2011年10月30日日曜日

MD Sweet Rammy 0.02公開です!

開発早いですね~(^-^)

タイトル通り、今日Sweet Rammyのバージョン0.02が公開されました(^-^)

以前のバージョンまではわけあって公開終了ですw

今回のバージョンアップでは、予定されていたEEPROMリーダライタ機能が付いた他、操作面が改善されています。

操作面で特に便利になったところは、

・小文字が使えるようになった

通常キーボードは小文字で使ってる(?)ハズなので、違和感無く扱えるようになった。

私はよく小文字で入力しててエラーが出てた(笑

・コマンドを途中で間違えた場合、ENTERキーを押すとそれまでの入力がキャンセルされる

PRとPW間違えたり、アドレス指定を途中で間違えた場合に取り消しできる。

今までは間違えてもコマンド全部入力してエラーになってたりしてたし、データ書き込み時には送信の途中で間違いに気づいたら止められるのはかなり安心な機能ですね。

・ROM→RAM切り替えのロック、アンロックが簡単になった

0.01まで(実際には仕様上0.00しか使えなかったけど)はポートアドレス0xA130F1を指定してWDコマンドでロック、アンロックを指定して・・となっていたのが、今回からはLK&ULコマンドで即ロック、アンロックができるようになった。

現在操作してるアドレスからいちいち移らなくても良いし、手数が減るので楽になったw

* 今までのポートアドレス直接指定して切り替えも可能です

srammyv

上の例ではストーリーオブトアのセーブデータを読み込む時の例。

ロック状態→アンロックしてデータが出てくる→ロックすると出てこない、と簡単に切り替わってるのがわかる。

・ゲームのヘッダを表示できるようになった

ゲームカセットの端子が汚れてると正常に認識されなかったりするわけですが、ヘッダの表示ができるようになった事で、簡易的にちゃんとセットされているか判断できる。

srammyu

ROMサイズなどが視覚的にわかりやすいのもいいね。

以上、通常メインで使うであろう操作の変更点を書いてみました。

.

この他にもEEPROMリーダライタ機能追加によるコマンドがいくつか増えてますが、これに関しては準備ができ次第追って書いていこうと思います(^-^)

・・・ネタの引き伸ばしともいうw

あ、そうそう、Sweet Rammy本体で一番(?)変わったところがある。

srammyt

なんとっ!私の名前入りww

最初起動した時メッチャビックリした(笑

まさか入ってると思わなかったんで(^-^;

開発だけで大変なのに細かいところまで気にかけていただいてありがとうございますm(_ _)m

いずれにしても操作が改善された事でかなり扱いやすくなってると思いますので是非お試しを(^-^)

あ、そうだ、Teraterm用のファンタシースター復刻版吸い出しマクロは今回のバージョンでも同じように使えますので。

以上、Sweet Rammy爆進委員会からのお知らせでした。

(↑あ、一回抜かした(笑)

0 件のコメント: