2012年4月27日金曜日

家で初アーケード

部品捌くってたらRGB→Video基板が出てきたので、昔ジャンクで買った基板が動くか試してみた。

PICT7120

PICT7121 PICT7122

フリップル、これは正常みたい。

PICT7123

PICT7124 PICT7125

迷宮島、基板側の問題なのか、電源が足りないのか、出力が弱いみたいですねぇ。

キャラも一部バグッてるみたい。

ま、とりあえず家で初めてアーケードゲームが動いたという事で(^-^)

休みにはコントローラも用意して遊べるようにして・・・できれば徐々に環境作っていきたいですねぇ(ぇ?

嵌まり込むと大変な事になりそうなので、ホドホドにやらねばw

2012年4月23日月曜日

FDS 代替ベルトはモビロンバンドで確定ですっ!

先日書いたディスクシステムの代替ベルトとして使用したグリーンベルトの正体ですが、コメントにて、かつさんからモビロンバンドではないか?との問い合わせを頂き、その問い合わせが速有力情報に置き換えられましたw

でもって速攻で、私を含め人柱が数名(笑

発送方法がメール便なので今日到着しました。

PICT7104

↑で、これがそのモビロンバンド。

購入先は日清紡ケミカルの直販サイトです。

PICT7105

購入したのは折径90mmの黄色と折径100mmの青。

早々に開封して、私が所持しているグリーンベルトと比較してみると・・・

PICT7107

全く同じものと判明しましたっ!

グリーンベルトはモビロンバンドそのものなのでした~(^-^)/

ビンゴですっ!!

因みに蛍光緑と黄色のバンドは折径90mm、幅3mm、厚さ0.3mmです。

このサイズのものであればディスクシステムにただ取り付けるだけで使えてしまいます~

PICT7109

正常に動くと確信していたけど一応テスト。

黄色のモビロンバンドは上で書いた通り取り付けるだけなので楽です。

全く問題ないですね(^-^)

PICT7108

折径100mmの青バンドは、直販では幅6mmのものしか無い(これ書いてる時点では)ので、半分に切る必要があります。

適当な丸いものに取り付けて回しながら切れば簡単に切れると思います。

PICT7110

折径100mmは今回初めて動作テストしますが、現在も動かしながら書いてますがプーリーから外れる様子も無く順調に違和感無く動いてくれています(^-^)

結論として、ディスクシステムの代替ベルトとして使えるモビロンバンドのサイズは、

・折径90mm、幅3mm、厚さ0.3mm

・折径100mm、幅3mm(6mmをカットで可)、厚さ0.3mm

ならまず問題なく使えるでしょう、ということになります。

(因みに、折径の数字は2~3mmの誤差があるようです)

折径80mmのバンドは引っ張る力が強すぎるのか、動作中にプーリーから外れてしまうそうです・・・

あ、取り付ける際にはプーリーとかを綺麗に掃除してからでないとダメです。

ある程度腐ったベルトが取れたら接点洗浄剤を綿棒に付けて拭くと良いです。

このモビロンバンド、金額を見てもらうとわかるんですが、めっちゃ安いんですよね(笑

90mmだと50gが350円(通常価格)、一袋に230本前後入ってるので、1本が1年使えたとしたら、230年ぐらい使えてしまいます!(大笑

(残りが劣化しなきゃだけどw)

昔は任天堂純正ベルトが1本100円、知らない間に200円になり、取り扱い終了してからはオクでは未だに代替ベルトが400円とかですからねぇ。

それ考えたら絶対モビロンバンドで決まりでしょう(笑

モビロンバンドはアマゾンや楽天、大手ネットショップでも扱っている(直販が一番安いけど)し、東急ハンズでも扱っているそうです。

まだ一般の(?)ホームセンターには無いと思いますが、知名度が上がってこれば今後はどこでも買えるようになるでしょうね。

そんなわけで、モビロンバンドを使う事で今後は安心してディスクシステムが半永久的に使えてしまうのでした~(^-^)

これからディスクシステムを修理する人、ベルトの在庫が無い人は是非使ってみてくださいね~

かつさん、あらためて情報ありがとうございましたm(_ _)m

(もし必要でしたら御礼に少し送りますのでメール送ってくださいませね~)

しかし、日清紡ケミカルの人も、まさかディスクシステムで使われるとは想定してないだろうなぁ(笑

2012年4月17日火曜日

MEGA-CD2、完全に直ったっぽい

2つ前に書いたCD-Rしか読まなくなったMEGA-CD2ですが、今日触ってたら音楽再生で飛ぶところがあった事に気が付いた。

どうも外側付近へ行くとダメっぽい様子だった。

で、分解して1分、適当に目星を付けてボリュームを弄ったら、オリジナルのMEGA-CDROMも音楽CDも、読めなかったCD-Rも全て読めるようになった(^-^)

PICT7102

そのボリュームとは、基板上にある3つのボリュームの内の1つ、上写真のヤツ。

これを少しづつ時計回りにまわしながら動作チェックをすれば直る、ってか直ったw

レンズ調整で無理な場合は試してみるといいかもしれません。

MEGA-CD1は持ってないからわからないんだけど、同じようにボリュームあるのかしら。

.

上とは関係ないけど、今日はMEGA-CD2よりもコッチでトラブっていた(^-^;

PICT7103

ウチには1台だけFD3206使ったやつあるんだけど、見捨てるはのかわいそうだから簡単そうなヤツで・・・と作ったものの、普通のゲームまで読まなくなっちゃったり(笑

外せば普通には使えるんだけども。

う~む・・・ICの型番&ピン配列は違うんだけど、内部回路的には同じはずだから動くはずなんだけどなぁ・・・

さて、何が原因だろうか。

2012年4月15日日曜日

Retrode2の記事、ちょっとお粗末過ぎでは・・・

買ったわけではないんだけど、ゲーラボの最新号(2012年5月号)を見たらちょっと笑えてしまった事があった。

【注:6月号では普通に動かせると紹介されてるそうです】

PICT7079

Retrode2の記事なんだけど・・・説明するまでもないですよね(^-^;

この向きでは流石に海外製SNESカセットも挿さりませんです(笑

う~む・・・公式ページのアドレス書いてあるわけだし、ちょっといい加減すぎやしないかい?といった感じ。

Retrode(2)知らない人に説明すると、MDとSFCカセットは挿す向きが逆(背合わせ)になります

SFCカセット使うのにアダプタは要らず、本体だけで対応してます

MD&SFC以外で対応してるハードのプラグインアダプタの情報は、RetrodeのAdaptorsフォーラムを見てくださいませね~

う~ん・・・商用として売ってる以上もう少し何とかしたほうが。

・・・なんだかなぁ(-_-;

あ、別にゲーラボ完全批判するつもりは全く無く、むしろ今後は紙ベースのメディアは廃れてしまう傾向が強いわけで、何とかがんばってほしいなぁという意味も込めてあえて揚げ足取ってみた。

【関係ない追記】

新規で書くまでも無い、今日のオフでの買い物品。

PICT7081

サターンコントローラは部品取り用、MDのPGAはRammy検証用、MDのCAPCOMのコントローラ、天の声バンク、全て105円だったので。

ネクロスの要塞は42円だったからつい買ってしまったw

ホントはディスクシステム本体を探しに行ったんだけど無かったのね~(笑

久々に買い物行ってちょっと残念だったのは、ブックタウンって言うところのレトロゲーの金額がいつの間にか値が上がってた事(-_-;

以前はファミコンやスーファミのカセットの大半が100~480円だったのに、全体的に倍額になってた(汗

N64も上がってたし、ちょっと使えない店になっちゃったかなぁ、な予感。

まだ280円×3で480円、480円×3で980円などのシステムがあるだけマシだけど・・・残念。

MEGA-CD2を直した・・・のか?

YoGirlさんとこの日記を見て、去年の何時ごろか大須でジャンク購入(1,000円か、1,200円だったかな)したMEGA-CD2を何となく弄ってみようかと思い立つ。

PICT7073

購入当時も一度バラしてレンズの調整だけしたけど直らなかった。

CD読みには行ってるけど全然認識してない状態。

今回もバラして観察したけど、基板上を見る限りコンデンサの破損などは見られなくて、とりあえず以前弄ったレンズ調整ボリュームを元の位置であろうところへ戻して動作確認してみる。

・・・ま、当然ながら動かないw

メンドくなって片付けるかぁ~と思った時、ふと頭内に天の声が降りてきた。

CD-Rに焼いたら読めるかも~、と。

もしかするともしかするかもってことで、だめもとで試してみる事に。

PICT7077

使ったメディアは昔沢山買ったけど全く使わなかったマクセルの台湾製。

PICT7076 ・・・動いてもたw

音飛びも無いようで、読み込みもスムーズ。

このジャンクMEGA-CD2はどうやらCD-Rメディア専用のようです(^-^;

MEGA-CDROMも音楽CDもオリジナルのプレス盤は全く読まないのに、CD-Rは動くという(笑

ちょっと捻くれた子みたいですね。

色々CD-Rメディア変えてみたけど、音楽用高級CDや海外製安物メディアは読まないものもあった。

なんかしっくりしないけど、とりあえず使い物になったから良いか~

.

CDといえば、最近私が欲しいものがCDDエミュレータ。

ソフト的なエミュではなくハードタイプ、簡単に例えるならHxC FDD Emulatorみたいなもの。

フロッピーはメディア自体がイカレやすいんだけど、CDみたいな光学メディア使うものは読み込み側がイカレやすいわけで、MEGA-CDは勿論、PCEのCD-ROM2やPC-FX、3DO、PS、NEOGEO-CDなどなど、今後使えなくなる可能性が高いのよね・・・

今のところそんなものは無い(と思う)ので、誰か作ってくれないかしらね~(^-^;

もしくは情報知ってる人が居たら教えてくださいませm(_ _)m

.

メガドラ序に。

PICT7038

昔ジャンクで手に入れたPC-9801用のSCSI&シリアルの複合Cバスボードに18.4320MHzのオシレータが載っていた、のを少し前に偶然発見した。

この周波数はSweet Rammyで使えるものです。

早々に取って動作確認したらちゃんと生きてたので、これ使ってまた作ろうかしらね。

新品のオシレータ買うと300円前後すると思うので、ジャンクでシリアルポート載ってるボード見かけたらチェックするといいかもです。

そういえばSound Rammyの開発も始まってますので、興味のある人は要チェックですよ~(^-^)

2012年4月7日土曜日

ディスクシステムで占ってみたら・・・

今日は家族サービスという事で一日中明治村で過ごす。

行く前から風邪気味で、持病の偏頭痛が軽くあり・・・帰ってきてからもその状態ですが、ディスクシステム弄ってます。

体調よりも遊び優先ですw

ドライブの調子を見ながらちょっと遊んでたわけですが。

PICT7052 ちょっと質感的な感じを写真に・・・と思ったけど、写真の撮り方下手だからまずわからないでしょう(ぉ

PICT7055

↑これは今は買えない(扱い終わった)任天堂純正のベルト

PICT7056

↑で、これが代用品のグリーンベルト

う~む・・・写真でわかるのは、グリーンベルトはストロボ使って撮ると反射するぐらいテカッてるのがわかるぐらいですね(^-^;

それは置いといて、ベルトテスト序に久々にfdsloadr使ったらすっかり使い方忘れてる(^-^;

PICT7060

写真のFDSのメイン基板のバージョンは05なので、マカオさんトコ見て改造済み。

操作を思い出しながら、ディスクの読み書きが正常にできることを確認できた。

・・・床に直置きしてある謎のディスクが肝です(ぇ?)

それはいいとして、テストしてたらタロット占いのディスクを発見。

PICT7064

占いには全く興味がないけど、ベルトのテストなので自分の名前入れて遊んでみたところ・・・

PICT7063

・・・ダメだこりゃ(-_-;

.

あ、FDSと関係ないけどファミコン関係って事で、

PICT7065

ファミコンBOX&スーパーファミコンBOXのフロントキーを増産したw

手持ち部分作るの面倒だったので、ビット交換タイプに。

単体で手で楽に回せるけども。

内側の突起部分は無くても使えるからとりあえずこのままで。

内2個は旅立つ予定。

あと3つは・・・また考えます。

あぁ~・・・冗談抜きに頭がやばくなってきたので今日はもう寝よう・・・

FC ディスクシステムのベルトの代替品

偶々なんですが、とってもベストなディスクシステムのドライブベルトの代替品が手に入った。

PICT7047

このグリーンなもの、一応輪ゴム。

普通の輪ゴムとは伸びや質感が全然違う。

伸び率は少なめで、ん~・・・輪ゴムらしくない輪ゴム?(なんだそりゃ

もう純正ベルトの弾力とか忘れたけど、それに近いものがあるんじゃないかな。

これ、半年ほど前から、会社に出入りしてる工具屋さんが工具を持ってくる時に偶にコレで束ねて持ってくるようになって。

その時から、大きさ、太さ、柔らかさ的にディスクシステムのベルトとして使えないかなぁ、って思ってて会社でとっておいた。

要するに、タダの物ですw

で、今日(昨日か)、今頃になってやってみるかぁ、と家に持って帰ってきた。

PICT7049

3年前に書いたような輪ゴムは、最初は使えてても劣化しやすいってのと、どうかすると軸のリングから外れてしまって、テスト的に使う以外は使えないかなぁ・・・って感じだったけど、今回のグリーンのゴムは、半年間会社で暑い日も寒い日も棚の上に雑に放置していたにも関わらず、劣化した様子は無かった。

・・・だから持って帰ってきて試す気になったんだけれどもw

PICT7046

純正ベルト(もう任天堂は扱っていないから手に入らない)よりは直径が小さいものの、取り付けた感じはとっても良い具合。

でもって、動作させると、あ~らビックリ!めっちゃ読み込み精度いいじゃないかっ!(笑

PICT7051

正直、取り付けた私本人がウソだろ?って疑うぐらい完璧な動作をしてくれてるw

思わず放置してあった4台全てのベルトを交換してみましたが、全て正常に元通り(笑

気になっていた「回転中にベルトが軸のリングから外れる」といった問題もないみたい。

今まで納得のいくベルトの代替品って無かったんだけど、コレはもうお勧めできちゃうぐらい。

ってことで、突然ですが、とりあえずは「私が既に住所知ってる人」でこのグリーンベルトが欲しい方、先着5名さまにプレゼント~(^-^)

心当たりのある方でくれ~っ!って人はお早めにコメしてくださいませね。

(もし応募が無ければ・・・一般募集でもしますかね)

一旦受付終了~

ただし、絶対に動作する保障は無いのであくまで動いたらラッキー程度の心構えでお願いします。

あ、あと動作報告もw

関係ないけど、一応、ベルトが動いててエラーが出る率が高いのは、

・ディスクの軸受け向きが合っていない

・ヘッドの磨耗が激しい

・ヘッドのスライドがスムーズでない

・ディスクの質が悪い(書き換えが多い&孫、ひ孫等)

大雑把でこんなトコかな?

あ、そうだ、あやすけさんには他に送るものがあって勝手に同梱しますから応募しないように(笑

そんなわけで、個人的にこのグリーンベルト気に入ったし、現在では任天堂も扱っていないので、来週早々にでも工具屋へもっと持ってこいっ!と恐喝お願いしてみるつもり(笑

しかし、これでディスクシステムのベルト心配しなくていいと思うと一つ気が楽になったな。

劣化の具合も観察していかなきゃだわね~

2012年4月4日水曜日

「八万ロック」をアンロック 自作の完璧版w

え~、2年も昔に書いた、業務用ファミコンBOX&スーパーファミコンBOXのフロントを開けるキー、通称「八万ロック」を真剣に再製作してみましたw

PICT7045

つっても上の写真ではまだちゃんとした手持ち部分は無いですが(ぉ

以前の試作キーでは溝の寸法が合わずクリップ使って鍵師みたいな方法で開けてましたが、今回作ったのは完璧ですww

なぜ今更?ですが、以前作ったカギは他の人へあげてしまったので、それ以降はウチのBOXは開いたままだったんですよね(笑

(テープで止めてたの)

あげてしまえば作るかなぁ・・・ってことであげちゃったんですが、結局今まで放置してて。

で、少し前にIさんから、「スーファミBOX開けたいんだけど・・・」と連絡頂いたのがきっかけ。

ホントはCADで書いてDXF送るだけで良かったんだけれども、念のため、ちゃんと使えるかなぁって事で自分用も作って確認を。

ちょっと引っ掛かったりするかもなぁ~って思ってたんだけど、気持ちいいぐらい完璧に仕上がっちゃったw

ってことで久々に記念動画をw

【追記】

あら?youtubeにアップしたらなぜか画面がウネウネして音声2重になっててキモチ悪いけどこのままにしておきます(^-^;

あ~・・・ただカギを開けてるだけの動画なので、ハッキリ言って見てもツマラナイと思います(^-^;

自作キーでサクッと開くトコを見たい人だけ見てくださいませ。

てなわけで、寸法的には問題なく、これでカギ無くしてもいつでも作れるな(笑

あ、細かい寸法などはここではあえて載せません。

・・・何かと問題になるかもなのでね。

そうそう、今までこのカギの内径部分にある突起はカギ回すのに必要だと思ってたんだけど、無くても回せますね。

4箇所の溝の寸法が合っていればいいみたい。

一応今回自作したカギには穴空けておいたので、ジャンクのメモリモジュール基板から切り取った端くれを刺して突起作り出してあります。

う~ん、満足満足~

P.S.

Iさんへ、DXF近いうちに送りますね~