2011年5月17日火曜日

TOPWINとMX29F800Tは相性が悪い?

ウチにはMBM29F800Tの他にMX29F800Tも結構あります。

PICT6164

2、3ヶ月前に入手したものの、上手く使えず放置気味だった。

ピン配列はMBM29F800Tと同じだし、TOP2049でも普通に対応してるんだけど、エラーが出て消去できなかったりしてた。

原因がわからずだったけど、最近ちょっと真剣に探った結果、どうもMX29F800Tをセットして最初にコマンドを送った後には2度目以降のコマンドが通らないらしい(^-^;

topwin6

なので、例えば上のようにデバイスコードを2度読むと、2度目以降はデータアドレスの先頭4Byteを読んじゃってるw

こうなると消去や書き込みが一切出来なくなるわけで・・・再度正常に認識させるにはクライアントを立ち上げ直さなければいけない。

現状は、クライアント立ち上げて消去して、再度クライアント立ち上げ直して書き込み、ってすれば問題ない(笑

う~む、これはデバイスの問題なのか、クライアントの問題なのか、ウチのTOP2049がおかしいのか・・・

PC変えても症状は一緒だし、MBM29F800Tは問題ないので、多分クライアント?

いずれにしても、TOPシリーズお使いの方でいろんなデバイスを触る人、変な動作をしたらクライアント再起動とかチェックしてみましょう。

0 件のコメント: