2012年8月16日木曜日

TapeDump 私もやってみた

去年の12月のコメントにてTapeDumpの存在を教えてもらってたのですが、電源ONでカセットぶっこ抜き法がちょっと引っ掛かって今まで試していませんでしたw

しばらく忘れてたのですが、先日ばくてんさんが試されてて、あやすけさんが後追いしてたのを見て、私もやってみたくなってしまったのでした(笑

カセットはともかく、FDSのプロテクト物も行けるみたいだったので。

最初ツインファミコンのが楽だろうと、一昨日ツインで試すもドライブアクセスが行われず断念、昨日は1日ラグーナで過ごして何も出来ず、今日ばくてんさんがツインファミコンでの解決策をアップしてくれたのを見てようやくFDSの吸い出しが出来るようになりました(^-^)

ばくてんさん、詳細どうもでしたm(_ _)m

が、私のツインではノイズが酷かったため、同じような動作をファミコン+ディスクシステム本体でやりました。

TapeDumpカセットはマッパー3のカセットに書き込んだやつで。

あ、FDS本体はモビロンバンド仕様ですw

序に書くと今のところモビロンバンド取り付けたFDS本体(6ヶ月放置FDS本体以外)は、全て正常に動作してます(笑

PICT7535

使ったファミコン本体は昔AV化(擬似ステレオ)したもので、音声は一度TVに入れてから、昔PCによく付属していたミニピンジャックステレオケーブルを使ってPCに入れてます。

最初、ファミコンから直接PCへステレオ赤白→モノラルピンジャックケーブルで繋いだんですが、ノイズが酷くて1200bpsで辛うじて成功した、ってな感じだったからTV経由で。

1.普通にディスクシステムメニュー起動

2.電源onのままRAMアダプタとTapeDumpカセット交換

3.リセットボタン押す

4.FDSモード指定(2400bps)

5.TapeDumpカセットとRAMアダプタ交換

6.録音&変換

な感じで。

ツインFC、FC+FDS本体共に、何らかの信号を一度ディスクドライブに送ってからでないとモーターが回らないのかな。

FC+FDS本体のやり方ではカセット交換時のフリーズ以外ではミスる事は無い(ワインレッド画面)ようで、私が今試してる限りでは2分の1ぐらいの確立で動いてます。

それまではワインレッドの画面が出たりディスクアクセスしなかったりで全く出来なかったので、起動性は各段に良くなりました。

tapefds7

因みにPCでのマイク入力の音量はボリューム&録音コントロール共にMAXで、TVの音量は3分の1程度にしました。

tapefds5

録音したwavの波形は、通常は上のようになるはずです。

真ん中辺りが無音になってるのがわかると思いますが、これはTapeDumpで吸い出す時に2回シークするからです。

おそらく、RAMアダプタの容量が32Kのため、2回読んでるんだと推測。

PICT7537 ←2400bpsは画面が黄色

吸い出し中は画面真っ黒のままで、

PICT7538 ←正常終了で画面が緑色

この画面になったら、そのままスタートで次のディスクを吸い出すことが出来ます。

画面はキャラ化けしてますが、これは仕様、というか仕方が無いというか、カセットぶっこ抜きでは諦めるしかありません(^-^;

ってことで、テストでスーパーマリオ吸い出しできた後、プロテクト掛かったゲームを吸い出ししてみることに。

詳細はEnriさんとこココを参照してください。

PICT7539

左から3本はダミーファイルチェックプロテクト、右の麻雀家族はコピーツール対策で1つで40K(本体RAM以上)あるファイルが入ってます。

で、これらが正常に吸えるか、順番にやってみました。

tapefds

↑とびだせ大作戦

tapefds8

↑夢工場ドキドキパニック

tapefds9

↑ディープダンジョン 勇士の紋章

tapefds3

ダミーファイルプロテクトディスクは問題なく読めました(^-^)

最後、ファイル容量プロテクトの麻雀家族ですが・・・

残念ながらTapeDumpが32K制限に引っ掛かるのか、正常に終了する事が出来ませんでした(^-^;

因みに、FDSLOADRでは麻雀家族の吸い出しは出来ます。

tapefds6

麻雀家族だけ正常に終われなかったのでwavサイズは中途半端です。

ダミープロテクトdisk3本は各wavファイル、A面ファイル、B面ファイル、結合後ファイルとなってます。

2400bpsで44100Hz 8ビット(モノラル)録音だと14MByteのファイルサイズです。

(無音の長さによってファイルサイズは当然変わる)

tapefds1

それと、B面を吸い出したデータにはFDSヘッダ(先頭16Byte)が付かないので、変換したままのデータを結合する事ができません。

ので、A面の先頭16Byteを追加してから結合する。

といったような感じで、おかげさまでFDSが正常に吸い出せるようになって満足できました(笑

ま、プロテクトdiskも3本は正常だったし、あとはこれアップ後に鬼が島やってとりあえず一段落かな。

FDS吸い出しが安心&安全にできるTapeDumpのFDS化も勉強してみるかな~

tapefds2

4 件のコメント:

Trickart さんのコメント...

ほんとアナログな方法ですよねこれ。
それはそうとカセットの抜き差しが鬼門のようですね。
そこで思ったのですが2つカセットがさせる下駄を作成してスイッチで切り替えるとかどうなんでしょうか?

ぽんRev さんのコメント...

下手するとFCかカセット壊れますよね。
昔絶対やっちゃダメって言われてたことですし(笑

でも不思議なもので、何度か電源ONで抜き差ししてると特に気にせず交換できてしまうんで・・・慣れって怖いw

ま、ぶっちゃけ今の時代でファミコン1台壊れても何とでもなるし~ってのはダメ?

>スイッチで切り替え
うん、これも最初考えてたんですけど、RAMアダプタとNROMの切り替え考えるのがめんどくさくて。
実際出来るかわからないし、FDS主で考えたらFDS化かなぁ、と。
で、作ったものの動かない、と(^-^;
SMBなヘッダとか代用して、ファイルの並べを同じようにCHR、PRGとしたけど動かないんですよね。
FCカセットは0x8000hから、FDSは0x6000hからプログラム開始だから、多分スタートアドレスの指定を変更しないといけないのかな。
と、今後の為にちょっと勉強してたりします。

ばくてん さんのコメント...

吸い出し成功おめでとうございます!

麻雀家族だけは手持ちがないので試してなかったんですが、吸い出し出来なかったんですね~
あと、RAMアダプタの方もツインファミコンと同じ方法でやると私も成功率上がりました。

ぽんRev さんのコメント...

ばくてんさん

ありがとうございました(^-^)/
おかげさまで使いやすくなりました。

Enriさんとこ見ると、スーパーロードランナーもダメかな。
トンカチOKってことはCRCエラーあっても吸い出しできる、と。

方法がちょっと強引だけど、やってみると何気に面白い(笑

因みに、TapeDumpのfds化はキャラ化け画面が出るようになりましたが、知識不足でまだ立ち上がりません(^-^;