2012年6月26日火曜日

XBOX 今更ち~ぷなもの

私、XBOX用の拡張チップは何種類か持ってます(全て海外からの調達で、念のため購入書類などは保管してあります)が、チープ拡張な基板は持ってませんでした。

【書き忘れ:何度も書いてるのでクドイですが念のため、拡張基板を海外から個人使用目的での輸入であれば違法ではありません】

当時入手が困難だったチップ「SST49LF020」の入手ができなかったからですが。

で、ちょっと製作熱が出てきまして・・・今月初旬に、ダメもとで手元にあったSST49LF004A(ジャンクマザボから取ったもの)で試しで動かしてみたら、ホントに動かなかった(^-^;

PICT7376

その時(確か10日)作ったのが上写真の手前の2つ。

で、焼きの問題なのか、他の市販されてるチープな基板で動くのかどうか気になってしまい、海外某所で新たに上写真奥でボケてるヤツを購入。

あらじんな基板でSST49LF020Aが載ってます。

この基板にSST49LF004A付けたら動かなくて、逆にSST49LF020Aを自作のチープ基板に載せても動かなかった・・・

これは当時からSST49LF020しかダメ、と言われてたわけだから当たり前の結果なのですが・・・自分で確認してこれはこれで納得した(笑

んが、折角基板も作った事だし、やっぱ動かしたいなぁ・・・という気が強くなってしまい。

当時から入手困難なSST49LF020は、現在では更に手に入りにくいのか、普段利用してる国内のパーツ屋は勿論、海外のパーツ屋も全然見当たらない・・・

USAなところで見つけるも、支払い方法でアウトだったり。

結局、ちょっと信用薄かったけど、中国のサプライヤーさんに直接メールで交渉し、何とかゲットできた(^-^)

荷物はとってもしっかりと梱包されており、中国らしくない(失礼)安心できるサプライヤーさんで良かった。

因みにXBOX用メモリも在庫があったんだけど、コレは単価が高かったから止めた。

ジャンク箱買ったほうが絶対的に安かったからw

PICT7372

で、今日の昼にトラッキング確認したら28日着予定だったんだけど、なぜか今日届いていた(笑

違う事やるつもりだったのに、予定が狂った。

あ、海外某所では現在あらじんが600円ぐらいで買えるので、わざわざチープ基板の為にコレ買う必要は全然無い・・・と書いたところで今更箱用基板買う人は居ないかw

PICT7380

・・・とにかく、これで材料は揃ったので基板に取り付けて動作確認したところ、無事起動させることができました(^-^)

う~ん、満足満足。

ただし一つ問題があって・・・本体BIOSのデータが壊れた基板+自作チープ基板のコンビで本体BIOS焼いて直せるかなぁ?って試したんだけど・・・ちょっと妙な動作に。

・本体BIOSのデータ壊れたままで起動するとリセット繰り返して起動しなかった

・チープ基板でフックしたらオリジナルダッシュが起動して、Evoディスク起動しなかった

・その後、チープ基板でのフックを何度試すもEvoディスク起動しない

・変わりにチープ基板無くて、本体BIOSから起動できるようになっていた

・しかし、国情報が変わったのか、国内の正規ディスクが一切読めなくなった(笑

(この時点でメック法は不可)

といった感じで、もう何がなんだか、わけがわかりません(^-^;

結果的にはBIOSFlashしないで一応本体BIOS直ってしまったわけだが・・・

その後はチープ基板にEvoM8Plus入れてHDDの内容書き換えして違うBIOS焼いて、と一段落したんだけど・・・不思議な動作の理由が全くわからない。

そういうもんなんでしょうか?

ま、とりあえず動いたからどうでもいっか。

メンドイのでこの件に関してはもう追求はしないどこ~

【追記】

個数が増えた&ちょっとバージョンアップ。

PICT7386

作るのは簡単なので計4個になったw

でもって内一つは試しに市販拡張基板(スパイダーなど)を真似てハンダフリーなタイプでヒゲ(D0接点用)を生やしてみた。

ハンダフリーってもソケットは付けなきゃいけないけども(^-^;

PICT7381

このヒゲの正体は、仕事でワイヤー加工する時に使うワイヤーでφ0.25の物。

結構細いんですが、工作用の電線と違い弾力性があるので、フニャ~ンと折れたりはしない。

D0ポイントはφ0.26~0.3ぐらいだから、φ0.25だと丁度良い太さでバッチリでした(^-^)

D0にワイヤー挿してソケットに基板挿すだけでOK。

取り外しが楽だからテストには最適~

・・・必要性はあまり無いけどねw

0 件のコメント: