2012年7月21日土曜日

RammyAVR with USB

昨夜から工作に取り掛かり、今日無事完成しました。

PICT7459

先日、秋月のFT232RLモジュールを使ってRammyAVRをUSB接続して使いましたが、今回はFT232RL単品を使い、一体化してUSB接続専用にしたバージョンです。

シリアル接続RammyAVRと区別するため、RammyAVR-USBとでもしておきましょうか。

基本的な作り方はYoGirlさんが書いてくれた(07/16/2012)回路図で問題無いと思われます。

上写真のものでは、FT232RL回路のところを、

・DATA-とDATA+にそれぞれ47pFのコンデンサを咬ましてある

・0.01μFと4.7μFの間にフェライトビーズ(BLM21PG331SN)を挟んでる

・FT232RLの26pin(TEST)をGNDに落としてる

としています。

これは秋月のモジュールを参考にして追加しました。

おまけ(?)で秋月のUSB-Bコネクタ基板にはフューズが載ってます。

上写真の見た目は結構スッキリ見えますが、実際にはATMEGA88P-20PUがFT232RL基板の下にスッポリ隠れていて、裏の配線は注意しないとわけがわからなくなるくらいグチャグチャです(笑

なにせ1つの基板に2つの回路を載せることになるので。

全体的に配線が少ない分だけ救いかな。

制作上で注意しないといけないのは、YoGirlさんのトコに書いてある通り、

FT232RLの回路とRammyAVRの回路のVccを繋げない事!

これをすると壊れる可能性があるそうです。

GNDは全て繋げてOK、ってか繋げるw

もう一つ注意としては、

RammyのプログラムをAVRに書き込む前にUSB接続すると、FTDIのドライバがインストールされていてもUSB機器として認識されない(不明なデバイスとなる)可能性があります。

(その場合、電力・・・、サージ・・・とかのポップが出てくるかも?)

原因が定かではないですが、私が新品のAVRにプログラム書き込むより先にFT232RLのEEPROM書き換えようとしたら上のようにエラー出てちょっと焦ったので(^-^;

その場合は落ち着いて、先にAVRにプログラムしましょう。

プログラムした後は問題なく、違う3台のPCでも試したら正常だったので、多分プログラム無しが原因だったのではないかとの推測です。

・・・今思うと、もしかすると組み立てる前にATMEGA88単品時にプログラムしておいたほうがいいのかもしれない。

usbrammyavr0 usbrammyavr1

AVRのプログラムが無事済んだらFT232RLを認識させ、FT_PROGで設定を変えます。

秋月のモジュール+RammyAVR(インバータIC付き)の場合はRXD、TXD、RTS#、CTS#の4箇所をチェックしないといけませんが、YoGirlさんの書かれた回路図ではRTS#、CTS#の2箇所のみにチェックを入れるだけでよい。

マニュファクチャーやデバイスネームも好きなように変えておくと愛着沸きます(笑

再接続する事で新しいデバイスとして認識され、晴れてRammyAVR-USBとして完成~となります(^-^)

肝心のデータ送受信は問題無さそうで一安心。

今回はオシレータ交換とか考えてなかったから無難に14.7456MHzのオシレータ使ったけれども、基本は前回と同じなので、セラロックでも問題なく動くはずです。

PICT7454

今まで作ったものと見比べてみると、やっぱりスッキリしてていい感じかなw

USB接続だから今のPCでも殆ど使えるでしょうし、これからSweet Rammyで遊ぶ人はRammyAVR-USBを作る事をお勧めします(^-^)

あ、送受信のラインモニタLEDも付いていて、受信でグリーン、送信でレッドが光るようにしてあり、コマンド1文字打つだけでも赤く光りますw

大量のデータを送受信する場合は視覚的に直ぐ判断(特に書き込み時)できてとっても便利なので、作る際には序に付けておきましょう。

そんなトコで、一件落着。

9 件のコメント:

名無し さんのコメント...

突然すみません。
記事とは全く関係ないのですが、
GBS抽出ソフトが
http://mrchecker.web.fc2.com/
からなくなっていたようでした。

GBgbsというのでしょうか?
いくら探してみてもネット上には上がっていませんでした。

お手数ですが、もし持っていらっしゃるならば、頂くことはできますか?

ぽんRev さんのコメント...

BABさんとこのHP見ると、ツールを悪用した人がいるようですね・・・

ツール名はその通りで、先月の時点でのver.は1.1です。
で、ツールの譲渡についてですが、
・作者さんが上記の件があってあえてHPから消している
・アーカイブ内のreadmeには「再配布などは作者の許可が必要」
等のことから、私から軽々しくお渡しすることはできません。

以前はフォーラムもあったように記憶してますが、現在は見当たらないですね。
現在連絡できる環境があるかわかりませんが、どうしても必要であればBABさんに直接聞かれたほうがいいかと思います。

名無し さんのコメント...

わかりました。
ありがとうございました。

YoGirl さんのコメント...

Version 0.12を公開してみました。

http://68000.web.fc2.com/sram.html

AVRのプログラムが出来る様になった以外はまったく変更点無しです。w

YoGirl さんのコメント...

1つ忘れてました。
ファームウェア更新するとAVRのヒューズビットも書き換わるんで、セラロック化しているAVRでは使えないですね。(´ω`;)

ぽんRev さんのコメント...

YoGirlさん

AVRプログラム内蔵化お疲れ様でしたm(_ _)m
早々試させていただきまして、新品のATMEGA88使って書き換え成功しました(^-^)
プログラムがRammyデータ内に入っててメガドライブ単体でアップデートできるのでとても楽ですね。
セラロックも念のためどうなるのかやってみましたが、仕様通りISPモードに移れないと言われました(笑

ビデオ撮ったので後ほどアップしたいと思います~

YoGirl さんのコメント...

ビデオまで付いてどうもです。
次回バージョン辺りで、START押した後に出て来る画面で更にABCボタンを押す事でセラロック & クリスタル & オシレーターのいずれかを選択可能にする予定です。
A = セラロック、 B = クリスタル、 C = オシレーター
みたいな。

ぽんRev さんのコメント...

YoGirlさん

クロック3種に対応は便利ですね。
更にRammyが扱いやすくw
セラロックで大丈夫だからクリスタルもOKだろうけど、クリスタル版も作っておきます(笑

匿名 さんのコメント...

>GBgbsというのでしょうか?
>いくら探してみてもネット上には上がっていませんでした。

GBgbs rips とか Extractor
で検索して出てこないかな。