2011年5月1日日曜日

Smartboyの続き2+@

2年前にあやすけさんが書いた記事の続きを勝手に書きます。

PICT6038

実はSMARTBOYは、ベースがGB Cart Flasherだったりします。

と、いうことに昨夜気が付いた(爆

ベースが同じというか、現状同じものと書いてもいいかも。

PICT6044

FTDIのチップはGBコネクタの下に隠れていました。

PICT6039

カートリッジにはAM29F032B(32Mbit)とSRAM(1M)、リセットIC、電池、それと刻印が消されているMBC5チップ。

単純に、市販されているMBC5仕様のゲーム基板と同じです(SRAM以外)。

smartboy3 smartboy2

クライアントもソックリです。

これはGB Cart Flasherのクライアントプログラムのソースが公開されてるので、SMB TEAMがSMARTBOY用にリビルドしたのでしょう。

PICT6040

クライアント、ハード共に同じものなので、交換してもどちらも問題なく動作する。

ただし、SMARTBOYで512KByteのFlashカートリッジを使う場合、/WEを3pin(/WR)に付けた場合は書き込みでできないので、31pin(Audio In)に接続しなければいけない。

GB Cart Flasherではどちらでも問題なく書き込める。

PICT6043

SMARTBOYのATMEGA8515で使われているファームウェアを読んでみた結果、GB Cart Flasherのファームウェアとはだいぶ違うみたい。

8515と8515Lで何か違うのか・・・詳しくはわかりませんが、動作が同じなので大した違いはないのでしょう(ぉ

そんなわけで、SMARTBOY用のFlashカートリッジは簡単に増産できるね。

それと、ウチでは市販ゲームのセーブ読み書きは全く問題ありませんでした。

因みに、

PICT6037

試しに8/16仕様のデバイスを付けて書き込めるかやってみたのですが、クライアントでコマンドが通らないのでしょう、認識しませんでした(^-^;

アドレスバスずらしても同じなので、クライアントを弄らないとダメなのかな。

Kazzoでもそうだけども、0x555(5)、0x2AA(A)が基本で、8/16デバイスを8bitで使用すると0xAAA(A)、0x555(5)になるので、そこを変えるだけでいける気はするんだけどなぁ~

ReadPlusならこのコマンド通るっぽいので、もしかするといけるかもしれない可能性はあるけど、ハード作らないといけないかな。

ま、それはボチボチと。

.

関係ない話題を簡単に。

PICT6035

HxCFDエミュのSD版に使われているPICはコードプロテクトされていて読めなかった。

次、

PICT6011

ネオポケLinkerFlashカートに使われているCPLDも案の定プロテクトが掛かっていて読めなかった。

PICT6013

SSTの姉妹品の8bitデバイスですが、セーブはできなかった(^-^;

これは、私の早とちりもありまして、コマンドが8/16と同じ形式なので、もしかしたらそこが引っ掛かっているのかも?

因みに、これは8bitデバイスですが、DC(16bit)でデータを書き込むことが可能です。

これの理由としては、書き込み時にデータバスが0~7(8bit)しか使われていないから。

Kazzo&GBCartFlasherも同じ書き込み形態をしているのならば、おそらくデバイスを16bitモードで書き込みすればできるかもしれない?

やってないからわからない。

あ、FlavorさんのとこでFlashLinker製作が着々と進んでるので、楽しみにしてましょう~(^-^)

.

で、今はGGも放置して違うことしてます。

とそんなとこかな・・・ってどんなとこ~

8 件のコメント:

trickart さんのコメント...

おお、SmartBoyとGB Cart Flasherは同じだったのか・・・
無理してSmartBoy買わなくてよかった。
GB Cart Flasher作ってみようかなぁ・・・

あやすけ さんのコメント...

あっ、本当だ。
ライターもクライアントも同じですなー。
言われるまで気付かんかった。

>SMARTBOY用のFlashカートリッジは簡単に増産できるね。
簡単に増産とは、すばらしー!!

増産といえば
にんてんのGBメモリは、今もゲーム屋で見つけたら、千円前後くらいまでなら購入してます。
GBメモリは8個所有になりました。

ぽんRev さんのコメント...

trickartさん

偶然発見しました(笑
SmartBoyが3,000円前後で購入できるならソッチ買ったほうが安いし早いですw
今32Mbitカートリッジ作るとなるとデバイスの入手が困難だと思うので。
でも、作る楽しみを味わいたいのなら是非自作を(笑


あやすけさん

あやすけさんのとこでマリオランドカラーのページ見てて気がつきました(笑
FTDIのチップが見当たらなかったのでATMEGAだけで使えるようにモディファイしてあるのか?と思ったら、コネクタの下に隠して(?)あってちょっとがっくり(^-^;

4MbitのFlashカートリッジなら現状で30個ほど楽に作れますw
32MbitはTSOPを注文済みだからこっちも作ろうと思えば10個は作れますね(ぇ?

ニンテンのGBメモリは先日333円で1個ゲットできました(^-^)
SFCメモリはちょっと高くて525円で3個ゲットしました。
でも、まだなぁ~んにも弄ってません(笑

GBメモリ探す時は殆どたまごっちでイヤンですよね。

ぽんRev さんのコメント...

追記

書き忘れてた。
マリオランドカラーはMBC1カートリッジでも結果は同じでした。
あやすけさんのとこでど素人さんが書いてくれたパッチ当てた状態で実機で動かすと、結果128KByte以降のデータは読まれていないみたいですね。
おそらくデータを128Kbyteに切ってエミュで動かした結果も同じになるはずです。
ってことで・・・カラーはやっぱり難しい。

匿名 さんのコメント...

はじめまして、
3つほど質問お願いします。
カートリッジ作成マニュアル見ましたが
さっぱりです、ギリギリ画像見ながらPS2のMOD出来る位の知識しかありません。(半田付けしか出来ない)
また、29F032B-90SD flash chipというチップも買わないといけないみたいですが、このチップで代用できる物は無いんですか?
チップさへあれば何とかできそうなんですが、、、

また下記の物、これ気になってるんですが、GBメモリと代用できますか?
Gameboy Color Mega Memory
http://www.youtube.com/watch?v=lxlXEM2Es1U

最後にSMARTBOYのホームページにある
マリオの画像をゲームボーイに表示させるにはどうすれば良いのでしょうか?

よろしくお願いします。

ぽんRev さんのコメント...

匿名さん

ReinerさんとこのMBC5製作pdfはSOP版を例にしてるのでTSOPとはピン配列異なります。
基本は同じ信号同士を繋げればいいだけなので、各デバイスのピンアサインを調べればそれほど難しくないと思いますよ。
29F032B以外は・・クライアントがHPで挙げてるデバイスを決め打ちしてるなら選択筋狭いですが、たぶん読み書きなどのコマンドが通れば他のデバイスでも使えるかと。

>Gameboy Color Mega Memory
これはそもそもがセーブデータのやり取りするものなので、ROMを書き込むことは出来ません(^-^;
関係ないけど、今試したら128KByteのデータもマルッとバックアップできそうなので、何気にLSDjのデータ退避で使えるかもw
後で試そう。

画像を出すだけならGB用のアプリ探せば表示できるのでは・・・って話ではないのかな?
SMARTBOYはマルチROMに対応してないので、もしかすると初期販売か後期販売の起動DEMOで入ってたのかしら?
いずれにしても起動ロゴで出せるといった画像ではないと思います。
詳細はわからないです~

匿名 さんのコメント...

返答ありがとうございます。
メガメモリの件参考になりました。
そして、
「GAMEBOY SRAMの容量を増やす 」
を拝見させていただきました。
あまり詳しくないのでなんとなくしか理解できなかったですが、
コレさえあれば、
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-01634/
LSDj対応のFlashカートリッジが作成できるってことですね?
早速、挑戦してみます。
SMARTBOY続編楽しみにしてます。

ぽんRev さんのコメント...

匿名さん

えっと、SRAMだけではだめですからね(^-^;
8Mbit以上の安いデバイス探さないとですねw