2012年2月6日月曜日

GB Cart Flasher コンパクト版完成

1週間程度あればのんびり作れるかなぁ、と考えていたのだけども、昨日作業始めたらあれよあれよと進んでしまい、結局今日完成したw

PICT6903

主な部品の配置はSMARTBOYのFlasherを参考に。

ft232bl FT232BLだけは面実装できないので、使わないピンは切り落とし、UEW線で延長配線。

FT232BLとクリスタルはGBコネクタの下に配置される事になる。

こうやって取り付けると、汎用部品使っても結構なスペースができますね。

PICT6912 PICT6913

でもってコネクタ取り付けて完成~(^-^)

裏のスペースはかなり狭いので、0.26ミリのUEW線を使ってなるべく重ならないようにしないといけない。

ATMEGA8515は先にファームウェア書きこんでおいたから、ISPコネクタは付けていない。

PICT6921 PICT6923 PICT6924

パワーLEDは白(ちょっと眩し過ぎw)で、読み書きするとレインボーLEDが赤青緑で点滅するので見てても楽しい(←最初だけね(笑)

作る前はちょっと厳しいかなぁ、と思ったけども、基板の寸法合わせ&FT232BLの配線をクリアしたら後はそんなに苦労しなかった。

今回使ったユニバーサル基板の厚さは1.6ミリ(一般的な厚さ)なんだけど、できれば1ミリか1.2ミリの基板使ったほうがいいかもしれない。

PICT6920

ともあれ、無事にコンパクト化できて一安心。

動作的にも問題なく、予備としてはなかなかの完成度のものが出来上がった。

まぁでも、ぶっちゃけ以前作ったROM焼きアダプタはケースに引っ掛かって使えなかったりするんだけども(^-^;

また近いうちにWillemEPROMライタのTSOPアダプタ使えるように中継アダプタを作ろうかな。

う~ん、自己満足自己満足w

【追記】

PCBパターンをトレースすればわかるけども、回路図からは判断できないピンアサインの詳細を。

赤ボールペンで書いた信号→GBコネクタの各線へ。

・・・手書きで見難いですがw

他は回路図見ればわかるはずです。

PICT6936

2012年2月4日土曜日

GB Cart Flasher コンパクトにできるかな?

去年作ったGB Cart Flasher、自分用にもう1セット部品を残してました。

このFlasherは29F032、29F016、29F080等のROM焼き用としても使えるので、個人的に結構便利なもの。

予備としてそろそろ作るかぁ~と準備していて、ふと余ったケースの事を思い出した。

PICT6897

一番右のが去年作ったもの、真ん中の赤いのがGB Cart Flasher互換のSMARTBOYのFlasher、左上の黒いのがGBAのSmartCardのFlasher、でもって一番左がSmartCardのFlasherのケースのみ。

SMARTBOY用のFlasherはSmartCardやEZ-Writerと同じケース使ってて、面実装部品使ってコンパクトに仕上がっている。

で、折角ケースが余ってるので汎用部品使って何とか同じようにコンパクトに作れないかなぁ、と。

FT232BLのピッチが細かい&スペースが無い&位置合わせがうまくできるかわからない、ってことで作れるか正直微妙な所だけど、何とか挑戦してみようと思っている今日この頃。

・・・って公に書いてしまえばちゃんと作るだろう、多分(笑

今現在の成功率は50%ぐらいかなぁ。

1週間ぐらいで仕上げたいつもりな感じ。