2010年5月24日月曜日

SMSReader 完全版 (ハード編)

ふぃ~・・・やっと製作からテストまで無事に終わったよ(-_-;

あ、ちょっとだけお久しゅうしてましたm(_ _)m

タイトルのブツ作るのに時間が掛かってしまいました。

遡ること・・調べ中・・丁度一年前ぐらいですか、MDの吸い出し機を作った後にSMS POWER!に載ってるSMSReaderを作ろうかと思ったことがあったんですが・・・メンドくて放置してました(ぉ

今年に入ってMDの吸い出し機を真似て自分専用(?)のSMS(&GG)の吸い出し機を作ろうと思った事もあったけど、MDと違いバンク切り替えが必要なことがわかってそれも断念(ぇ?

で、先日Kazzo2.0の製作完了後から少しずつSMSReaderを作ることにしたんですが・・・ホンコンFC単体版よりも面倒=今までの製作で一番大変な作業となったのでありました・・・orz

コネクタを調整しなくちゃいけないし、ちゃんとした回路図として存在してないし、SMSReaderで読めるもの全てに対応しなきゃいけないしで、全体的に時間が掛かっちゃったのねん・・・

と、前置きはコレぐらいで、内容を。

まず、SMSReaderとは何ぞや?ですが、レトロなハードが好きな人にはお馴染みの、セガのメガドラ以前のハード、SG-1000、SC-3000、マークⅢ、マスターシステム(日本版&海外版)、ゲームギアの吸い出しができる機械ですw

SMS POWER!オリジナルは海外版マスターシステムをベースに作られていますが、上で書いたハードにはある程度互換性があり、配線を変更してやることで海外版マスターシステム以外のゲームでも吸い出すことができるわけですね。

で、折角作るなら全て対応させたいな、と。

PICT4944

ゲームギアのコネクタは本体から調達するだけでOKとして、他の海外版マスターシステム用(2.54ピッチ、50ピン)と日本版マスターシステム用(3.175ピッチ、44ピン。マークⅢ、SG-1000、SC-3000含む)は丁度いいものが見つからないので、それぞれ長めのコネクタを短く切って合わせることにする。

PICT4946

ノコギリで切り落としてサンドペーパーで細かな間隔を調整し、プラリペアで軽く接着。

これでとりあえずコネクタは完成・・・って軽く書いてるけど微調整は結構神経使う(^-^;

製作工程は端折りますが(ぉ、3個のコネクタと制御回路は一枚の基板に載せられないため、2段仕様にした。

PICT4958 PICT4960

↑メインの制御部の基板の表と裏

オリジナルとは電源で使われてる部品が大きく違うところかな。

私は100μFの電解コンデンサ×2個+セラコン1μF×2個の、至って普通の5V作り出す回路にしてます。

タンタルコンデンサとか用意するの忘れた(笑、ってのもありますが、タンタルは壊れるとショートするといった特性が怖かったので、あえて敬遠しました。

あ、あとSMSReaderに限ったことではないですが、ACアダプタを使う場合は電源整流用ダイオード(10D1とか)は必ず入れるようにしましょう。

でないと、まかり間違ってプラスとマイナスを間違えたりショートさせたりすると・・・PCも含めて恐ろしい結末を迎えることになります(マジで)。

(因みに、私は昔コレでPCのHDDお釈迦にしたことがある(苦思)

データラインの47KΩ抵抗もアレイが無いので普通に1/4を、それと、ノイズ対策用のセラコン(4.7μF)がデカイけど、RSで注文した際に50V対応のが無かったので250V対応を仕方なく(笑

まぁ、大きい分には全く問題が無いのでOKってことで。

最初のテストではあえてノイズ対策しなかったけど、やっぱりゲームによってデータ化けする事があるので、作る人は最初から入れといたほうが吉です。

PICT4959 PICT4961

↑コネクタオンリーの基板の表と裏

裏は・・・もう、ゴッチャゴチャやね(笑

もうね、3コネクタ分を配線するのはチョー疲れる!

だんだん訳わからなくなってきてイライライライラ・・・・ウガァ~!ってなる。

配線が込み合ってはんだ付けし難いし。

あ、制御基板とコネクタ基板を分けた理由はもう一つありまして・・・

制御基板からは吸い出し(一応書き込みも対応してるけどw)に必要な線しか出てませんが、コネクタ基板には海外版マスターシステム仕様をベースに配線してあります。

はい、感のいい人はおわかりですねw

このコネクタ基板、単体の状態で「マスターギアコンバーター」+「廣島交易のアダプター」+@になってます~(^-^)

日本版マスターシステムの拡張コネクタは海外版マスターシステムのコネクタとピン互換なので、延長ケーブルなりを作って繋げてもよし、ゲームギアにも別途アダプタ必要だけど「作れば」美味しく遊べちゃうぞ、と。

ホントはそこまでやってアップの予定でしたが、Reader作りで疲れたのでそれはまた今度(=未定w)に。

PICT4976

で、ドッキングさせて完成~、となる。

PICT4962 PICT4964

製作のコンセプトがコンパクトで便利ってことだったので、自分なりには満足です。

PICT4970 日本版マスターシステム系

PICT4971 海外版マスターシステム

PICT4965 ゲームギア

以上、ハード編終わり。

0 件のコメント: