2011年2月18日金曜日

パチスロ基板搭載のFlashROMをTOP2049で焼く

以前、パチスロ基板のジャンクをEP-ROM目的で50枚以上ゲットしたのですが、その基板にはFlashROMも載っていた。

PICT5795

当時は16bitのデータが焼けるROMライタは持っておらず使い方もイマイチわからなかったので放置しておいたのですが、先日、ふとaitendoを覗いてみると、同じFlashROMが販売されていた

【追記:20110221/23.54】既に売り切れてしまったようです(汗

説明を見ても特別な記載は無く、pdfはTSOPのみのデータだけ・・・

焼けないと思ってたけど、もしかして普通に流通してるタイプで、TOP2049で普通に焼けるのか?と。

tsop0

で、クライアントを見ると確かに記載がある。

なんだ、焼けるのかぁ~、と焼いてみると・・・焼けないっ!

って、ダメじゃん(^-^;

読み込みは一応してるっぽいんだけど、書き込めない。

そもそもTOPシリーズ用のTSOP48ピン用のアダプタはaitendoでも他でも見たことがないし、おそらくこのPDIP変換基板付きは違うメーカーのROMライター用なのだろうね。

(因みに、SUPERPROシリーズ用のTSOP変換アダプタはaitendoで16,950円(!)します(^-^; デバイス取り外せるタイプだけど)

と、ここで諦めたのではFlashメモリマニア(いつから?)の端くれとしてダメでしょう、ってことで、折角なのでコイツをTOPシリーズで焼けるように改造してみました(笑

改造といってもそんなに難しくありません、3箇所ピン配列を変えるだけです。

tsop1

表側はパターンカット一箇所、TSOPの11ピン(/WE)を基板左上から4番目のピンへ配線、TSOPの15ピン(RY/BY)を基板左下から3番目のピンへ配線、基板右上から11ピンを基板裏のパターンへ。

tsop2

裏のパターンカットも1箇所、表からの配線をパターンカットした一方(/BYTE)へ配線。

基本はコレで完成で、以下のSOP44ピンの配列と同じになる。

tsop3

要するに、TSOP48ピン→PDIP(SOP)44ピンへ変換しただけ(笑

TSOPにはNCが4つ増えてるだけで、信号線は全く同じ。

RY/BYは配線しなくてもいいけど、データを焼く際に線が未接続になるので、確認の窓が出てくる。

ちょっと注意点というか、手抜きの部分を(ぉぃ

・基板左上から2番目のピンにもRY/BYが出力されてるけど使わないからパターンカットしていないが支障はない。

・基板左上から4番目のピンはTSOPの9ピン(NC)と繋がっているが支障はないのでパターンカットはしていない。

・/RESETはVccと接続されてるが動作には支障はない。

分離させようとするとTSOPを一度外さなきゃいけないので、慣れてないと無理かも。

上の処理をすると以下の感じに。

tsop4

最低限のことしかしてないけど、これで書き込み出来るようになる。

tsop5

あとは普通にTOP2049(or上位互換機)に取り付け、クライアントで44ピンデバイスを選択する。

tsop6

で、ちゃんと使えるようになる、と。

このMBM29F800TAは16bitでも8bitでも使えるので、ファミコンでもスーファミでもメガドラでも十分対応できる。

aitendoから賄賂貰ってるわけでもないし、よいしょするつもりは全く無いんだけど、実際変換基板付いてて200円なら安いよね。

別々で買ったら幾ら掛かることやらw

けど、aitendoは使用上の注意点とか書いといたほうがいいんじゃ(^-^;

ってここで書いても意味無いか。

この変換基板だけ取ってみても、単純に64MbitのTSOPデバイスが普通に載せられるから結構便利なんじゃないかなぁ。

いずれにしてもウチに放置してあったデバイスが普通に使えるようになってよかった(^-^)

これがKazzo+Anagoで使えるかはまだ試して無いから、そのうちMDC5カートリッジで試してみないとね。

7 件のコメント:

Ryan さんのコメント...

http://i.imgur.com/fucGK.jpg

ぽんRev さんのコメント...

Thank you! :)

na6ko さんのコメント...

Flashメモリマニアはおもしろい(笑) パラレルEEPROMをマスターしたら次はシリアルEEPROM はどうですか。

200円ならやすいですね。データバスが8/16選択式なのもかなりうれしい。

ぽんRev さんのコメント...

na6koさん

ご無沙汰してます。
最近いろんなFlashROM弄ってるので、自分でマニアっぽい錯覚を(笑
シリアルEEPROMは必要性が出てきたら弄ると思います~
・・・今のところ予定には無いですが(^-^;

8bit/16bitデバイスは使い方覚えると便利ですよね。
DC+NGPのおかげである程度使い方を覚えたのですが、結構気に入っちゃいました(笑

YoGirl さんのコメント...

どうもです。ぽんさんのこの日記見ながらaitendoで買ってきたMBM29F800TAを使ったFlashROMカートリッジを作りました。w

http://68000.web.fc2.com/sram.html

ラミーでとりあえづ書き込みが出来たから満足してるのだけど、kazzoで焼けない件がちょっと気になる今日この頃。

ぽんRev さんのコメント...

YoGirlさん

FlashROMカートリッジの使い方教えていただいてありがとうございます~
MBM29F800TAのカートリッジは以前作ってましたが、コマンド送信が上手くいかず放置してました(^-^;

で、AM29F040B×2個カートリッジも作って試してみました。
AM29F040B×2個カートリッジ&MBM29F800TAのカートリッジ共に問題なく動作させる事ができました(^-^)
・・・速度的にはとりあえず仕方がないですねw

Cで書き込みマクロ自動生成ツール作ってみたものの、4KByte(BIN)のデータを8bitDevice*2個仕様のマクロにすると960Kぐらい(約5分20秒)に・・

16bitDeviceならサイズも速度も半分以下なので、作るなら16bitDeviceのが良さそうですね。

ttlでFile系コマンドが使えればサイズ的には押さえれるとは思うんだけど・・・

>kazzoで焼けない件
単純にコマンドが実装されてないとかの問題ではないのかしら?
詳しくはわかりませんが(^-^;

ぽんRev さんのコメント...

とりあえずマクロのループ化したらかなりサイズは抑えられた・・・っても128KByteで4.5Mにもなっちゃいますが(^-^;
これ以上小さくはちょっと無理かなぁ。

因みに今日PC放置して256K書き込んだら3時間ぐらいでした(笑

空き時間にPCを有効利用するにはありかも?
ちょっと苦しいかw