2012年9月8日土曜日

YGCAMをメガドライブ2で使う

AKIさん、ネタフリどうもでしたm(_ _)m

先回のコメントにて、「YGCAMをMD2で使えたらいいなぁ」というご意見がありました。

メガドライブ2用サウンドModはCCAMが既に存在しており、YoGirlさんがMD1(VA0~VA6)用にYGCAMを開発してくれたわけですが、部品点数、製作の容易さを考えると確かにYGCAMのが簡単なんですよね。

同じクリアサウンドなら簡単のが良いに決まってる(笑

実際に私も既に3個作ってますが、綺麗に部品を配置ってところに気を配ったとしても1個1時間~+@で作れてしまいます。

(CCAMは小さいながらも結構時間が掛かるw)

ってなわけで、YoGirlさんからアドバイス頂きながら調整した結果、MD2-VA1にYGCAM0.02を取り付けて正常に音が鳴るようになりました(^-^)

ygcammd2

私の場合、既にCCAM改造用にPSGのパターンカットがしてあったため、結果的に元からMD2基板に付いてる2.2KΩが無効になってしまって正常にPSG音源が聞き取れませんでした。

その場合、上回路図のように2.2KΩを追加してプルダウンしてやれば問題ありません。

あ、カットしたトコ繋いだほうが早いか?・・・ん~、どちらかでw

FM音源からの抵抗は元の2KΩを22KΩ~27KΩに置き換えてやるとPSGとのバランスが良くなります。

PSG音を少し大きめに聞きたいのであれば27KΩといった感じに。

これ書いてる現在では未改造MD2本体での動作テストはしていないので断言は出来ませんが、使用する抵抗値はさほど変わらないと思います。

(MD1での聴き比べた結果からの推測です)

PICT7624

YGCAMがMD2でも正常に使える事がわかったので、ほぼ全てのメガドライブで使用可能ということになりますね(^-^)

いや~、ホントに、素晴らしすぎですね(笑

18 件のコメント:

AKI さんのコメント...

ネタにしてもらえてよかったです
パターンカットが不要なのはいいですね
部品の配置を綺麗にしたいってのはよくわかりますw
動けばいいや程度の物はぶっつけ本番で部品を乗せていくのですが
同じ物をもう一つ作るときはPasSを使って前回の反省を生かしつつレイアウトしてます。

気軽に基板作成ができる環境が無いのでよっぽどのことが無い限り
ユニバーサール基板で作成してます
モノクロレーザープリンタ買うかな・・(´・ω・`)

ぽんRev さんのコメント...

CCAMがあった時点でYGCAMをMD2で使うことは思いつかなかったので、コメント頂いて良かったです(^-^)
ありがとうでしたm(_ _)m

おそらくMD1と同じでオリジナルのFM音源部分も加工無しでそのままで繋げられる・・・かな?(^-^;

>部品の配置を綺麗に
私の場合、部品を一度ユニバーサル基板に全て「見た目」を優先して配置してイメージを作ってから実際に部品取り付け&配線してますw
YGCAMぐらいだとPasS使ってますけどね。

私も自作プリント基板作成する術が無いので全てユニバーサル基板ですw
今は両面プリント基板も安く作れるので、本気で何枚か量産する場合は自作プリント基板すっ飛ばしちゃおうかな、とか思っていたり。

ユニバーサル基板で作る場合もパズル的な感覚で作れるので私は嫌いではないかな(笑


序に関係ない(?)話をここで。
MDはYM2612(DAC-8bit)を使ってるのだけど、どうもMD2は互換のYM3438(DAC-9bit)をベースにしてるみたい?
となると、MD2のが音的にいいということなのか?
今まで気にしていなかったからこの手の情報は全くわからない~
ま、そんな細かいところは私の耳では判断できないだろうけど、ちょっと気になる&無意味に取り替えたくなったw
そんなことでYM3438が載ってるジャンク基板を探そうと思っているのでした(笑

zaks さんのコメント...

早速MD2用も作らねば、、でもCCAM1.0のパーツがデッドストックになりそうですw

個人的には32Xの音声のミキシングだけサポートしていただけると完璧です。是非!

YoGirl さんのコメント...

~ こうしてAKIさんは救われたのでした ~

って、2012年になってもメガドライブ用MODの需要が結構あるんですね。(笑)

ところでMD1のVA0辺りはもう24年くらい経過するのだけど、結構な長持ちですね。
ヒートシンクに今にも触れそうなコンデンサーの寿命が結構心配なのだけど。(´ω`;)
実際メガCD1はヒートシンクの傍のコンデンサーがゲロってる訳だし。

ちなみにコンデンサーがもし斜めに傾いていても、立て直してはいけません。(笑)
彼の体液は徐々に蒸発していずれ亡くなる運命なのだけど、立て直すと足の隙間から漏れだす割合が増えて寿命を短くしてしまいます。

YoGirl さんのコメント...

ぽんさん

YGCAMのプリント基板、あったら欲しい。(笑)

今だとプロトタイプ/少量生産用プリント基板業者はやたら価格競争で安くなってるみたいだから、基板の為だけにプリンターとエッジング用具一式こさえて、がんばってエッジングして微妙に失敗して憂鬱になるよか、業者にオーダーした方が楽かも。

もうウチはエッジングとか感光とかめんどくさいのと、液が漏れるとフローリングを侵食するわ、ドアのアルミサッシを溶かして貫通するわで扱いがめんどいからやってないです。(笑)

そういや何でDACが8bitなのかなーと思って調べて見たら、どうも誰かが解釈をミスって8bit/9bitだと思い込んでしまったのですね。
DACが8bitと言うオリジナルの情報は、「FM Channel 6 をDAC Modeにした時にそのDACに与える事の出来る解像度」 って意味で、Channel 0~5 と Channel 6 のFM ModeのDACとは別になってます。

で、うろ覚えなのだけど、FM ModeのDACは10bitくらいあった気がします。

MD1 (VA0~VA6) vs MD1 (VA7) & MD2 のDACの違いについては、これもTmEEさんか誰かがオシロスコープで波形を調べていて、前記が恐らくラダー式DACを使っていると思われるノイズが見られるのに対して、 後記はビデオDACの様にキレイになっている様です。
なんで、究極を目指すなら後記の方が良くなるかも知れません。

ただ、統合プロセッサーに統合されたYM2612を真のYM2612であると見なさない人達にとっては後記は対象外扱いみたいですが。(笑)

YoGirl さんのコメント...

zaksさん

32X持ってないから実験出来ないのだけど、方法は2種類あって、

1. 74HCU04のFMとPSGが合成された結果が繋がってるピンに32Xの音声を繋ぐ

2. 74HCU04の最初の10kΩと次の10kΩの間のピンに32Xの音声を繋ぐ

どちらの場合もFMの音声入力 (10uF + 2KΩ) と同じ様に、32Xの音声入力と74HCU04の間にコンデンサーと抵抗器を挟んでおきます。
このコンデンサーと抵抗器はそれぞれAC結合とゲイン調整と言う役割を持っていて、コンデンサーの容量と抵抗器の抵抗値は、実験して最適な値を探さがしてみる必要があります。

Nity-ff さんのコメント...

おはこんにちは初めましてです。
MD2のVA0はVA1と同じような感じでしたがMD1のVA7は取り付ける位置がいまいち…
ご存知でしたらご教授ください。

グーグル先生に聞いたらMD2の情報は出てくるんですけどね…

YoGirl さんのコメント...

Nity-ffさん

このページの一番下に、VA7の信号の取り位置を記して見ました。

http://68000.web.fc2.com/sound_mod/sound_mod.html

Nity-ff さんのコメント...

to YoGirlさん
おお、わかりやすい写真ありがとうございます!
ユニバーサル基板届き次第VA7で作ってみます。

ぽんRev さんのコメント...

zaksさん

MD2もそれほど高くないですし、いっその事CCAM版とYGCAM版作っておくのも良いかもですね(笑

32XはYoGirlさんが書かれているので参考にしてくださいませ。
私はVA7まだ持ってないので(^-^;


YoGirlさん

サポートどうもです~
っていうか、YoGirlさんが答えていただいたほうが確実なので、お手数ですが私がわからないところは今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

modは今だから簡単に出来る、といった感もあるかもしれませんね。
昔と違って安く手に入れられるので(笑
音にこだわる人は結構多いのかな?

>YGCAMのプリント基板、あったら欲しい。(笑)
一応書いてみましたw
まだ使うチップ抵抗のサイズが未確定だし、発注するには隙間が在り過ぎるし・・・ってことで書いただけですが(笑
ここ書いたあとネタでアップしますw

YM2612はwikiったら8bitとあったのですが、違うんですね(^-^;
でもやっぱり後期のが音良いってことなのですね。
おかげで一つ賢くなりました(笑
とりあえずYM3438の入手が出来たら1台は交換して遊んでみようかなw

VA7の配線方法はゲットしたら参考にさせていただきます(^-^)


Nity-ffさん

はじめまして~(^-^)
YoGirlさんが詳しく書いてくれたので私は用無しということでw
YGCAMの音を思う存分楽しんでくださいませ~(笑

Nekojirou Kumakuma さんのコメント...

昔聞いた話しなんですけどもMD1とMD2では量子化段階の分解能が違うために再設計せずにただ置き換えてしまったMD2の音はその誤差が量子化ノイズになって出てしまうので酷いと.
真偽は不明なんですけどw

そう言えばYGCAMを取り付けた場合NEO MYTHのFM音源部も鳴るんでしょうかね?
マスターシステムをお蔵入りさせたアイテムなんですけど実機と比べて音がバリバリに割れててちょっと悲しい出来なんですよ.特にMDで使うと更にひどい事態になります.MDでSMSのFMが鳴らせるというので買ったのですが当初は割とショックでしたw

ぽんRev さんのコメント...

Nekojirou Kumakumaさん

MD2の噂が正しいとなると真逆に(笑
果たして聞き分けられるほどの違いがあるかどうかもわからないですが、もしYM3438が入手できれば遊びでやってみます(^-^)

NEO MYTHは私は持ってないので答えられないので、どなたか持っておられる方で確認できたらよろしく~、という事でw

Nekojirou Kumakuma さんのコメント...

最近事情であまり外に出られず工作も滞っていたのですが,先日パーツが揃ったのでYGCAM0.02を試してみました.MD1のほうは無改造でリファレンスとして残しておきたいのでMD2の方で行いました.

素晴らしい音質ですねー.かなりガツンと来る音ではありますが良い感じですねー.

そして前のコメントにあるようにNEO MYTHで試してみたのですがMYTH側のFMは鳴りませんでしたw
恐らくMYTHカートから32X用の外部入力で送っているようでこれもMIXしてやらないとダメなようですね.暫く実験してみたいと思います.サウンド部のコンデンサは邪魔だから全部外しちゃいます.

ぽんRev さんのコメント...

Nekojirou Kumakumaさん

音良いですよね。
CCAMも最初聞いた時は綺麗だなぁって思ったけど、YGCAMと比べるとちょっとクリア過ぎる感じがするから、個人的にはYGCAMのが好きです(^-^)

面実装部品は全て揃えてあるんですが、PCBがまだだったり(^-^;
とりあえずYGCAM単体で作っちゃおうかしら~

MYTHは持ってないので・・・お任せします(笑

Nekojirou Kumakuma さんのコメント...

どうもです.
先ほど32X対応終わりました.
適当にやって1発決めなのですがうまく行きました.

手順は
基板上の32X出力LRについているコンデンサを外します.
そして10uのコンデンサと1Kの抵抗を通して74HCU04のFM入力の10Kと10Kの中間に入れます.
これをLR共に行えば完成です.

すこし音量が足りないかも知れませんけど手持ちの関係で1Kになりました.750くらいがちょうどいいかもしれないのですがMYTHだと割れてしまうので少し大きめにした感じです.
コンデンサ2個と抵抗2コの追加で済むので対応させておくと後々良いかも知れませんね.

ぽんRev さんのコメント...

Nekojirou Kumakumaさん

検証お疲れ様です(^-^)
32X対応までするなら序だからMEGA-CDも対応したいですねw
CCAM1.0参考にして試してみる価値はあるかな?

Nekojirou Kumakuma さんのコメント...

MD2ですとヘッドフォン出力はないので対応する価値もありそうですね.
MD1でも元の出力をカットしている場合ヘッドフォンが使えないでしょうから対応していないとダメかもですね.

ただ自分の場合MCDの動作品は手元に無く検証ができませんw

ぽんRev さんのコメント...

Nekojirou Kumakumaさん

あ、そういえばウチにはMCD1が無かった(^-^;
どうせならMCD1&2で確認したいなぁ。
どっかで安くゲットしようかしら~