2012年6月8日金曜日

XBOX バーナーで炙ったメモリは生きてた

いや~、ちょっと大変だった。

XBOXへメモリ取り付けるのは特に大変じゃなかったんだけど、その後、128Mで認識させるまでが大変で。

何つっても完全にXBOXのハック忘れてたのが原因(滝汗

多分、年のせいではなく短期集中型の性格のせいなんだけど(ぇ?)、どうやってハックしたらよいか迷った迷った。

PICT7279 PICT7280

まず、空きパターンが4箇所あるから、バーナーで取り外したメモリ4個を全てハンダ付けする。

PICT7281

空きパターンには最初から適度なハンダが盛ってあるから、フラックス塗って、位置合わせして軽~くなぞるようにして取り付けるだけ。

一度目はハンダ付けが甘かったのか、リングが点滅して起動しなかったものの、再度丁寧にハンダ付けしたら正常に起動できた。

この時点で128M認識してるかなぁ、と思い、XBMCのinfo見たら64M(標準ね)のまま・・・

あれ?起動できてるから取り付けに問題ないよなぁ・・・と思うも、BIOS変えなきゃダメだったっけ?

と、ネットで情報収集することにorz

今回メモリ取り付けた基板はDUO-X2載せたヤツなので・・・Cromwell載ったDUO-X2GSに載せ換えようか、オリジナルのFlashにiNDBIOS5003焼こうか、DUo-X2にiNDBIOS上書きしちゃおうか・・・

迷った挙句、とりあえず一番簡単なDUO-X2にiNDBIOS5003焼く事にした。

(一応補足、上で書いた拡張チップは個人輸入&個人使用の物なので違法ではありませんです)

・・・簡単に書いたけど、あらゆる知識が消えた後なので、色々と復習するのにとっても時間掛かってます(^-^;

PICT7285

XBMCはオフィシャルの古いままだけどソコは無視していただいて、トータルメモリは無事128Mで認識しました。

バーナーで20秒前後炙って取ったメモリは無事生きていたようです(笑

メモリテストできるユーティリティってあったっけ?

それがあれば物理テストもできるんだけど・・・探してみるか。

今回は生きてるか死んでるかだけが知りたかっただけで、128Mに増やしたところでぶっちゃけあまり使い道が見つからなかったり(爆

今更XBOXでLinuxやらないしなぁ・・・

とりあえずUnofficialなXBMCでも入れて使う事にしようかしら・・・

なんにせよ、今回の実験(?)で、私の中ではバーナーが結構使えるアイテムと決定したのでした。

1 件のコメント:

ぽんRev さんのコメント...

ツボックさん

あれ?
メールの返信がなぜかココへ書き込まれてたので勘違いかと思い一度消しておきました(^-^;
間違いでなければアップしますのでw