2010年10月30日土曜日

NES Anago GUI テスト版、書き込みのお試し

今朝方吸い出し部分だけチラッと書いて寝てしまったので、書き込みも試してみる。

anagogui6 ←普通に書き込み

GUIなのでパッと見で分かると思いますが、programタブへ移動して書き込みたいメモリマッパータイプのスクリプトファイル、ROMイメージ、使用するFlashメモリを選択後にprogramボタンを押すだけ・・・って書くまでもないと思うけど。

上の例だとMMC1のFF2、PRG-ROMだけなのでCHRはemptyでスキップ。

FlashメモリはデフォでAM29F040Bになっている。

スキップは手動でやらなくても通常はAnagoが自動判別する。

CHR-ROM仕様のカートリッジを使う時にPRGは書き換えたくないなぁ、とかいう時以外は気にしなくてもよい。

programボタン横のcompareのチェックを入れておけば16Kbyteごとに書き込みエラーが無いか比較してくれるので、書き込み時間を気にするのでなければチェックを入れておいたほうが安心できるね。

anagogui7 ←半角カナも問題無い

半角英数、全&半角スペース、半角カナ、全角ひらカナのファイルでも問題ない。

上の画像で書き込みエラーが出ているのは、W29C020をリードモードで書き込んだ際に出たエラーで、これはW29C020の特性なので正常な動作だから勘違いしないように。

compareのチェックを入れてると教えてくれて止まるから分かり易い、という例。

anagogui9

上の画像はスーパーマリオ3(MMC3)を書き込んだ際のエラーで、メッセージウィンドウのエラーを見るとaf:1、image:4って出てますが、コレはスクリプトはマッパー1だけどROMイメージはマッパー4だぞ~って教えてくれてる。

mmc3のスクリプト選べば書き込めるって事がすぐにわかるよね。

書き込み中にウィンドウサイズ変えたり他の作業してても大丈夫。

一つバグを上げるとすると、

anagogui10 ←スキップした後に最大化してから戻すと

anagogui11 ←右詰めになってしまう(^-^;

anagogui12 ←書き込みは問題ない

んが、書き込み動作には問題が無いし、書き込み時に再度最大化してからウィンドウサイズ戻してやれば元に戻る。

とまぁ、普通に使う分にはテスト版と言えど全く問題ありません(笑

デバイス(Flashメモリ)の追加もflashdevice.nutに追記すれば反映されるので簡単に環境構築できる。

あ、versionタブの画像はあまり気にしないように・・・いや、一応ジョークだから見るべきか(笑

【追記】

そういえば、SRAM(セーブデータ)の書き換えにはまだ対応していない。

NES Anago GUI テスト版を使わせてもらった

Kazzoの開発者さんであるna6koさんがクライアントソフト「Anago」のGUI版を作成されました~(^-^)

29日現在ではテスト版をアップしていただいてますので、早々に落として試してみた。

まだ吸い出ししか試してないけど、チラッとレポを。

anagogui2

適当なフォルダを作ってアーカイブを展開し、anago_wx.exeを起動します。

(同梱されてるanago.exeの日付は新しいけど、GUI版仕様になってる?)

anagogui0 ←日本語もOK

日本語や2byte記号もいろいろ入れた&吸い出し中にウィンドウ弄ったり他の作業したりしましたが、エラーになることは一度もなかった。

(とりあえず吸い出し時のみの確認ね)

コマンドモードでは使えなかった、スペース(全角半角共に)も使えます。

【訂正】

na6koさんからコメで教えていただいたように、MS-DOSの標準機能で”ダブルクォーテーション”で囲めばスペースの入ったファイル名でも使えます。

DOS標準なのでAnago以外のDOSツールでも可能、覚えておきましょう(←私

で、記念に(?)というわけではないですが、私もテストを兼ねてAnago用のMMC1_SUROM読み込みスクリプトを作ってみました。

必要な人は左のファイル置き場から拾ってってください。

anagogui3

自分で書いたスクリプトファイルはanago_wx.exeと同じフォルダへ置くだけでOKなので追加も簡単です。

anagogui4 anagogui5

↑ドラクエ4の例、忍者らホイ!も問題無し

SUROMはそんなに数は無いけれども、ホンコンやパソファミ(パラレル版)使って上手く吸い出せない人はKazzoで試すと吸い出せるかもしれません。

因みに、私のWin98(シャープのメビウスノート)+ホンコン等とか、メインのPC(XP)+ホンコン等ではPCとの相性なのか分かりませんが上手く吸えないんだよねぇ(笑

anagogui1

あ、スクリプトはAnago用なのでCMDでももちろん使えます(笑

ってことで、正直cmdで文字打つよりも簡単にできるから、今までコマンド敬遠してた人にはとても便利に使えると思います(^-^)

そういえば、na6koさんのHPに

test 版を使ったらバグ報告とか要望定義とか忘れないでネ!

と書いてあったな・・・

GUI化で簡単になった序(?)にデータベースと比較して吸い出したデータが正常かどうかメッセージウィンドウで分かるようになれば便利かなぁ、と。

crcは既に計算されて出力されてるので・・・どのデータベース使うかor作るかが問題かな?

cmd版ならbatファイル作って半自動的にデータベースと比較させることは現状でも可能なんだけどね。

というわけで、GUI化のおかげでKazzoが使いやすくなりましたよ~(←誰に?

2010年10月25日月曜日

SNES Super EVERDRIVE USB化・・原因判明

いや~、やっちまったぃw

少し前にSuperEVERDRIVE-USB無し版をUSB有り版に改造(増設)した際に起動時にSDのアクセスLEDが点滅してから起動していた件ですが、原因がわかりました。

え~・・・とってもくだらない私のミスでした(汗

pict5495a ←前載せた写真、抵抗2つが何故か縦にっ!

今日までまっっったく気が付きませんで(^-^;

PICT5508

正しくは横取り付けが正解なのでした・・ハハハ(恥

完全に正しく取り付けていると過信した結果ですね・・・反省。

オリジナルはFT245RL回りの抵抗は全て12KΩ、CICのLEDの抵抗には1.8KΩが使われているんですが、とりあえず12KΩに換える為に10KΩ取ろうかな、とはんだごて握って気が付いた(笑

PICT5512

向きを直した結果、当たり前ですがLEDの点滅なく即起動するようになり、無事USB有り版と全く同じものになった。

点滅時の動作は起動時にSDかUSBか判断が付かず迷ってる動作だったわけですが・・・しかし、よく普通に動いてたねぇw

ま、たまにはこういった事もあるということで・・・穴があったら入りたい(爆恥

2010年10月24日日曜日

Wii マリコレのSMB1も25thブロック

折角Wii版スーパーマリオコレクションにSMB1が入ってるので、コッチも25thブロックを出してみよう。

smc25

ん?コレだとオリジナルのスーパーファミコン版と見分けがつかないなぁ・・・

なので動画で。

・・・って、すいません・・・思いつきの一発ネタです(ぉ

タイトルの年号も改造場所がわからないので変えてません(笑

注:実際のWii版マリコレには入ってません

PCMファイルも全然違うし、他探しても沢山入ってるタイトルのデータ部分も無さそうだしぃ・・・(-_-;

マリコレ関連(?)で、FC版SMB3の↓このハックROM

svmj20

マリコレ版で出てないかなぁ・・・

svmj19

殆どの変更箇所は移植可能だけれども移動場所と音楽が合わない・・orz

う~む・・・

2010年10月22日金曜日

Wii マリコレからROMイメージを吸い出す

昨日の記事のコメントで匿名さんから情報を教えていただいたので同じように吸い出してみたいと思います。

まず、昨日私が使ったWiiRdの方法は今回は使用しません(笑

純粋にGDR-8161(など)で吸い出した生のイメージを、WIIScrubberで操作してデータを抜き取ります。

の前に、一応ウチにあるスーファミ版のスーパーマリオコレクションを吸い出してバージョンチェック(マリコレは1.0と1.1が存在する)をしないとね。

PICT5503svmj8

svmj9

CRCを調べると1.1と判明。

Wii版マリコレは1.1ベースみたいなのでコレでOK。

わかったところでWii版マリコレのイメージをWIIScrubberで見てみる。

svmj10

content5の中にLZH8SVMJ.pcmLZH8SVMJ.romが存在しているのでコレを抽出する。

(今回は上のPCMファイルは使いません)

関係ないけど、何気にファイル数25ってのがいいね(笑

このデータはLZH8形式で圧縮(暗号化?)されてるので、コチラに置いてあるLZH8のツール(探してねw)を使って元に戻してやります。

svmj11

出来上がったsvmj.romが「一応」スーファミエミュやSuperEVERDRIVEで動かすことの出来るROMイメージです。

svmj16 ←badで音無しだけど一応動く

んが、このままのROMイメージだとPCMのデータが内蔵されていないため、音が殆ど鳴りません(笑

svmj12

大きく分けて2箇所、通常PCMデータが入ってる箇所がPCMFやらで埋まってます。

おそらくLZH8SVMJ.pcmがそれに当たると思うのですが・・・pcmデータはまだ調べてないので一先ずおいときます(^-^;

ってか、データがかなり違うのでそのまま戻せなかったりするんですねぇw

なので、スーファミ版マリコレ(v1.1)からPCMデータ部分を抜き取って置き換えます。

置き換える位置は$58078~31770Byte$1DA289~21975Byteです。

バイナリエディタでコピペしてもいいし、拙作ツールの場合だと、

datacut supermariocollection.smc pcm.dat 360568 31770
datapast svmj.rom pcm.dat 360568
datacut supermariocollection.smc pcm.dat 1942153 21975
datapast svmj.rom pcm.dat 1942153

↑こんな感じでCMDで上から実行していけばOK。

svmj14

変更すると上のようなCRCなどのデータになります。

svmj13

まだ若干違う箇所があるんだけれども、

svmj15 ←チェックサムはOKとなるw

ってことで、PCM部分以外は正常に取り出すことが出来たので満足です(^-^)

匿名さん、ありがとうございましたm(_ _)m

あとはPCMを見たり、他にも何かデータがありそうな感じで、Wii版マリコレは結構楽しめるかもしれないぞ~!

・・・楽しみ方間違ってますか?(笑

【追記】

WiiRdを使って、ユーザーが覗けるメモリ空間を見てみる。

svmj17

アドレスごとに全てdumpして内容を見てみると、svmj80.dmpとsvmjc0.dmpは大体同じ内容で、いろんなゲームタイトルが書かれている。

c8、cc、cdは容量も少ないし、特に気になるデータは無い。

svmj90.dmpとsvmjd0.dmpの中には、昨日のコメで匿名さんが書かれたように、マリコレの複合化されたデータを見つけることができる。

svmj18

マリコレの置かれているデータアドレスは、どちらのdmp共に$34b900~2097152Byteですが、やはりコチラもPCMデータが入っていない。

けど、教えていただいたとおり生ROMイメージから吸い出したデータと若干相違があるので、エミュで動かすとPCMを置き換えてもチェックサムはbadになる。

・・・一応動くんだけどもね。

ので、現状は生ROMイメージから吸い出してPCM置き換えたほうがデータ的にはいいのかもしれない(笑

2010年10月21日木曜日

Wii SMBコレクション・・・何だコレ!?

店に大量に残ってるスーパーマリオコレクション。

PICT5501

見慣れた写真はどうでもいいので小さくw

PICT5499

ってことで、GECKO+WiiRdでメモリを覗いてみたら・・・

svmj1

ん?

svmj2

なんだ?

svmj3

マリコレってマリオ以外も入ってるのか?

svmj0

メモリサーチメンドイのでダンプしてPCで見てみよう・・・

svmj4

う~ん・・・沢山あるのでリストを書き出してみた(笑

スーパーマリオワールド
マリオのスーパーピクロス
F-ZERO
ゼルダの伝説 神々のトライフォース
スーパードンキーコング
ファイアーエムブレム 紋章の謎
シムシティー
聖剣伝説 2
悪魔城ドラキュラ
魂斗羅スピリッツ
R-TYPE Ⅲ
グラディウスⅢ
アクトレイザー
スーパーボンバーマン 3
ファイアーエムブレム 聖戦の系譜
スーパーメトロイド
がんばれゴエモン 4
ドラゴンボールZ 2
真・女神転生
がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻
三國志Ⅳ
サムライスピリッツ
ストリートファイターⅡ
ピクロスNP Vol.1
ピクロスNP Vol.2
ピクロスNP Vol.3
ピクロスNP Vol.4
はじまりの森
パイロットウィングス
パネルでポン
ガイア幻想記
かまいたちの夜
超魔界村
ヘラクレスの栄光Ⅲ
MOTHER2 ギーグの逆襲
半熟ヒーロー
スーパードンキーコング2
ファイナルファイト
カービィボウル
スーパーぷよぷよ
ミリティア
スーパーストリートファイターⅡ
ブレス オブ ファイアⅡ
不思議のダンジョン2 風来のシレン
弟切草
マジカルドロップ
ヘラクレスの栄光Ⅳ
コズモギャング ザ パズル
ストリートファイターⅡ ターボ
ダライアスツイン
スマッシュTV
SUPER TURRICAN
スーパードンキーコング3
デア ラングリッサー
重装機兵ヴァルケン
アクスレイ
ファミコン探偵倶楽部PARTⅡ
平成 新・鬼ヶ島 前編
平成 新・鬼ヶ島 後編
SUPER R-TYPE
メタルスレイダーグローリー
牧場物語
初代熱血硬派くにおくん
すーぱーぐっすんおよよ
トレジャーハンターG
ガンハザード
MARVELOUS
ドレミファンタジー
学校であった怖い話
がんばれゴエモン2
がんばれゴエモン3
聖剣伝説2
ファイアーエムブレム トラキア776
スーパーパンチアウト!!
SPACE INVADERS
スーパーワギャンランド
伝説のオウガバトル
タクティクスオウガ
スーパー信長の野望 全国版
パイロットウイングス
スーパーマリオカート
大航海時代Ⅱ
スーパー蒼き狼と白き牝鹿
太閤立志伝
バハムート ラグーン
インディアナジョーンズグレート
ロマンシング サ・ガ
ロマンシング サ・ガ2
ファイナルファンタジーⅣ
ファイナルファイト タフ
すってはっくん
スーパーマリオコレクション
スーパーファミコンウォーズ
メタルマックス2
カービィのきらきらきっず
ロマンシング サ・ガ3
ファイナルファンタジー5
ファイナルファンタジー6
クロックタワー
真・女神転生Ⅱ
真・女神転生if
アルバートオデッセイ
ルドラの秘宝
ファイナルファンタジーUSA
スーチーパイ
Super E.D.F
ラッシング・ビート
スーパー原人
RUSHING BEAT RAN
THE IGNITION FACTOR
ザッとこんな感じだけど、これ以外にも海外用のタイトルも存在する・・・

しかし、なんでスーパーマリオコレクションの中にこんなに沢山のタイトルが?

svmj5

サンプルがロードできないって書いてあるよなぁ?

svmj6

制限時間?・・・体験版?

う~む・・・謎だ。

ってそんなことしたいんじゃなくてROMはスーパーファミコン版と同じかどうか確認したかったんだけど、残念ながらスーファミ版とはデータが異なるらしく一致しなかった・・・残念。

svmj7

一応ファイルらしきものも見つかるんだけども。

ファイル名の前のLZH8ってのが所々あって気になる。

ん~、そんだけ(ぇ?

P.S. 任天堂さんへ

ディスク内にあるタイトルが何モノなのか差し支えなければ教えてくださ~い(笑

2010年10月20日水曜日

SNES Super EVERDRIVE USB経由でOSアップ

昨日記事投稿した後にOS-v3がアップされてる事に気が付いた。

更新内容は64kの倍数以外のROM(Homebrewなど)でも書きこめるようになったとの事。

(因みにv2はFlashのバグFixとUSBが使えるようになった)

で、折角USB付けたので、USB経由でOSをアップしたらどうなるのかやってみた。

superever4

everdrive-loader.exeにはオプションは存在しないので、普通にOS-v3.smcを転送する。

1020185555_0 アップ前の状態

1020185555_1 ちゃんとOSと認識してる

1020185555_2 問題なかった

OSのアップロードも自動認識するんだね。

因みにSDからのバージョンアップ時は、画面にStep1...、Step2...、Step3...と出てリセットが掛かり完了となる。

一つ気になったのが、FT245RLを付けた基板で試すと事前にチェックをするようになったのか、赤LEDが少し点滅してからメニューが立ち上がる。

FT245RLを付けない状態だと直ぐに立ち上がるんだけども。

ん~・・何だろ・・・気になったのでフォーラムで聞いてみる。

まぁ、起動時にちょっと時間が掛かるだけで使用上問題ないんだけどね。

もしかして自分で取り付けたのが原因だったりしてw

ってそんなことは無いか・・・と思う。

【追記】

チェックはしてないとの事でしたが、LEDの点滅に関しては不明。

OS-V2にダウングレードすると点滅しないで起動するんだけどねぇ。

ま、様子を見て動作が怪しかったら取り付けを見直すことにしよう(笑

【追記2】

PCとUSBケーブルで接続してSuperEVERDRIVEを起動するとos-v3でもLEDの点滅(SDアクセス)はしないから、おそらく正規の容量の抵抗(12KΩ)に付け替えれば問題ないかも?

コンデンサは0.1μFでいいはず。

今度RSで何か買う序に手配しよ~っと。

【追記3】

私の部品取り付けミスだった、ということで解決。

2010年10月19日火曜日

SNES Super EVERDRIVE USB付けた

今日、秋月電子から部品が届いた。

PICT5486

FT245RLが400円になってる!?と思ったら、納品書は350円になってて一安心(笑

で、早速工作に。

superever3

取り付ける部品は上の写真のもの。

FT245RLとUSB-Bコネクタ、チップLED、100Ωチップ抵抗を各1個、10KΩチップ抵抗×5、チップセラコン(104)×2だけ。

LEDは在庫で、抵抗とセラコンはパチスロのジャンク基板から取った。

PICT5495

全部付けると上の感じ。

100Ω抵抗はLEDのとこで、他の抵抗はFT245RLのとこへ。

(オリジナルと同じなら91Ωだと思うけど、1KΩぐらいのほうがいいような気がするね)

PICT5490

で、起動テスト。

CICのLEDにブルー付けたんだけど・・・明るすぎ(^-^;

SDアクセスの赤LEDが見えないや(笑

因みにCICのLEDはSFCを起動するとUSB接続に関係なく点灯する。

・・・これは後で直そう・・・ってか、よく考えたらカセットに組み込んだら見えないじゃん(汗

組み立て考えずにセオリー通りに作っちゃったよorz

・・・ま、とりあえずいっか・・・

SDからの起動は問題なくできたので、PCとUSBで繋いでドライバをインストール。

開発元のkrikzzからドライバ落としてきてもいいけど、このドライバは単純にFT245RLを認識させるためだけのドライバなのでFTDIのサイトから最新のドライバ持ってきても良い。

ドライバインストだけなら、Super EVERDRIVEはSFCに指さなくても単体でインストできる。

superever2

正常に認識できた(^-^)

とりあえず無事取り付けは出来たようだ。

問題は転送できるか、です。

superever1

クライアントのeverdrive-loader.exeはCMD用。

適当なフォルダへ置いてCMD.exeを立ち上げ、スーファミROMを転送する。

問題なく転送できたw

あ、転送するファイル名にスペースを入れてはいけない。

PICT5491

転送中のSFCの画面には上のようになり、remainが0になると勝手にゲームなりが起動する。

当然ながらFlashROMに書き込みするのでSDカードは差さなくてもよい。

因みに、Super EVERDRIVE単体をPCで認識させてる場合はROMの転送はできない。

私はてっきり単体で転送できるものだと思っていたのですが、残念ながらエラーになります(^-^;

(↑ちょっと焦ったw)

ファームウェアの変更などは一切なく、USB無し版でも部品を取り付けることでUSB有り版と全く同じに出来ることが実際に確認できました、ということで。

プチ工作でバージョンアップできるので、ちょっと楽しいかも。

【追記】

OS-V3出た。

FlashのバグFixだけみたいですね。