2013年8月3日土曜日

X68030本体のコンデンサリスト

ネット上で簡単に見つからなかったから参考までにアップしておきます。

・耐熱は全て105℃品推奨

・VIDEO基板の3個(470uF×3)を除き、全て面実装タイプ

注!ここの表にはFDD&電源ユニットのコンデンサは含みません

.

VIDEO基板:8個

No. 容量(uF) 耐圧(V) サイズ(概寸)
C401 100 6.3 φ6.3×5.4mm
C405
C409
C410
C411    
C402 470 6.3 φ8.2×11mm
C403
C404

*470uFはラジアルタイプ

.

I/O基板:4個

No. 容量(uF) 耐圧(V) サイズ(概寸)
C501 47 6.3 φ5×5.4mm
C503      
C505 47 16 φ6.3×5.4mm
C507      

.

メイン基板:11個

No. 容量(uF) 耐圧(V) サイズ(概寸)
C3 100 6.3 φ6.3×5.4mm
C15
C24      
C4 100 16 φ8×6.2mm
C6      
C9 0.47 50 φ4×5.4mm
C17 330 6.3 φ8×6.2mm
C18
C33
C34      
C37 47 6.3 φ5×5.4mm

.

コントロール基板(下基板):37個

No. 容量(uF) 耐圧(V) サイズ(概寸)
C218 4.7 25 φ4×5.4mm
C219
C227
C229
C236
C237
C241
C252      
C238 47 16 φ6.3×5.4mm
C239
C250      
C207 0.47 50 φ4×5.4mm
C208
C244
C256
C257      
C209 100 6.3 φ6.3×5.4mm
C210
C213
C215
C217
C221
C231
C251
C255      
C225 100 16 φ8×6.2mm
C235
C240
C253
C254
C258      
C201 1 50 φ4×5.4mm
C259
C262      
C266 330 6.3 φ8×6.2mm
C233 10 16 φ4×5.4mm
C203 22 6.3 φ4×5.4mm

.

.

使用コンデンサ別リスト

容量(uF) 耐圧(V) サイズ(概寸) 必要数(個)
0.47 50 φ4×5.4mm 6
1 50 φ4×5.4mm 3
4.7 25 φ4×5.4mm 8
10 16 φ4×5.4mm 1
22 6.3 φ4×5.4mm 1
47 6.3 φ5×5.4mm 3
47 16 φ6.3×5.4mm 5
100 6.3 φ6.3×5.4mm 17
100 16 φ8×6.2mm 8
330 6.3 φ8×6.2mm 5
470 6.3 φ8.2×11mm(ラジアル) 3

合計60個(FDD&電源ユニット除く)

RSで全て揃える場合「単価計算で」約2,000円

ただし、最低ロット数縛りがあるから、1台分のみ買おうとすると割高になる

(4、5台分買えば+@ぐらい)

.

PICT8347

X68030 Inside/Outに添付されてる回路図を参考に、実際の基板と見比べながら確認したから、私の記載ミスが無ければ合ってるはず。

上に写ってる2冊を揃えておくと必要な回路図全て載ってるから、カスタムチップさえ壊れてなければ絶対に直せる・・・かな?

電源は勿論、メモリボードの回路図も載ってるから、「特に」これからX68kシリーズ触っていこうと思ってる人は必須のバイブルです。

って書いたところで、本自体も少ないし部品も入手困難なもの沢山あるな・・・

6 件のコメント:

Nekojirou Kumakuma さんのコメント...

これは分かりやすいですねー.ネットにも部品表はいくつかありますが面コン直径まで記載されているものはないですね.

話は変わりますが今までスーファミは2台持っていたのですが1台は部品取りにしちゃったので1台しか動作品が無くたまたまオクで10台を安く落とせたので全てばらしてみました.

内訳は2つ足が2台,4つ足が8台の全て日本製でした.そのまま動作したのは3台で整備してあと2台は動くようになりました.

4つ足は全て基板は同じもので1990年製でサウンドモージュールが別になっているタイプでした.ただし実装されているチップはバラバラで多分一台も同じものはなかったです.RGBエンコーダーもバラバラでした.基板の刻印はSVHC-CPU-01でした.

