ0.5ピッチの細かいほうが作業は楽だよね(^-^;

融点低くするハンダ買えば何の問題もないんだが、チップ取るだけで高いお金は払いたくないよねぇ。

ので、要らないメモリで練習でもしませう。

2009年3月8日日曜日

ちょっと面白そうかも?(個人的にw)

今月埋め合わせの連投です(爆

最近はオフ行く回数を自重して減らしてますが・・・実際には定期的に行ってる気がするのはココだけの話(ぉぃ

細々と色々と購入してますが、載せるまでも無い物なので書いてません。

で、今日も何となくブラッと行ってきて、購入した中にEDO-SIMM&DIMMメモリ5枚セット105円って物が・・・

この時点ではハッキリ言って目的は無い(笑

ので、帰宅後早々に片付ける事に(ぇ?

んが、片付けの最中に目に付いた物が。

PICT4250

死蔵されている某機械の拡張メモリ・・・何の拡張かは比較的わかりやすいかも?

わかった人は昔からの通な人ですね(笑

それはいいとして、この拡張メモリに載ってるチップ、(1枚が4M×4BIT)×4枚で64Mになるもので、写真のは2枚なので32Mって事なんですが・・・

ふと、今日買ってきたメモリの型番を見てみる。

PICT4251

ん!?何か逝けるっぽくね?とか思ってしまい、早々に規格表で調べて見る。

PICT4253

結果、EDO-SIMMに付いてるメモリチップが同じタイプの物と判明(^-^)

おぉっ!これはちょっと面白いかも~w

ってな感じなんですが、一つだけ気になる事がある。

メモリ系に精通してる人は上見ただけで既にお気づきかと思われますが、私はメモリ系は型見ても良くわからない程度なので調べて気がつきました。

簡単に書くと、これらのチップは全て16M-CMOS-DRAM(4M×4BIT)ですが、某拡張メモリに載ってる物は5117400系のFPMタイプで、SIMMに載ってるのは5117405系のEDOタイプ。

何が違うのか、端折って書くとメモリの読み込み方法が違う。

EDOのが読み込み効率が良いのでFPMより速度が速くなる(書き込み速度は変わらない)。

それに、某拡張のチップが80nsに対し、EDOは60nsなので・・・早い分には多分問題ないであろう、とか軽く考えている(^-^;

ってな事で、ボチボチやっていこうかと考えている。

因みに、私が所有している某機械はメイン64M+拡張32Mの96M仕様になっているので、この拡張が上手く動けばMAXの128Mになるw

・・・まぁ、なったところで現状箱に入れたままで使ってないので、完全に自己満足以外の何ものでもないんだが(ぉ

PICT4254

8M(右のヤツ)の拡張も余ってるので、32Mの方が動いた暁にはコッチも64M化しようかと思う(パターンが若干違うのでカットやジャンパが必要だけど)。

あ、そうか、今載せてる32M拡張も64M化できるわけか・・・

って、あれ?・・・・32Mが2つあるなら現状64Mに出来たのか・・・

う~む・・・やらない理由が何かあったんだろう・・・うん、きっとそうだ。

ともあれ、ちょっと楽しくなってきた。

これでコケたら沈むなぁ(苦笑