2012年7月15日日曜日

FT232RLでRammyAVR、セラロック16MHzもOK

先日書いたノートPC+USB>シリアル変換ケーブル+セラロック16MHz載せたRammyAVRでのデータ落ちの件、どうもProlific社のPL2303を使った変換ケーブルは高速通信するとバグると確定してるようです(^-^;

YoGirlさんに教えてもらい納得しまして、ちょっと朝時間があったので秋月で扱ってるFT232RLモジュール+セラロック16MHz版RammyAVRでどうなのか試してみました。

PICT7449

以前、Sweet Rammy専用USBケーブルってことでチラッと書いたことがあるのですが、その時はPCでの認識名を変更しただけで、実際には通信してませんでした。

ってことで、このモジュールを実際にRammyAVRで使う方法を。

ftdi_rammy7

配線方法は上のようになります。

(あ、オシレータのトコは先回載せたセラロックでも可ですw)

【補足】

既にRammyAVRが完成していたり、シリアルポートとUSBを兼用で使う場合は上の接続で問題ないですが、USB接続専用で使うのであれば、YoGirlさんとこの7/16/2012のようにインバータICを使わないほうが楽です。

信号の詳細はモジュール買った時に同梱されてる紙を見てね。

このモジュールを使うにはFTDIのVCPドライバが必要なので、コチラから自分のPC環境にあったものを落としてインストしてください。

次に、上の配線をしただけではメガドライブとの通信が正常にできませんので、FT232RLに内蔵されてるEEPROMを書き換える必要があります。

これはFTDIのUtilitiesページにあるFT_PROGを使います。

これ書いてる現在のver.は2.6.8、.NET Framework4.0がインストールされてる必要があります。

準備が整ったらFT232RLモジュールをPCに認識させて、FT_PROGでスキャンしてEEPROMを読み込みます。

ftdi_rammy8

モジュールが見つかれば上のような感じで情報が表示されます。

(Product名がSweet Rammyになってるのは以前変えたから)

今回変更しなければいけないのはインバータを使うかどうかの設定だけ。

ftdi_rammy2

秋月のモジュールは使用しない設定になってると思うので、上のように4箇所チェックを入れてやります。

ftdi_rammy5

内容を書き換えた後は、上写真の赤く囲ったボタンを押し、プログラムすれば完了です(^-^)

これでホントにRammyAVR専用USBケーブルの出来上がりです(笑

ftdi_rammy6

で、実際にセラロック16MHzを載せたRammyAVRでテストをしたところ、8Mbit(1MByte)のデータを読み書きしてもデータ落ちは無く、ノートPCでも問題なく使う事が確認できました(^-^)

PICT7447 PICT7444

デスクトップ2台のシリアルでも今日までエラーは出たことは無く、私の中ではセラロック16MHzも有りかな、と思ってたりしますw

因みに今回使ったFT232RLモジュールですが、初期の設定でCB0(23pin)とCB1(22pin)がラインモニタとして使えるようになってますので、LEDを付けて送受信するとピカピカしてちょっと楽しくなれます(笑

そんなわけで、PCにシリアルが付いてない人でセラロック16MHzでやってみようとしてる人は参考にしてくださいませ。

とりあえずFT232RLで正常動作は可能ってことで、USB一体型(ラインモニタ付き)RammyAVRでも作るかな。

【追記】

纏まった時間が取れないので一体型はまだ部品揃えただけ(ぉ

で、秋月のモジュールをRammyAVRですぐ使えるように組み立てておいた。

PICT7451

D-Sub9pinコネクタとピンソケットと送受信モニタ用LEDを2個付けるだけだからとっても簡単ですw

このFT232RLモジュールは950円と安いので便利ですね。

.

それともう一つ、このFT232RL(他のFTDI製チップも対象物有り)のEEPROM書き換えてPCに認識させると、ドライバが新規でインストールされちゃって、要らないドライバが溜まって困る事があります。

そんな時はコチラを参考にして、必要ないドライバを消しましょう。

.

あと上とは全然関係ない話、今日は某氏さんに某基板屋さんへ連れて行ってもらいましたw

中部圏なので見る人が見るとバレバレですが・・・多分、あのマニアな方たちはこんなトコ見に来ないから大丈夫でしょう(笑

何せ初めてのトコで基板の事全くわかってないので、私は圧倒されて初心者丸出しでしたが、久しぶりに新鮮な体験をさせていただきました。

某氏さん、ありがとうございましたm(_ _)m

あえて名前出さないけど、いいよね?

場所的に大須へ行った帰りとかに寄れるとこなので、今後もジャンク基板とか買いに行こうかな・・・あ、普通のも買わないとダメかw

しかし、欲しいアーケード基板はやっぱり高かった(^-^;

勉強しないとなぁ~

2 件のコメント:

YoGirl さんのコメント...

どうもです。
秋月見たら「FT232RL USBシリアル変換モジュール」とFT232RL単体の両方売ってたんで、FT232RL単体を使ってAVRケーブルを作る場合の回路図をこさえてみました。
気が向いたら作ってみようかなレベルなんで、もっぱら検証してませんが。(´ω`;)

ぽんRev さんのコメント...

なんとなく04要らないかな~って思ってたんですが、やっぱり必要ないんですね。
・・・なんとなくってトコが素人考えでダメダメですが(^-^;

今仕事中なので帰宅後追記しておこう。

FT232RLは単品で持ってるんで、徐々に作っていこうと思います(^-^)