2010年6月27日日曜日

USB接続での書き換えは無理?

今更どうでもいいことかもだけど、ちょっと面白かったので。

PICT5088

今日の買い物、FCの3本は某店で1本480円を3本980円、隣のドライブはまたまたついつい買ってしまったTS-H353B、525円正常品。

前回は素直にSATA接続して書き換えましたが、今日は横着してUSB接続で書き換えできるか試してみました。

結果、samsung純正ツールのsfdnwin.exeではダメでした(笑

書き込み最初のWait...が出て「ツールがフリーズ」しました(^-^;

Ctrl+Alt+Delキーで強制終了してドライブが生きてるか確認したらまだ生きてました。

Wait...で止まってる時にイジェクトボタン押して(止めましょうw)も反応無かったので、ドライブは一応認識したけど書き込み作業までは行ってなくて助かったようですね。

360専用PC出すのメンドかったので前回のツール(DosFlash)は試していない。

(環境によってはPCがフリーズするのでメインPCでは試さない)

ドライブの手持ちに余裕があるので壊れてもいいや~って感じで遊びましたが、通常はこのような遊びは止めましょう。

ドキドキを味わいたい人はお試しをw

2010年6月23日水曜日

NEOGEO BIOS変更完了

注文していた27C1024が届いたので、先日途中掛けだったNEOGEO本体のBIOSを交換。

PICT5086

うん、リージョン変更からチート、デバッグまで揃ってて素晴らしいですね。

遅ればせながら、ちょっと楽しみました(^-^)

0623212911_0 0623212911_1

0623212911_2 0623212911_3

0623212911_4 0623212911_6

格闘嫌いの私でも、コレなら気楽に”雰囲気”だけは味わえる(笑

PICT5087

因みにコチラは業務用MVS-1、JAMMA規格対応基板としては一番使える(?)基板。

BIOS-ROMの型番はSP-J2でした。

カセット付き1,000円で購入したんだけど、ニッカドバッテリーが液漏れしてて多少腐食してる(^-^;

とりあえずバッテリーは取り外し、周りを掃除してテスターでチェックしてみたところ、案の定、パターンが一箇所切れて(溶けて)ましたw

ま、ディップスイッチに入る線だけなのでソコは配線するだけでOKでしょう。

バッテリー付近の電解コンデンサもちょっと怪しいので、弄る際には交換しようかな。

う~ん・・動くかどうか確認しなくちゃいけないし・・・いいかげん、アーケード方面も工作しなくちゃなぁ~(-_-;

2010年6月20日日曜日

NEOGEO BIOS変更の準備

ゲームカートリッジからEP-ROM取っても良かったんだけど、27C1024は1個も持ってないから、折角なので注文した。

で、まだ届いてないけど、時間ができてボケ~っとしてるのも勿体無いので、BIOS変更の為に前準備。

PICT5077

NEOGEO家庭版はBIOSが基板に直付けしてあるので、取り外してソケット化する。

PICT5078

UNIVERSE BIOSのバージョンが上がったら書き換える可能性があるので。

PICT5082

思ったよりカートリッジと近いですね(^-^;

ソケット化すると高さ的に結構ギリギリな感じだけど、当たることはないかな。

neogeobios

ROM取り序にオリジナルBIOSのバックアップ。

TOP2049で27C1024で吸い出すとA13&D13が合ってないかもよ~、って注意されるんだけど、そのまま吸い出し。

BIOSとしては問題なく吸い出せてるのでOK。

準備はできたのであとは27C1024が届いたら焼いて取り付けるだけで完了。

・・・ま、動作確認したらまた長い押入れ生活に戻すけどね・・・

さて、今日は父のだからこれから外食だぁ~

2010年6月19日土曜日

NEOGEO バラしただけです

はじめに書いておくと、私はネオジオはそんなに興味が無い(格闘ゲームが好きではない)ので、NEOGEOのフラッシュカートリッジを作る気は全然無い。

ファミコン&メガドラと違ってハックROMも無いでしょうしね←あるようです

んが、でかいカートリッジの中身が少々気になったのと、大容量デバイスが扱えるようになったのでカートリッジをバラしてみることにした。

ネット上にカートリッジ基板の写真も見当たらなかったのでいい機会かな。

ゲームタイトルは安いもの3本(各210円)だけ(笑

PICT5070 PICT5071

まずサムライスピリッツ、118メガ。

う~む、NEOGEOはカートリッジデカくて基板2枚仕様、載ってるデバイスも多いね。

大きなデバイスは27C322と同配列系、シルク印刷ではTC5316200(2Mbit)となってて、1Mbitデバイスも載ってる。

カスタムチップ以外に変なデバイスは無いので、弄りやすいといえば弄りやすいか。

PICT5072 PICT5073

次は餓狼伝説SPECIAL、150メガ。

2枚の基板の型番はサムライスピリッツと同じ。

載ってるデバイスが若干違って、一番目に付くのはEP-ROMが載ってることか。

このEP-ROMは40ピン、27C1024と同配列系なので、NEOGEO本体のBIOSをUNIVERSE BIOSにする際に「部品取り」としてジャンクで買ってくるのもいいかもね。

PICT5074 PICT5075

最後、龍虎の拳2、178メガ。

デバイスの数が少ないですが、この基板は1パターンが4Mbit対応だから。

空いてるデバイスパターンに4Mbit載せれば当然容量は増やせるけど、各所にあるジャンパも都度繋げないとダメかなぁ、と。

EP-ROMは餓狼と同じく本体のBIOS用で使用できる。

って事で、ホントに見ただけで終わり(断言

あ、でも本体のBIOS変更は簡単なのでやるかなぁ。

2010年6月13日日曜日

メガアダプターの代わり

そういえば、メガアダプターは持ってないけど、Tototek製のSMS→MDコンバータ持ってるじゃないか(爆

う~む・・・ボケてるなorz

ってことで(?)テスト。

PICT5065

SMS用フラッシュカートリッジにゲームギアのゲームを書き込んで起動。

一応タイトル画面は出るものの、スタートボタンが押せないので先に進めない。

SMSとして動いてる(SMSにはスタートボタンが存在しない)ので、メガドラパッドのスタートボタン(コンバータのポーズボタンでも)無理。

PICT5066

GGのゲームによっては発色が上手く出ないものもある。

とりあえずメガドラでGGはあまり宜しくないと判定。

多分、メガアダプターでも同じかなぁ、と。

・・・GGカートリッジ直接付けても動作変わんないよなぁ・・・きっと。

PICT5068

メガアダプターでSG動かないことは公式で謳っているので知っていた。

コンバータではどうか、残念ながらコッチも無理でした。

一応、音だけは出るようなので、デカイ妄想コントローラとして遊ぶことは可能(笑

むぅ~・・・コースわかってないからすぐアウトしてゲームにならん。

SGは基本SMSとはROMイメージの作りが違うので、コンバータ内でパッチ当てとかしてない限りは動かないかな。

今後の開発基板製作屋さんの課題ですかねぇ。

2010年6月12日土曜日

メガドライブ2 リージョン切り替え 改造

別件で調べ物してたら海外のサイトで見つけた。

MD1は昔やったけど、MD2は初めて。

PICT5040

リージョン変更(日本版MEGADRIVE⇔アメリカ版Genesis)で弄るのは赤く囲ったチップの107番ピン。

この107番ピンは国内版ではGNDに繋がってますが、Vccに繋ぐとGenesisになる。

PICT5058a

リンク先のサイトでは107番ピン浮かせてますが、この作業がMD2のリージョン変更改造が難しいと言われてる所以かな。

PICT5050a

上のようにパターンカットして、107番ピン側の銅箔出るまで削って配線しても良いし、

PICT5046a

基板裏のスルーホール部分を分離させて、スルーホールに配線する。

私はこれを。細かい作業にならず裏だけで配線できるから。

GNDとVccは適当なところから引っ張って、1回路2接点のスイッチ取り付けるだけで終了。

PICT5058

こんな感じで。

PICT5056PICT5057

プロテクトが無いもので両言語に対応してるものは文字が変わる。

(場合によっては絵も変わる)

PICT5064 PICT5063

PICT5061 PICT5062

プロテクト有りはリージョン合わせないと起動しない。

今更ですが、MD2もそんなに難しくなくできるってことで。

久しぶりにお気楽改造でした。

2010年6月3日木曜日

メガドラはとりあえず2種類で

前記事の続き。

メガドライブのファンタシースター(24Mbit)を調べてみたところ、データ用ROMは2個で、先頭16MbitROMと、後半8MbitROM仕様。

(32pinデバイスを使ったタイプで見られるEven、Odd分けではない)

他にはSRAM(64K)と、ROM切り替え&SRAMのバンク切り替え(?)用に74LS74と139が載ってる。

で、とりあえずファンタシースターのROM1&2のイメージをくっつけて27C322を1個で焼いてみてどうなるか試したところ、オープニングはじめごろにフリーズした。

A20を繋げても繋がなくても同じ結果。

ROM1とROM2で対で繋がってないのは11pinの/E(/CEと同意)のみで、74LS139を使ってセレクトされてる。

色々と試したけど、結局27C322を1個では24Mbit以上のゲームは動かなかった・・・orz

ロジックの配線弄れば脈はあるかもしれないけど、SRAMとの絡みが問題になってくるから・・・無知な私は早々と諦めることに(爆

で、結論を書くと、ROM2個仕様にすれば問題なく32Mbit(16Mbit+16Mbit)のゲームを動かすことができた。

(前記事のMEGAGAMES10で確認)

配線の変更は全く必要なく、27C322を直接付けるか、ソケット付けるだけでOK。

ジャンパを付ければ32Mbitゲームを2個入れられることになるから、これはこれで結構使える(笑

(あ、2in1やるなら2箇所、A20と繋がっているVccをパターンカットしなきゃいけない)

PICT5029

上の写真でファンタシースターの基板に付いてる赤いジャンパは、ROM1&2のA20をVccかGNDの選択用(一時的に)で、ファンタシースターとMEGAGAMES10の共存で問題なく動く事を確認。

それと、32Mbit仕様のカートリッジでも16Mbit以下のSRAMを使わないゲームならROM1個載せるだけで問題なく動かせます。

PICT5031

32Mbit仕様カートリッジで16Mbit以下のSRAM使うゲームを起動すると、上の写真のようにデータがバグって(SRAMの内容が消えるわけではない)、ランドストーカーの場合はフリーズした。

というわけで、要約すると以下の感じか。

・16Mbit+BB基板

16Mbit以下のセーブ有り&無しのゲームが動作OK

・32Mbit+BB基板

32Mbitまでのゲームが動作OK(16Mbit以下のBB仕様は不可)

となり、この2種類を作っておけば、ほぼ対応できるんではなかろうか、と。

あ、当然ですが、全てのゲームが上の条件に当てはまるとは限りませんので、動かなくてもあしからず(^-^;

今回使ったゲームはオフなどで格安で売られているゲームですし、ROMを付け替えるだけで動かせるので加工が簡単というメリットがあるので、メガドライブのフラッシュカートリッジ作るにはオススメですw

ってなとこで実験終わり。

メガドライブも複数必要かなぁ・・・

PICT5024

どこのハードオフでも必ず1本(定価105円(笑)は転がっているランドストーカーを使ってEP-ROM仕様のカートリッジを作成。

デバイスは仕方なく(?)ピン配列とか変えずに簡単に取り付けられる27C322を。

ホントはFlashROMがいいんだけど、値段も含めていいものが見つからないので、とっても安いEP-ROMデバイスなので良しっ、てことで折れたw

それはいいとして、ランドストーカーは16Mbit+バックアップ対応のカートリッジだけど、アドレスバスは最初からA20入ってるので該当するVccをカットして74HC00の5pinに繋げれば理論的には32Mbitまで動くハズ・・・なんだけど、残念ながら24Mbit以上のものはこの基板では無理な感じ。

C_OEも直接繋がってなかったから繋げてみたけどダメ。

で、ちょっと調べてみると、X680x0ユーザーにはお馴染みのXM6の製作者、PI.さんのところで興味深い記事を発見。

その内容によると、16Mbitまでとそれ以上のサイズではSRAMの使用マッパーの扱いに違いがあるようで、何となくそこが被ってるのかなぁ、と。

16Mbit(~$1fffff)までのゲームは$200000以降がSRAMのデータらしいので試しにMD吸い出し君(Catrollさん考案ハード+拙作ソフト)でゲームイメージ+@($0から順番に読み取るタイプの為)で吸い出すと確かにSRAMの内容らしきものが出てきた。

・・・ちゃんとした吸い出しでは無いのでデータは正常値を得られなかったけど(^-^;

これは次の課題として・・・

ともかくそんな感じだと思うので、多分、この基板では16Mbitまでしか使えないかな。

動いたとしてもセーブはできないかな。

ってか、国内のゲームで32Mbitってないよねぇ・・・越えるのはスーパースト2チャレンジだけ?なのかな?

24Mbitはファンタシースター含めて色々とあるけども。

一緒に写ってるMEGAGAMES10は32Mbitで基板に32Mbitデバイス「だけ」が載ってる(笑

(因みにMEGA10内のROMを切り出してみたところ、データは色々と変更されてて単体では動かなかった。←少し触っただけの感じ)

この基板から察するに、おそらくSRAMが載ってないなら、アドレスバス全部繋げば32Mbitでも問題なく動くと思う(あ、起動時にSRAMチェックするゲームがあったらそれはダメかw)けども、それではちょっと面白くないよね。

とりあえずファンタシースターのROM取って調べてみるつもり。

実際32Mbitが動いてくれないと折角の27C322の能力が発揮できないからなぁ。

・・・例のnin1は普通にできるから便利は便利だけどw

PICT5025

実機で使えるフラッシュカートリッジ系では、私は持ってないけどNEO MYTH MD 512M CARTが一番、次に写真右のtototek製のもの、セーブ無しでそれなりに使えるのがNEOの初期のもの、ってところでせうか。

ん~、こんなところで。