2つ足の方は基板のバージョンがそれぞれ違い1台はスロットが直付けされているタイプで良く知られているようなエンコーダも見当たらないようでした.位置的にNEC製の16ピンのSOPがそれに当たる感じですかね.
92年製のスロットが分離可能なタイプの基板のシルクはSNS-CPU-GPM-01,直付タイプは93年製でSNS-CPU-GPM-02でした.

今回入手分では中国製はありませんでした.
恐らくこの94年辺りに中国製が出てきた感じですね.以前持っていた中国製の製造が1994年になっていました.しかしこれ以降も日本製はあったようです.

今まで見た基板はバージョンと実装部品が全く同じものは1台もないのでかなりのバリエーションが存在していそうですね.メガドラも多いと思いましたがそれ以上でしょうか.メモリにしてもSONYせいだったりHYUNDAIだったりバラバラなのでもしかすると90年代前半であれば半導体不足がまだ影響していたのかもしれません.

不動品も修理しようかなとは思いますがどうするか悩みますねー^^スーファミはまだ特別貴重でもないというか最も手に入りやすいレトロハードだと思いますしね.

ぽんRev さんのコメント...

コンデンサって容量同じで大きささまざまですよね。
昔のサイズ(?)は大きいので、同じ大きさ探しても廃盤で無かったり(^-^;

>スーファミ10台
大量に(笑
スーファミはオフでも105円ぐらいから手に入るし、今はまだ安く入手可能ですね。

エンコーダはSNS-GPM-CPU-02基板までならどの型番でも同じように使えるから、特に問題は無いかな。

>メモリにしてもSONYせいだったりHYUNDAIだったり
これはファミコンのSRAMも同じ感じですよね。
半導体業界が躍起になってた時代で生産が追いつかなくて、あるものどれでも使え~っ!って感じでしょうか(笑

安いうちにもう数台、SNS-GPM-CPU-02基板以前のマシンを調達しとこうかなw

Nekojirou Kumakuma さんのコメント...

>コンデンサって容量同じで大きささまざまですよね。
小さい分には問題ないんですけどねー^^

>スーファミはオフでも105円ぐらいから手に入るし、今はまだ安く入手可能ですね。
ところがここ1年くらいはレトロハードはほぼ消えている状態でスーファミもあっても結構します.地域差が激しいのでしょうねー.

今回入手したものは運良く全てSNS-GPM-CPU-02以前のものだったので故障品でもチップは全て使えると思うのでラッキーでした.と言うかS-RGBタイプは見たことがないです.昔中国製を持ってましたがばらしてなかったのでわかりません.

実はシリアルやゴム足の数が分からなくても大体見分ける方法がw
外装が一部でも面で黄変しているものは確率が高いようです.GPM基板やS22xxxxxxやSMxxxxxxxx等の大きなシリアルだと黄変が殆ど無く綺麗なものが多いですね.後ろだけ黄変しているものは見分けにくいですが外に積まれて放置されていた可能性が高く故障品が多い気がしますね.

自分も後何台か欲しいですね.中国製も持っておきたい気もしますし
Jrになる前の最終基板はどれなのか気になります.

ツボック さんのコメント...

メ-ル送りました

Nekojirou Kumakuma さんのコメント...

これは・・・販売品のような仕上がりですね!
画像だけでも転載して紹介したいです^^

ぽんRev さんのコメント...

ツボックさん

近いうちにメールします~


Nekojirou Kumakumaさん

見つけるの早かったですねw
一応RIKIさんにアップしてよいか問い合わせたんですが、スルーされてるのか未だにお返事頂けてないので、密かに(?)写真だけアップしてみました(笑
ほんとはケースまで作りたかったんだけれども、休みが終わった序に計画も終了(ぉ

あと1、2日で消しますかね。


序に、連休中に1件だけオフ行ってきたんですが、SFC本体は525円が1台あっただけでした(笑
タイミングが悪かったのかな。

も一つ、X68030のリペア状況、とりあえず1台の面コンは全て取って、現在はあと下基板の面コン付ければとりあえず終わり・・・なんだけど、下基板だけで38個付けなきゃいけなくて面倒で放置中(爆
してるところで息抜きにキラスタカセット作ったのでしたw