2011年2月7日月曜日

番外編 DreamCastでViiのゲームを吸い出す

【追記:20110305/13.25】変態ですいません

↑ ついった~&mem*から来た人へ

初っ端から言い切りますが、吸い出しても屁の肥やしにもなりません(笑

全く使い道がないのでw

でも、一応ゲームのROMには変わりはないので、どんなデータなのか吸い出ししてみる。

ま、書き込みができるぐらいだから読み込みなんて簡単です。

最低限必要なものはコッチで作ったフラッシュROMリーダ&ライタ兼用のドリームキャストと、JJ1ODMさんのトコにあるDreamcast SD Rip ver1.0です。

BIOSの読み込みはバイトモードで読み込むので、Viiのカートリッジ基板も/BYTE出力の変更をしておく。

PICT5758

まずはオリジナルのBIOSから立ち上げ、メニューが出たらスイッチをフラッシュROM側へ切り替える。

DCでは16Mbitデータしか読み込めないので、バンクを切り替えて計4回BIOSを吸い出すことになる。

いちいち電源切らなくてもフラッシュROMのGNDとVccの切り替えを強引にやっても一応吸い出すことは可能だけど、電源切ったほうが間違いはない。

PICT5759 PICT5761

BIOS吸い出し選択すると表示がバグりますが無視してAボタンを押して進めればOK(笑

vii9

ウチにはVC-2とVC-3のカートリッジがあるので2つ分のデータを吸い出した。

vii10

ヘッダの部分を見てみると、ちゃっかりチェックサムは取っているらしい。

vii11

キャラクタは圧縮無しで作られてるようで。

Vii持ってる人は書き換えでもして遊べるかもね(笑

本体も無い、エミュも無いでは、私には全く必要の無いものなのでした。

以上、番外編でした。

0 件のコメント: