2013年6月13日木曜日

AM29F040B-90PD、100個届いた

予想より全然早かったですね(笑

PICT8277

当初の予定ではAM29F040B-90PCだったんですが、届いたのはAM29F040B-90PDでしたw

どっちかっていうとPDのが鉛フリー(Pb-free、

製造工程で使用するはんだを全て鉛フリー化したもの)製品なので、気持ち安心できるものになった(笑

使用上は同じなので、大した特ではないですが。

am29f040_100

で、一応チェックで問題なし。

といったとこで、ちゃんとしたものが届いて一安心。

ちょっと心配してたのよね~

18 件のコメント:

YoGirl さんのコメント...

お、良かったですねw
もうその型番見ただけで、大丈夫かなと心配してしまいましたw

ブイハチ さんのコメント...

大量ですね-w
私は手元の20個を使い切る日が来るのかめっちゃ疑問ですw

ぽんRev さんのコメント...

YoGirlさん

今回は取引実績のある方だったので多少安心はしてたんですけどね。
頼んだ矢先に例のブツの存在を知ったから、正直ちょっと不安でしたw
実際ネット上では1998年モノの写真見るんだけど、全てMXなのですかね。
少なくとも画像で判断できる場合は98年モノは避けたほうが良いかもですね。


ブイハチさん

既に20個ほど嫁ぎ先が予定されていて、おそらく地道に減っていくんではないでしょうか(笑
FCやMDでは2個づつ減っていくから、人によっては消費早いかもw

Nekojirou Kumakuma さんのコメント...

100個とはかなりの金額ですねー.
無事に1993年製が来たみたいで良かった良かった.
無用な心配の種を与えてしまったようで申し訳なく^^;
でも1998年製の物に関しては有用な人柱だったんじゃないかとは思ってますがw

でも今のところカセット作る予定もないのでまあいいかと(S5Bが手に入ったら作りますが).手持ちでは6個使えるのがあるのでOKです.

ぽんRev さんのコメント...

Nekojirou Kumakumaさん

>有用な人柱
ごもっともです(笑
今回の事が無ければ私も知らなかったですしw

数は...勢いですw

Nekojirou Kumakuma さんのコメント...

そー言えば今更かも知れないんですがシャイニング・フォースIIで作った42ピンのRammyアダプター(と言っても本体そのものとも言えますが)で気付いたことが.

SFIIですと16Bitx1個なので通常16Bitで読み書きするわけですが,試しにMBM29F800のBYTEモードで読んでみても読めました.
WORDで焼いてBYTEで読み出す場合焼く度に基板裏のハンダをやり直してたわけですが面倒くさいのでBYTEモードのままイレースしてみるとちゃんとイレースが通るじゃないですか.
なら書き込みもできるのでは?と思ってやってみた所正常に書き込めちゃいました^^

P+.000001に設定してステップを1BYTEにしてイレースと書き込みをすればOKでした.
16Bitでもこのまま書き込めます.
ただイレースは8Bitに設定しないとフリーズします.コマンドがずれちゃうのでダメなんでしょうね.

最終的に8Bitで使う場合一度加工すれば済むので結構便利なのではと.
自分が知らなかっただけで既にご存知だったらすいません^^;

ぽんRev さんのコメント...

Nekojirou Kumakumaさん

どうもです~

16BitデバイスをByteモードで読み書きはやったこと無いですね。
8bit×2個をWordモード読み書きはしたことありますがw(←結構普通(笑

しかし、Byteモード時のアドレスのズレはどうなってるんだろう?
データが正常に書き込まれて・・・D15/A-1はどこへ?(^-^;
それとデータはスワップされてるのかしら?

う~ん、また謎が・・・
今仕事中なので、やりながら考えます(爆

Nekojirou Kumakuma さんのコメント...

不思議ですよねー.
もしかするとその辺りはRammyの方で吸収しているのかなとか.
あ,でもあくまでその状態での16Bitモードに関しては確かに読み書きできてますがRammy上でのことなので動作するかどうか確認してませんでした(汗
普通に考えると無理ですねーw

8Bitモードでは動作を確認してますのでRammy上でも実機上でも同じデータがちゃんと書き込まれてます.
スワップとかもないですね.16Bitモードで読み書きした状態と同じデータで書き込まれてます.
この場合はA-1のズレの問題は無いので不思議ではないのですが.

Rammyのフラッシュ操作に関しては未だに掴みきれてない部分があるので試していくというか慣れていくしか無いのでしょうね.
リファレンスがあればなあと思ったり思わなかったり^^;

ぽんRev さんのコメント...

Nekojirou Kumakumaさん

読み書き方法の組み合わせとか増やすとゴッチャになって余計に難解になる可能性が(^-^;
って、既に?マークですがw

>リファレンスが
・・・スイマセン、GUIができれば考えなくて済みますよね(-_-;
うぅ~~・・・気楽に行きます(ぉぃ


全然関係ない話、記事にするまでも無い事を序に。
今日はAM29F016D-90ECが手に入ったのでテスト。
/OEのタイミングが変わってるらしいからどうなるのかなぁと思ったけど、とりあえずGBのFlashカートにして問題なく使えたので良かった。
016はリビジョンE+2まであるけどあまり気にすることは無いのかしら~、といったところで今日はもう終わり。


YoGirl さんのコメント...

ほうほうほう。
Word/Byte 切り替えがあるROMは Word Mode でもコマンド自体は8bitのまま (上位8bitは無視) っぽいです。

あと D15/A-1 がどこ行ったのかはウチも分からないw

Rammyの挙動とか使用も含めたマニュアルを用意しないとエケないハズなんだけど、未だ書いてないですねウチw

Nekojirou Kumakuma さんのコメント...

>・・・スイマセン、GUIができれば考えなくて済みますよね(-_-;
>うぅ~~・・・気楽に行きます(ぉぃ

逆に言えばGUIが出来上がってたら多分これは気づいてなかったと思いますw
と言うのも実はコマンドミスで気付いたのです^^;
Rammyはデフォルトで8Bitモードでステップが2になってますので弄ってる内に設定パラメータを忘れたまま読み書きしちゃったと言うわけで.

適切に設定されてないとELで止まるとか書き込みを受け付けてくれないとかあるのでマクロに頼ってる状態です.
TeraTermがもうちょっと使いやすければいいんですけどねー.ファンクションキーにマクロとか割りつけたいです!

YoGirl さん
>ほうほうほう。
>Word/Byte 切り替えがあるROMは Word Mode でもコマンド自体は8bitのまま (上位8bitは無視) っぽいです。

製作者のYogirlさんも知らなかったのですねw
怪我の功名とでもいいましょうか.

8M以上の大容量デバイスで8Bitで読み書きする機会は殆ど無いですがファミコンはともかく(8Mは公式にサポートしてるMMCは無いですし),スーファミやPCEなどでは便利に使えそうですね.

ぽんRev さんのコメント...

YoGirlさん

>Word Mode でもコマンド自体は8bitのまま
Byte Modeではコマンド変わるから何でだろうなぁ?って思ってたのだけど・・・
と、今になって理解できた気が。
Nekojirou Kumakumaさんのは、
・16BitROM(/BYTE=H)をByteで読み書きした
ということなのですね。
だとすればコマンドは8Bit-Byte Modeと同じだし、書き込み時にD8~D15/A-1は無視されるから全て辻褄が
合います。

私はてっきり/BYTE=Lと思ってたので、コマンドズレるしD15/A-1迷子だし、あれぇ?みたいな(笑

ってことで、ちょっとスッキリした。
・・・もし/BYTE=Lだったらどうしよう(^-^;

ぽんRev さんのコメント...

Nekojirou Kumakumaさん

被ったw

上で書いた説で合ってますよね?
合ってないとまた謎に逆戻りなので合っててほしい(笑

Nekojirou Kumakuma さんのコメント...

えーと・・・.BYTEモードはLowでアクティブ状態ですw
これでそのままSFII基板で読み書きできている様態ですね.動作も問題ないです.

と言うか16Bitモード(BYTE=H)はどっちでも受け付けるって事になりますよね.

そー言えばちょっと気付いた点としてはBYTE=L状態で読み書きした場合書き込み速度がかなり遅かったような.8Mbで30分近くかかってました.最初はWordモードで読み書きしてたので15分くらいだった気がします.

うちのこう言う用途用のマシンはMMX233と言う遅さなので時間はかかってるようですが4Mb 8Bitデバイスx2だと同じ容量(この場合両方扱いは8Bitなので同じサイズ)でも15分くらいで書き込み完了します.

とするとBYTE=Lで書き込みした場合通常の倍の時間がかかってると考えていいのかなあ.

Nekojirou Kumakuma さんのコメント...

書き忘れました.
これは一度フラッシュマニアであるPonさんに検証してもらったほうが詳しいことが分かりそうですね.
自分では機材も知識も不足しているので結果しかわかりませんので^^;

ぽんRev さんのコメント...

Nekojirou Kumakumaさん

やっぱり/BYTE=Lなのですね(^-^;
ん~・・・時間が倍掛かるってとこが実用的に不可な気もしますが、にしても、やっぱり不思議な現象です・・・
/BYTE以外は全て対で接続なのですよね?

>フラッシュマニア
私どっかに書きましたね、これ(笑
一度コチラで試してみてどうなるかみてみないとですね。

Nekojirou Kumakuma さんのコメント...

どうもです.
1点間違っていたので修正します.
ついでにまとめておきますね.

29F800のようなWord,Byte切り替え可能なデバイスの場合Rammy上では常にByteモードで利用可能.(BYTE=L)
Eraseは16Bit設定で行う事.8Bit設定ではフリーズします.
ステップは1にて読み書き可能で設定はP+.000001
読み書きはPB.000008で行えます.
以上です.

ぽんRev さんのコメント...

Nekojirou Kumakumaさん

詳細どうもです(^-^)
一番初期に作ったパチ基板搭載カセットで試そうと思ってるけど探すと出てこない。
ので、出てきたら試しますね。