2011年10月30日日曜日

MD Sweet Rammy 0.02公開です!

開発早いですね~(^-^)

タイトル通り、今日Sweet Rammyのバージョン0.02が公開されました(^-^)

以前のバージョンまではわけあって公開終了ですw

今回のバージョンアップでは、予定されていたEEPROMリーダライタ機能が付いた他、操作面が改善されています。

操作面で特に便利になったところは、

・小文字が使えるようになった

通常キーボードは小文字で使ってる(?)ハズなので、違和感無く扱えるようになった。

私はよく小文字で入力しててエラーが出てた(笑

・コマンドを途中で間違えた場合、ENTERキーを押すとそれまでの入力がキャンセルされる

PRとPW間違えたり、アドレス指定を途中で間違えた場合に取り消しできる。

今までは間違えてもコマンド全部入力してエラーになってたりしてたし、データ書き込み時には送信の途中で間違いに気づいたら止められるのはかなり安心な機能ですね。

・ROM→RAM切り替えのロック、アンロックが簡単になった

0.01まで(実際には仕様上0.00しか使えなかったけど)はポートアドレス0xA130F1を指定してWDコマンドでロック、アンロックを指定して・・となっていたのが、今回からはLK&ULコマンドで即ロック、アンロックができるようになった。

現在操作してるアドレスからいちいち移らなくても良いし、手数が減るので楽になったw

* 今までのポートアドレス直接指定して切り替えも可能です

srammyv

上の例ではストーリーオブトアのセーブデータを読み込む時の例。

ロック状態→アンロックしてデータが出てくる→ロックすると出てこない、と簡単に切り替わってるのがわかる。

・ゲームのヘッダを表示できるようになった

ゲームカセットの端子が汚れてると正常に認識されなかったりするわけですが、ヘッダの表示ができるようになった事で、簡易的にちゃんとセットされているか判断できる。

srammyu

ROMサイズなどが視覚的にわかりやすいのもいいね。

以上、通常メインで使うであろう操作の変更点を書いてみました。

.

この他にもEEPROMリーダライタ機能追加によるコマンドがいくつか増えてますが、これに関しては準備ができ次第追って書いていこうと思います(^-^)

・・・ネタの引き伸ばしともいうw

あ、そうそう、Sweet Rammy本体で一番(?)変わったところがある。

srammyt

なんとっ!私の名前入りww

最初起動した時メッチャビックリした(笑

まさか入ってると思わなかったんで(^-^;

開発だけで大変なのに細かいところまで気にかけていただいてありがとうございますm(_ _)m

いずれにしても操作が改善された事でかなり扱いやすくなってると思いますので是非お試しを(^-^)

あ、そうだ、Teraterm用のファンタシースター復刻版吸い出しマクロは今回のバージョンでも同じように使えますので。

以上、Sweet Rammy爆進委員会からのお知らせでした。

(↑あ、一回抜かした(笑)

MD Rammyでナックルズ in ソニック2

またnさんからネタ貰いました(笑

ありがとうございますm(_ _)m

内容 「ソニック&ナックルズ+ソニック2ってエミュで出来るの?

PICT6612

ご存知のようにソニック&ナックルズ(以下、S&K)の上にカセットを差すとゲーム内容が変わります。

一応書いておくと、

・S&K+ソニック1 = ブルースフィア(フルバージョン)

・S&K+ソニック2 = ナックルズ in ソニック2

・S&K+ソニック3 = ソニック3 & ナックルズ

・S&K+MD対応ゲームカセット = ブルースフィア(レベル1のみ)

ということになってます。

エミュで動かそうとした場合、基本的にS&KのROMデータの後ろに各ゲームのROMデータをくっつけるだけで動きます。

んが、ソニック2だけは動きません。

ってことで実験です。

sk02

まずROMを吸い出し、それぞれの動作確認のため、エミュで実行してみる。

(念のため、上画像のファイルの日付が1990/11/21になってますが、これはRetrodeの仕様で、全てこの日付になります)

上画像のSnK.binは各ソニックを単にくっつけただけのROMデータです。

sk06 ←S&K単体で起動

・・・普通のソニック&ナックルズです。

sk13 ←ソニック1をくっつけて起動

因みに最初の画面でABC同時押しで上画面になります。

sk14 ←参考までにS&K+ブロックアウト

コード固定、レベル変更無しです。

* ファンタシースター復刻版は使えません

sk04 ←ソニック2をくっつけて起動

わかってはいましたが起動しません(笑

sk05 ←ソニック3をくっつけて起動

これは問題無し。

というように、ソニック2をくっつけた場合だけ、エミュで起動しません。

ではどうやったら動くのか?ですが、S&K+ソニック2の場合、それぞれのROMの他に、ExtraROMデータというものが必要だったりしますw

PICT6608 PICT6609

S&Kの基板を見ると、汎用ロジック以外にマスクROMが2個載ってます。

実際に外して調べたわけではないので確定ではないですが、おそらく左の小さいほうのマスクROMにデータが入っているんではないかな?と思う。

で、ExtraROMを吸い出すにはどうするか。

確認できてるのはRetrodeのみで吸い出すことが可能です。

ただし、こちらのページにある改造(線2本追加)が必要ですw

PICT6610

因みに、今後発売されるRetrode2は対策済みです

現行のRetrodeにこの改造をしておけば、「たぶん」新しいファームウェアでMDのセーブデータ(SRAM&FRAMのみ)が読み込めるかと思われます。

sk01

Retrodeの対策前と対策後のデータを比較すると、ファイルサイズはどちらも+256KByteされていますが、0x300000以降のデータが違うことがわかります。

当然fixのデータが正しいわけですが、ホンコンやMD吸い出し君、パソファミなどではbugのほうのデータと同じ吸い出され方をするので、当然エミュでは動かせません。

んでは確認できたところで、メインのSweet Rammyでデータをとって見ることにしますw

と、最初に書いておくと、S&KのExtraROMを吸いだせるRammyのバージョンは現在(これ書いた日付)0.02のみです。

【変更:今日公開の最新版に置き換えました】

吸い出すにはポートの変更をしなくてはいけないため、ポート変更不可のver.0.01ではダメなんですね(^-^;

復刻版は、カートリッジROMアドレス空間の変更だけだからできた、ということかと。

(参考:Future Driverさんのメモリマップ

sk15

データの出方は上画像を見てもらうとわかると思います。

通常のROM読み込みの場合だと、0x300000以降はFFFF・・・になっちゃうので、ULコマンドでアンロックし、ROM→RAM読み込みに変更してやります。

どうやらS&K自体ではRAMとして認識させているようですね。

あ、当然ながらExtraROMはソニック&ナックルズに付いてるROMなので、S&K単体でデータが出てきます。

(単体でロックしたまま0x300000以降を読むと上とは値が異なりますw)

sk09

わかったところで256KByteのデータを全て吸い出します。

sk10

でもって、出来上がったHEXデータをBINに変換し、先に作っておいたS2K.BINの尻にくっつける。

こうすると、

sk12

無事、ナックルズ in ソニック2がエミュで動かせるようになるのでした(^-^)

とまぁ、そんなわけで、やっぱりSweet Rammyは凄かった(笑

2011年10月29日土曜日

MD Rammyでバーチャレーシングを吸い出す

今朝方ヘッダだけ吸い出しテストをして、正常に出てきそうな雰囲気が漂っていたヴァーチャレーシング(正確には「ヴァ」じゃなく「バ」ですねw)ですが、起床後そそくさと段取りをし、全ROMデータが吸い出せるか試してみることに。

vr01

ROMサイズは0x0001A5に書かれているので、そこを見てサイズを決定。

上では先頭256Byte読んでないから左のアドレスは無視でw

2MByteってことは、0x200000を1Byteずつ読めばOKってことになる。

vr02

まず1Byteずつ読むようにセットして、0x000000から読むようにして、バンク切り替えは無いから0x200000を一括で全部読むっ!

・・・(←朝ご飯を食べている)

・・・(←子供の宿題を見ている)

・・・(←風呂掃除をしている)

2時間40分ぐらい経過後、

vr03

全部吸い出し完了したw

binだと2Mだけどhexなのでサイズは4Mあります。

vr04

bin変換してハッシュを見ると上の感じに。

では、エミュで確認を・・・と、先回エミュでは動かないと書いたけど、Fusionでは動くんですね(^-^;

* ReGenも対応してるようです。 YoGirlさん、情報どうもですm(_ _)m

全然知らんかった・・・(汗

だって、今までV.R.吸い出せなかったんだもん・・・(←いいわけ

確認はしてないけど、他にもV.R.動くエミュってあるのかな?

・・・ま、いいか(ぇ?

では、確認です!

vr05

ブラボ~~\(^-^)/

カセットの細工とか何もせずに普通に吸い出せちゃったよっ!(笑

時間はともかく、拍子抜けするぐらい簡単に吸い出せちゃいましたw

Sweet Rammy恐るべしっ!

今回V.R.を吸い出せちゃったことで、国内で市販されているメガドライブ用カセット全てが分解せずに吸い出しできることが確認できました。

パーフェクトです(笑

いやぁ~、感動ですなぁ。

Sweet Rammyが今後バージョンアップしてbin取り込み(単純に時間半分)や同期通信(クロックに依存する?)ができるようになれば最高ですねw

う~ん、こうなると、海外版のマイクロマシーン、Codemaster製カートリッジがどうなるのかとっても知りたくなりますねぇ(^-^;

だれか持ってて試してくれないかしら?(笑

そんなわけで、Sweet Rammyはやっぱり凄いのでした~(^-^)

以上、Sweet Rammy激進委員会からのお知らせでした。

(↑もういい?)

あ、今YoGirlさんのとこ見たら、

転送速度がクソ遅いRammyで2MBytesや4MBytesのROMを読み出すのは時間的に大変

えっと、上の通りやっちゃいました(大笑

.

んでは、今までのMD吸い出し環境ではどうなるか、ウチにあるヤツで試してみました。

まず、ホンコン。

PICT6602 vr06

見ての通り何も出てきません。

このまま吸い出しても全部0xFFで埋まって終わりです。

次、MD吸い出し君。

PICT6603 PICT6604

コッチもヘッダの認識はしてません。

ダンプするの忘れたけど(ぉぃ、多分0xFFのままでしょう(^-^;

最後、Retrode。

PICT6606 vr07

Retrodeはガワ外さないと刺さりません(笑

全部0xFFだと思ってたけど、0x3B0000~65536Byteだけ0x00&0x08の繰り返しでした。

多分、パソファミでも同じような結果でしょう。

ってことで、この中で脈があるのはRetrode(Retrode2含む)かな。

ソフト的にピンの設定を扱える(と思う)ので、もしかしたら将来的にできるかも?

という結果でした。

MD Sweet Rammy パーフェクト達成かっ!?

え~、先の復刻版のコメントで、YoGirlさんが「ヴァーチャレーシングの吸い出しの失敗って・・・」と書いてくれて・・・そういえばどうだったっけ?(爆

確か一番最近で試したRetrodeでは0xFFで埋まってたハズ・・・

ホンコンやMD吸い出し君では・・・覚えが無い(-_-;

PICT6600

で、何となくSweet Rammyでやったらどうなるのかなぁ?と。

だめもとでヘッダでも読んでみるかぁ、と。

ATコマンド入れると、うん、値は正常じゃないねw

でもって数値セットしてヘッダ吸い出し、と。

srammys

・・・へ!?

マジっすかっ!?

え?何?実機で普通にゲーム機動するわけだから、実機で読めば普通に出てきちゃうってこと?

それでいいのか?

こんなに簡単に出てきちゃって良いのか!?

ファンタシースター復刻版が吸い出せて、MDカセットで普通に吸い出しできないのはヴァーチャレーシングのみだったわけだが・・・

もしかしてのパーフェクト達成かっ!?

結果は次回、明らかにっ!

・・・ま、ぶっちゃけ吸い出せてもエミュでは起動できないわけだがw(←それは言わない約束でしょ

【訂正20111029/11.30】

失礼しました・・・Fusionは対応してるので動きます(^-^;

以上、Sweet Rammy超進委員会からのお知らせでした。

(↑いや、ないから)

2011年10月28日金曜日

NGP NeoLinkMasta GUI Test版公開

既にご存知の方もいると思いますが、今月18日にGUI Test版が初お目見えしました。

早々試していたんですが、18日にビルドされたものはVistaでは文字が潰れてて使えなく、XPではフリーズしてしまう、といった状況だったので、あえて書きませんでした(^-^;

どうも日本語のWindows環境では上手く動作しなかったみたいなので、多分Unicode辺りが原因ではないか、と思ってますが、原因はわかりませんw

で、メールで修正版を貰ってテストしてたわけですが、今日(あちらでは27日)公開されたバージョンで、ようやくVista&XPの環境で正常に動作させることができました(^-^)

Thank you for Mr. Spiv and Flavor! :)

nlmguivista nlmguixp

途中(非公開)の修正版ではVistaまでは正常に動いたものの、XPだと固まってたんだよね(^-^;

現在のバージョンでは問題なく使えると思いますので、LinkMasta&FlashMastaを持ってる人は是非試してみましょう(^-^)

・・・やっぱりGUIのが操作しやすいなぁ(笑

あ、FlashMastaにデータを書きこむ際には自動でターボモード(メイン画面右下のPreferencesで変更可能)になるので便利ですね。

eraseボタンは無いですが、書き込み時に自動で消去されるからあえて付けてないのかな。

・・・単純に消したければCMDでってことで(笑

一通り触ってみましたが特に不具合はなさそうな感じですね。

LinkMastaをPCに接続してからクライアント立ち上げればOKです。

.

序に。

もう1ヶ月前ぐらいになるのですが、実はFlavorさんから声をかけて頂き、カートリッジが届いてましたw

PICT6546 PICT6547

USA版カードファイターのカートリッジ2個です。

PICT6548

なぁ~んちゃってw

・・・まぁ、オリジナル基板も送ってくれたので間違いでは無いけど、メインは通常版のFlashMastaでした~(^-^)

(To Flavor, thank you again!)

LinkMastaよりもFlashMastaの方を多く作ったとのことで、折角なので分けていただいたのでした(笑

ここではあえて金額は書きませんので、必要な人は直接コンタクトしてみてください。

まだ在庫があればきっと対応してくれると思います。

って、今はSOLD OUTになってるけど(^-^;

2011年10月27日木曜日

MD Phantasy Star復刻版をRammyで吸い出す

先回には追記せずに新規で書いちゃうことにw

さて、昨夜というか今朝方というか、またまた素晴らしい事が起こりました。

この一つ前を見てもらうとわかると思いますが、MDカートリッジの吸い出しで奇問とされてきたファンタシースター復刻版の吸い出しが、ついに分解無しでできるようになっちゃいました~!!\(^-^)/

PICT6598

ってことで少しおさらい(?)を。

メガドライブのゲームは今まで2本、

・ファンタシースター復刻版

・ヴァーチャレーシング

だけは分解無しでの吸い出しはできませんでした。

前者はSMSそのもの(8bit)だから、後者はカスタムチップを使ってるから、現在公開されているであろう所謂MD吸い出し環境では吸い出せなかったんですね。

それが今回、Sweet Rammyの登場&YoGirlさんの解析のおかげで復刻版だけは吸いだせるようになったのでした(^-^)

YoGirlさん&Sweet Rammy最高~!(笑

ありがとうございますm(_ _)m

まぁ、元々はセーブデータの読み書きの対応がメインだったわけですが、Sweet RammyがMD本体をリモートできるツールの為、使い方によってはかなり楽しいことができてしまうんですねぇ(笑

今回も68000からZ80をコントロールしてちゃんと読めちゃってるわけだしw

今までできなかったことができてしまうってのがスバラシイよねぇ。

と、感動に浸ってても進まないので、やり方を・・・Sweet Rammyのページの10/26と27のところを見ると詳しく書いてあります(ぉ

まじめな話、私が前回書いたようなテープ法(笑)を使えば分解しなくて済むわけですが、本当ならSweet Rammyのページに載ってるようなスイッチを付けたほうが安全だし、セーブデータのバックアップを頻繁に使うような人はなお更スイッチの取り付けをお勧めします(^-^;

PICT6597

同じもの載せちゃうけど、私は該当のピンへテープを貼り付けた。

真似する人は剥がれないように気をつけてw

セーブデータのバックアップは先回も画面載せたように正常にできてます。

が、今のところ書き込みが何度やってもできません(^-^;

これはとりあえず置いといて(ぇ?

タイトルで書いたROM吸い出しに行きましょう。

これもSweet Rammyのページに詳しく書いてある通りなのですが、バンクを切り替えながら16KByteづつデータを読む必要があります。

説明を読むと、前半48Kを3分割(16K×3個)した領域の何れかに、必要とするデータを配置できるとの事。

が、一番先頭の16Kの領域は仕様上1024Byte少ないため、私は真ん中の16Kの領域を使って全ROMデータを吸い出しました。

コマンド実行的には、

AT.000000 ←入力
PR.02FFC2
PW.000000
PC.000000
PS.000000
P+.000000
PB.000000
PT.000000
PM.000000
OK
P+.000002 ←入力
OK
PW.01FFFD ←入力、真ん中のポートアドレスを指定
OK
WD.00000100 ←入力、バンクを16進数で指定
0x0001
OK
PR.008001
←入力、真ん中の16KByte領域指定
OK
RD.000010 ←入力、ここでは試しに0x10Byteのみ
F3ED563100CB187F7BD3BF7AD3BFC9FF
OK
WD.0000011F ←入力、ここでは試しに最後のバンク
0x0001
OK
RD.000010 ←入力、試しに0x10Byteのみ
00003F3438030B012B2F062A253E2036
OK

といったような感じで、復刻版はROMサイズが512KByteなので、バンクを31回切り替えてテキストで読み込み→ROMデータ以外を削除→bin変換という過程が必要です。

ま、ぶっちゃけ時間は掛かりますが、そこはとりあえず我慢の子で(笑

問題は、16KByte読んで、バンク切り替え操作して読んで・・・の繰り返しになるため、コマンドの打ち間違えの可能性もあるし、できれば放置して風呂でも入っていたいよね。

ってなわけで、私はTeratermのマクロ使って一気読みしましたw

srammyn

おかげでPC放置して風呂入って違うことして・・・と、時間を有効利用できた(笑

ただ、ちょっと、このTeratermのマクロの構文をよくわかっていない、配列が使えない、16進数の変換が困難、などなどの要因が重なったため、ループ使わないベタな書き方になっちゃった(^-^;

元々が通信関係が主体だから、機能は限定されてるしね。

srammyr← WDコマンドで0x1Fまで繰り返す

なんかスッキリしない書き方だけど、ま、ファンタシースター復刻版専用だからいいかw

これは一応ファイル置き場へ置いておきます。

コマンド入力の後に”pause 1”が入ってるけど、これは必要ないかもだけど、あえて1秒ウェイト入れてある。

ログはRDコマンドとデータ読み後のOKまでを保存するから、後で改行コード含めて削除する必要があるw

この機能はハイパーターミナルでは使えないんで、これからSweet Rammy使う人はTeratermをお勧めします(^-^)

パッと見、Teratermのマクロ命令みると、覚えたら結構な使い物になるんでは?な感じが。

・・・覚えれば、だけども(^-^;

srammyo

参考までに、一番上が以前SMSReaderで吸い出したデータ、真ん中が今回吸い出したHEXデータ、一番下がbin変換後のデータ。

srammyp

なんの問題も無く一致ですっ!w

srammyq

当然エミュでも問題なく~(^-^)

(ここでは関係無い話:nさんへ、0x1b1からでOKですw)

とまぁ、そんなわけで、時間だけ気にしなければメガドライブ本体を使って、カセット分解しなくても吸い出しできるSweet Rammyはやっぱりラブリーなのでした~(^-^)

メガドラ持ってる人はみんなRammyちゃんであそぶのら~!

以上、Sweet Rammy促進委員会からのお知らせでした。

(↑そんなものもないよ)

MD Sweet Rammy いよいよPS復刻版が!?

取り急ぎ仮で写真のみ。

気になる人はコッチへGo!

PICT6599

PICT6597

これなら分解しなくてもいけるね。

srammym

キタァ~~!\(^v^)/

ってことで、続きは後で。

あぁ~・・・仕事じゃなければorz

PICT6596

頂き物です!

無事届きました。

ありがとうございました!m(_ _)m

メールはまた後で(←またかよっ!

あぁ、時間が欲しい(^-^;

・・・寝よ

2011年10月25日火曜日

MD Sweet RammyをUSB接続で使う

まだまだ続きますw

タイトルだけだとパッと見新しくUSB回路作ったか?と思・・・っちゃうかわからないけど、なんのことはない、市販のUSB-シリアル変換ケーブルを使っただけです(笑

自分では作れないので。

PICT6590

これは秋月電子で売ってるケーブルで、値段は950円ととても安い。

グレーだと900円ともっと安いw

私は昔PICライタ買った時に序に買ってたんだけど、昨夜までこの存在をすっかり忘れていた(^-^;

最近のPCはパラレルも当然ながらシリアルポートもありませんので、VistaやWin7機でSweet Rammy使いたくても使えない場合がありますよね?

ね?

で、上のケーブルの登場ですが、これは最新のドライバ(秋月にある)でWin7の64bitまで、多分Win98以降全てのWinで使えます。

ってことで、

usbsiri1

VAIOのVistaにドライバインストして試してみた。

usbsiri2

転送速度も遅くならず、全く問題なく使えるのでした(^-^)

Sweet Rammy使いたくてもシリアルポートが無くて悩んでた人は使ってみてはいかが?

あ、今ふと思った。

試してはいないけど、X680x0やMAC、PC-98&88、MSXやAMIGAなどなど、シリアルポートがあって通信ソフトさえあれば使えるはず。

これって何気にすごいことよねぇ。

.

PICT6591 PICT6593

今日はD-SUB9ピンコネクタ用ケースに回路を内蔵していたw

ケースは少し削らなくてはいけないけど、部品点数は多くないから何とか収めることが出来た。

PICT6595

次の0.02ではEEPROMリーダライタ機能付き(!)になるそうなので、MDのセーブデータ吸い出しに限らず、主に工作される人も楽しめるかもね~

以上、Sweet Rammy推進委員会からのお知らせでした。

(↑そんなものはないよ)