2010年6月19日土曜日

NEOGEO バラしただけです

はじめに書いておくと、私はネオジオはそんなに興味が無い(格闘ゲームが好きではない)ので、NEOGEOのフラッシュカートリッジを作る気は全然無い。

ファミコン&メガドラと違ってハックROMも無いでしょうしね←あるようです

んが、でかいカートリッジの中身が少々気になったのと、大容量デバイスが扱えるようになったのでカートリッジをバラしてみることにした。

ネット上にカートリッジ基板の写真も見当たらなかったのでいい機会かな。

ゲームタイトルは安いもの3本(各210円)だけ(笑

PICT5070 PICT5071

まずサムライスピリッツ、118メガ。

う~む、NEOGEOはカートリッジデカくて基板2枚仕様、載ってるデバイスも多いね。

大きなデバイスは27C322と同配列系、シルク印刷ではTC5316200(2Mbit)となってて、1Mbitデバイスも載ってる。

カスタムチップ以外に変なデバイスは無いので、弄りやすいといえば弄りやすいか。

PICT5072 PICT5073

次は餓狼伝説SPECIAL、150メガ。

2枚の基板の型番はサムライスピリッツと同じ。

載ってるデバイスが若干違って、一番目に付くのはEP-ROMが載ってることか。

このEP-ROMは40ピン、27C1024と同配列系なので、NEOGEO本体のBIOSをUNIVERSE BIOSにする際に「部品取り」としてジャンクで買ってくるのもいいかもね。

PICT5074 PICT5075

最後、龍虎の拳2、178メガ。

デバイスの数が少ないですが、この基板は1パターンが4Mbit対応だから。

空いてるデバイスパターンに4Mbit載せれば当然容量は増やせるけど、各所にあるジャンパも都度繋げないとダメかなぁ、と。

EP-ROMは餓狼と同じく本体のBIOS用で使用できる。

って事で、ホントに見ただけで終わり(断言

あ、でも本体のBIOS変更は簡単なのでやるかなぁ。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

>ファミコン&メガドラと違ってハックROMも無いでしょうしね

ありますよ

ぽんRev さんのコメント...

あるんですね(^-^;
でも格闘ですよね、やっぱり。
ん~、私的にはフラッシュカート作るだけの魅力が無いかなぁ。

というより、NEOGEOは全くと言っていいほど触ってないので良く分かってなかったり(爆