2012年6月6日水曜日

バーナーでチップ取り面白いね

何かやること無いかな~、と昼休みにネットぶらぶらしてて、外国の方がアップしたバーナーを使ったチップ取りのビデオを見た。

見てるととっても簡単そう・・・

四方全てにピンが出てるチップは正直ハンダごてでは取り難い(融点下げる商品は高くて嫌だ)ので、試しにやってみようかな、とホームセンターへ行ってきた。

PICT7267 PICT7270

バーナーは使った事無いから何が良いのか全くわからなかったけど、手軽に使えそうなポケトーチ(980円)があったので購入。

1,300℃って、まともにチップに浴びせたら逝っちゃうよね(^-^;

まぁでも、用途としてハンダ付けとも書いてあるし、短時間でピンポイントならいいのかな。

PICT7263

で、テストとしてXBOX1のジャンク基板からメモリを取って見る事に。

因みに左のhynixの29F080も取ってみた。

PICT7266

おぉ~、めっちゃ簡単に取れた(笑

両サイドだけピンがあるチップだと、数秒で取れたし、4面あるチップは20秒前後ぐらいで取れた。

↑面白かったので記念に動画w

問題のチップが熱で死んでるかどうかですが、他にもciscoルータ用メモリモジュールから28F008SATを幾つか取って読み書きしてみたけど、死んではなかった。

PICT7274

XBOXのBIOSも正常に出てきたし、読み書きとも正常に使えて一安心(^-^)

バーナーの当て方によってはパッケージが熱せられて赤くなったりする場合もありますが、多少なら壊れる事はなさそうです、ってか、壊れなかったw

あ、余談だけど、XBOX1のBIOSで使われてるチップは1Mbitなので、GBのFlashカートリッジ作ったり、色々使い道がありますね。

しかし、こんなに簡単に取れるとは思ってもいなかったので、とても新鮮で楽しいです(笑

PICT7273

週末にでも正常なXBOX1に取り付けて128M化してみますかね。

・・・20秒前後炙ったから死んでなきゃいいけど(^-^;

あ、そもそもジャンクの時点で死んでたらどっちで死んだかわからないな・・・

ま、いっか。

メモリ取り付ける際にもポケトーチで付けれるんだけど、どうしよっかなぁ?

安全なのはやっぱりハンダ付けかしらね。

ともあれ、表面実装チップを取りたい人は試してみると面白いかも~

4 件のコメント:

ツボック さんのコメント...

こんばんは、ツボックです。
これは、面白そうですね。
私も買いますね。

atssada さんのコメント...

いつも楽しく読ませていただいております。ご存知だと思いますがホットガンもなかなかいいですよ。

いんく さんのコメント...

すごいなーこれ
DIPのソケットやEP-ROM剥がすのに使えると凄く便利そう
ソケットはプラだから熱が伝わって溶けちゃうかな?

ぽんRev さんのコメント...

ツボックさん

今メール送りました。
このポケトーチは安い(ガスも2本で200円前後)し小さくて使いやすい、それとピンポイントで熱せられるのでチップが死ににくい(?)ので便利だと思います(^-^)
今日ホームセンター行ってガスの予備買ってきました(笑

用途は他にもあって使い回しできるので、一つあると便利かもですね。


atssadaさん

見に来ていただいてありがとうございます(^-^)
ホットガンは私が見たものは値段が高かった&チップの生死が疑問だったので見送りました(^-^;
実際のところ、ホットガンにしてもバーナーにしてもチップの死亡率は少ないんですかね?
今のところテストも兼ねてメモリをいくつか取ってますが、まだ死んだ例はなく、結構丈夫なのにビックリしてます(笑


いんくさん

DIPはまだ試したこと無いですけど、2.54ピッチだと熱する範囲が広くなるので・・・TSOPよりは時間が掛るかもですね。

ソケットは確かに溶けるかもしれませんが、直接炙るのでなければ案外問題無く取れてしまうかも?