2010年3月22日月曜日

妄想コントローラ-ゼビウス、スローモーション化

まだまだ続くよ妄コンゼビウスw

何でこんな物に真剣になって遊んでいるのか自分でもわからない(笑

でもとりあえず楽しいからまだ弄ってみる。

先回の基板写真を見た人は気が付いたと思いますが、ジャンパの他に抵抗(R4)の空きがある。

2ランドとも黒ツブシからで1つはGND。

もう一つは当然わからない(ぉ

気になって仕方がないので、適当に抵抗を付ける事にした。

PICT4846

どうなるんだろうなぁ~、と電源を入れたら一発でどうなるか判明した(笑

タイトル通り、R4に入れる抵抗値によって動作速度が抑制されるようだ。

上画像のように10KΩ抵抗を咬ますと、バキュラ破壊バトルモード時での計測で、通常25秒のところ、30秒まで時間が延びた。

当然音も遅くなる・・・ってか、音しか判断できんか(笑

ん~・・個人的には便利な機能ではないなぁ(^-^;

妄コンはABボタン両押しだとキーが効かなくなるので、できればそっちが改善してほしかったなぁ。

まぁ、でも、小さな子供に遊ばせるにはいいか・・・無理があるか。

必要ないけど、これもスイッチ付けておこうかな(ぇ?

これやったらもう弄る事ないから妄想ゼビウスはこれにて終了。

【追記】

終了って書いちゃったので完成版写真だけココに追加。

PICT4850

何とか無理やりLEDを内蔵できた(笑

φ3のLEDはスペース的に無理かも。

なので、1608の抵抗とLEDを入れたけど、空中配線で1608を繋ぐのはちょっとシンドかった(-_-;

PICT4855

裏は最終的にスイッチ2個追加。

上が通常バージョン⇔ファミ通限定バージョンの切り替え、下がノーマル速度⇔スローモーション切り替え。

う~む・・・ココまで無駄に力を注ぎ込む事は考えてなかったよw

配線キツキツで組み立てに苦労するので、壊れない限り2度とバラさないと誓います。

0 件のコメント: