2010年5月2日日曜日

マッパー3用フラッシュカートリッジも無事完+@

予定通り・・・作業する時間が遅かったので書くのも遅れちゃったけど、マッパー3のフラッシュカートリッジも無事製作完了。

【追記】

マッパー3用の書き込みスクリプト[ cnrom.af ]を左のファイル置き場へ置きましたので、作った人は使ってみてくださいm(_ _)m

おかしいところがありましたらツッコミ&訂正よろしくお願いします(^-^;

マッパー0用の書き込み&読み込みスクリプトはばくてんさんが公開されてますので、そちらからどうぞ(^-^)

各マッパーとも対応デバイスはAM29F040B、それ以外は未確認。

PICT4932

マッパー3は74xx161が使われているので、結果、汎用ロジックを74xx00と合わせて2個取り付けなければいけない。

ダイオードは無くても起動は可能なので、上の写真のカートリッジには取り付けていない、ので、161の足は2本(NC入れて3本)配線しなくて済む。

本来MMC1チップが載ってる所に00載せて、161は考えた挙句とりあえずCHR側へ。

m3p

スクリプトは昨日nrom.afと一緒に作っておいたので、書き込みテストはすぐ終了。

問題は無いみたい。

161がある分、配線が少し手間といえば手間だけれども、CNROM基板を使うよりはSLROM基板使ったほうが楽だし安定するのでオススメです。

あ、そうだ、ぶっちゃけ、今回作ったNROM、CNROMはファミコン初期の基本的なメモリ使用基板なので、スクリプトは一番簡単なものなんだよね(^-^;

だから簡単にできたわけだけど、これからは小細工の効いたものしか残ってないから、もしチャレンジしてもこんなにすんなりはできないと思う。

ま、挑戦する機会があったらがんばろうかな、と。

.

@の内容。

ファミコンボックス用の基板写真です。

前は確かCIC写ったの載せてないハズなので、参考になれば。

PICT4933

PICT4935

マッパー2の魔界村の基板です。

NESではPCBの表端子15~20pin、裏51~56pin程度(適当値なので実際とは異なるかも)のコネクタは使われていませんが、ファミコンボックスではCICの信号が入ってます。

(参考までにNESの基板はコチラでご覧くださいませ~)

裏にはCICに抵抗入ってますが、これは入ってるものと入ってないものが混在してます。

PICT4934

で、問題のCICですが、ファミコンボックス専用のCICだと思われます。

ファミコンボックス専用でないゲームを動かすための条件としては、

・同じCICを使う

・起動用ROMのプロテクトを解析する

少なくともこの2点がクリアできなければ無理ではないかなぁ、と。

こんな感じですが、希望があればできる範囲内で他の部分もアップしますので何なりとどうぞ(笑

5 件のコメント:

あやすけ さんのコメント...

ぽんRevさん。返答ありがとうございます。
写真掲載もありがとうございます。

CICから中央への抵抗かましの配線は、すごいですね。
中央のピンが使用されてるんですね。
外観と72ピンがNESと同じなんですが、仕様は業務用オリジナルなんですね。
ファミコンBOX側にも認証があるなら、簡単には流用は出来ないんですね。
疑問に思ってたことがすっきりしました。

ツボック さんのコメント...

今メ-ル送りました

ぽんRev さんのコメント...

あやすけさん

抵抗が入ってるのは特に決まりとかは無く、同じマッパーでもあったり無かったり・・・
CICからそれぞれ真ん中付近の端子にパターンが繋がってるんですが、合わせて抵抗もそれぞれそのパターン上に繋がってます(^-^;
今の所このCICの解析情報はNESDevでも無い(と思う)ので、弄るにはなかなか苦労しそうです(笑


ツボックさん

このあとメール送りますね。

ばくてん さんのコメント...

マッパ3もうまくいったんですね。
とりあえずスクリプトを公開したけれど…
ちゃんとあっているかどうかは自信なしw

とりあえず書き込めるしいいやって感じです(^-^;;

ぽんRev さんのコメント...

ばくてんさん

私も現在のスクリプトになるまでに無駄な記述が沢山ありましたが、それでもちゃんと書き込めてました(^-^;
なるべく不要だと思われる記述を削って現在の形になったんですが・・・このままで良いのかな?と。

問題が出たらまた考えましょう(ぉぃ