2010年3月8日月曜日

何はともあれお試しお試し~

さて、一部ROMは変更されてるものの、基本的にFAMICOMBOXで動くものはエミュでも動くことはわかった。

ので、次のステップへ。

まずはFAMICOMBOXのカートリッジとしては確認できていないが、メインROM(V3)で対応してると思われるゲームが動くかどうかを試す。

PICT4815

高橋名人の冒険島はマッパー3、同じマッパーのドラゴンクエストのオリジナルROMを取り付けてみると、

PICT4813

画像がボヤケちゃったけど、起動&初期プレイでの確認は問題ないことがわかった。

やはりメインROMに書いてあるタイトルはROMを仕様通りに置き換えれば動くようだ。

次、対応してないゲームはどうなるか試してみる。

PICT4816

時期的に絶対に対応していないMr.SPLASH!をスーマリ基板に載せてみる。

(上写真ではCHRに256k(64k×4書き込み)を使っているが、後に64kを載せたパターンも試している)

PICT4812

うん、予想通りに当然の結果だろう(笑

期待を裏切って起動してくれなかったw

メインROMに表記が無いのはもちろんのこと、チェックサムはやっぱり有効だと思われる。

では次、チェックを行っているならどこまでなのか、を考えた。

CHR-RAMのカートリッジも存在してるので、おそらくCHR-ROMは対象外であろう・・・ということで、

frpon

F1レースのCHRの中にある、Ninの部分をPonに置き換えて試してみることに。

PICT4817

PRGはそのままで、CHRのみAT28C64に載せ換える。

PICT4819 PICT4822

CHRを一部書き換えただけでは問題なく起動することが確認できた。

コレにより、少なくともカートリッジ全体のCRCではないことがわかった。

今後調べるならとりあえずPRG-ROMを基準で考えるのが妥当かな、というのが現在までの結論。

何となく怪しい部分は感じているものの、どうやって算出するのか検討がつかないので・・・

さぁ、困ったぞ(笑

0 件のコメント: