2012年5月1日火曜日

ディスクシステムを直す為の要点を

モビロンバンドが好評のようで、直販では順調に売れていますね(^-^)

今のところ、私が連絡いただいている限りではモビロンバンド装着したディスクシステムは全て(これ書いてる現在で13台)正常動作しています。

んが、場合によってはちょっとした調整が必要だったり、ベルト交換以外に問題があって動かない場合もあると思うので、要点だけ書いておこうかな、と。

・・・要点といっても基本的なことばかりなので、ディスクシステムの修理に慣れてる人は見る必要ないですw

折角モビロンバンドに交換しても動かないんじゃ悲しすぎますからね(^-^;

基本的なベルト交換のやり方はググれば幾つも出てきますので、ここでは端折ります(爆

・モビロンバンド装着前にする必須事項

基本的な事ですが、プーリーの掃除をすること。

PICT7132 Before→AfterPICT7134

↑左は樹脂のプーリーをカッターなどで腐ったゴムベルトを取った状態ですが、側面にゴムが残ってるとモビロンバンドが外れやすいので、シンナーなどである程度綺麗にします。

PICT7131 Before→AfterPICT7133

真鍮のプーリーも同じように。

上左写真のプーリーは、先人さんが試したと思われる形跡がある、結構汚れてる状態のもの(^-^;

一度も分解されていないFDSならこんなに汚れてないです。

上面やコーナー部分に若干黒く残ってますが、側面さえ綺麗になっていればOKです。

あ、念のため、私のプライド(ぇ?)のために書いておくと、いつもはもっと綺麗にします(笑

PICT7136

私は接点洗浄剤を綿棒に付けて取ってます。

コーナーなど取りにくいところは先の尖ったツールで解してから洗えばOK。

・場合によっては真鍮のプーリーの調整が必要

調整の必要がないこともあるのですが、軸受けの調整時に樹脂のプーリーを手で回していると、モビロンバンドがズレてプーリーから少し外れるかも~、なぐらいまで動く場合があります。

あ、軸受けの調整をする際、常に使う状態の向きでプーリーを回すこと。

説明上、写真は上下逆なので注意ね。

外れなければそれでいいんですが、気になる場合は調整する。

下の写真で説明すると、ズレる場合は上にズレてくる感じになるはずです。

PICT7129

垂直に回すと外れやすくなるので注意。

樹脂のプーリーを何度か手で回していて、どうにも外れそうだなぁ、って感じたら、

PICT7130

ちょっと力加減が難しいかもですが、叩くとかして高さを変えます。

少し高さを変えるだけでモビロンバンドの回転位置が全然変わってきますので・・・ん~言葉では説明しづらいので、徐々に叩いては回し、叩いては回しで調整を(^-^;

実際には、手でプーリー回しててモビロンバンドの側面と樹脂のプーリーの角ギリギリ程度で動いてるのであれば外れる事は無いと思うので、あまり神経質にならなくてもいいかと。

運が悪かった場合の時の為に頭の隅に置いておきましょう(笑

・稼動部分にグリスを塗る

古いグリスは固形化していたり、埃を含んでヘッドの動きが鈍くなってる場合があるので、場合によっては古いグリスを取り除き、新たにグリスを塗る必要があります。

PICT7142

上写真のシャフトは大抵の人がやると思うからいいとして、

PICT7140 PICT7141

ヘッドの下を通っているベアリングの稼動部、この2つは忘れやすいので、ちゃんとグリス塗っておきましょう。

・軸受け調整の違い

軸受けの○部品は1面が平面になっていて、いもねじで固定されてます。

ヘッドが一番下がった時に、下写真左のドライブのように、平面が真横になるようにセットするのが正解です。

実際には、

・裏から見て(裏からだよ)プーリーを反時計回りに回していくと「カシャンッ!」と音がする

・そしたら今度は逆(時計回りね)に回すとプーリーが回らなくなって止まる(注:力任せに回さない

その状態で、下写真の左側の位置になるようにセットすれば、正常なディスクであればほぼ読めるでしょう。

PICT7150

ただし、例外がありまして、

・ドライブが旧タイプ→PICT7152

・ヘッドが磨耗している

・ヘッドの稼動状態(モーターの劣化)

などなど、他にも原因があるかもですが、何かしらの原因で、読めない事がある場合もあります。

例えば、他の数台はディスク3枚全部読めるのに、1台だけは1枚しか読めない、とか。

その場合、軸受けを、軸受け写真の右ドライブのような方向へ徐々に徐々に動かして調整する必要があります。

軸受け位置が合ってないFDSでセーブデータなどを書き込んだディスクを違うFDSで動かした場合、正常に読めない可能性が出てきます。

複数のディスクと、できれば複数台のディスクシステム本体があると軸受けの調整は完璧にできるのですが・・・常に1台だけで使うのであればそんなに気にする必要は無いかな(^-^;

軸受けを完璧にセットしたい人は是非複数台の本体を(笑

モビロンバンド買った人は何台も動作品作れるハズだし~w

とまぁ、こんな感じで要点だけ書いてみました。

これでよっぽど動かせると思うけどなぁ~、どうだろう。

1台でも多く、ディスクシステムが復活するといいな。