2013年5月19日日曜日

モビロンバンドinディスクシステム、1年経過

ディスクシステムにモビロンバンドを装着して1年経過しました。

1年前の記事

結果、

PICT8210

PICT8188 PICT8187

上写真のFDS本体は1台使い回してます(ぉ)が、後から出てきた2台足した計9台、折径90mm(緑、黄)&折径100mm(青、3mmに分割)共に全て正常に動作しました。

ってことで、最低でも1年は余裕で使えるという事がわかったので、MB-9033の50g(約230本)入りを購入した人は230年ぐらい安心して遊べる事になりました。

日清紡ケミカルさんでは現在90mm扱ってないので、100mmしか選択筋ないかな?

1年経過記念として限定販売とかしてくれると喜ばれるかもですね>ケミカルさん(見てないと思うけどw)

.

モビロンバンドFDS本体の動作確認序に。

7、8年前に任天堂公式なオリジナルベルト取り付けたディスクシステム本体&ツインファミコンも無事動作しました。

保管方法に依存しそうだけど、こっちはどれぐらい持つのかな。

Rammyで書き込みできるFlashROMの確認

FlashROMの整理をしていて、メガドライブ(&Sweet Rammy)で書き込めそうなデバイスをテストしてみた。

PICT8205

AT49F002NT - OK

MX29F002NT - OK

上の組み合わせで書き込みテストして問題なく書き込めました。

読み込み後のデータチェックもOK。

PICT8207

SST39SF040 - OK

39シリーズは消去が早いのか?

一瞬で消去が終了し、書き込み&読み込み後のチェックも問題なし。

PICT8208 ee011

AM29F010 - OK

W29EE011 - bad

EEシリーズはダメっぽいですね。

AM29F010(odd側)をOKにしたのは、ヘッダ表示の判断です。

って事で、29F、49Fの他に39Fも使えそうな感じですね。

.

で、FlashROMに関連して、Flashカートリッジ作ったりするのに何かと相性が良く使い勝手の良いAM29F040B(DIP)ですが、どうやらRSでも入手不可能になったようです。

rs040b

先日(5月15日)追加でレール4本頼んでおこうか、と思ったらキャンセルされました。

ので、日本国内での入手は更に困難になった模様。

まだ海外で取り扱ってるところはあるので購入は可能なんですが、送料考えるとちょっと割高になるかもしれない。

で、代替品で適当な物を考えると、RSで扱ってるAMICのA29040Bがありますが・・・

コマンドアドレスもA0~A10でAM29F040Bと比べて大差無さそうですが、ある方(了解取ってないので一応伏せます)の情報によると、ファミコンでは電源投入後に一度リセットしないと起動しないことがある、とのことです。

理由はわかりません。

CHR側で使うならさほど問題ないかもしれませんね。

書き込みに関しては、RammyでもKazzoでも問題ないと思われます(未確認、購入予定無し)。

A29040Bはどなたか人柱さんに任せるとして、私は違うもので試してみようと思ってます。

・・・一つ部品が店で買えないんだけどもw

予想通りなら金額もAMIC29040Bぐらいでいけるはず。

どうかな~

【追記】

PICT8209 ee020

SST29EE020 - bad

AM29F002NBB - OK

やっぱりEEシリーズは、消去は正常に終了しているけど書き込みがダメでした。

AM29F002NBB(even側)をOKにしたのは、ヘッダ表示の判断です。

【追記2】

そういえば29Cシリーズを忘れてたので一応。

PICT8211 29cbad

W29C020c - bad

コチラもEEシリーズと同じく消去はできるけど書き込みはダメでした。

AT29C020もあるけど結果は同じはずだから、あえて試してません。

*Sweet Rammyは元々29F&49Fシリーズが書き込みできる仕様です

【追記3】

さらにテストしたので。

PICT8234

MX29F040TC-70 - OK

PICT8245

AT49BV040B TU  - OK

このFlashROMは以前秋月で扱ってたもの。

2.5V~5.5Vまで使えてとても便利なんだけど、現在では残念ながら扱ってません・・・

みんな考えることは同じで、無くなるの早かったorz

.

一応、ここの記事では8bitFlashROMのテストのみですが、当然ながら16bitデバイスも書き込みできます。

2013年5月3日金曜日

最近のメガドライブなこと

まず買ったもの。

PICT8167 PICT8168

PICT8169 PICT8173

今更ながら欲しい病が再発して、箱説付きで全部揃えたCodemastersのMicro Machines、全4種類。

他には2の1Pオンリー版とピンボールとの2個1があるみたいだけど、これらは要らないかな。

ミリタリーが一番遅く、3日前にフランスからやっと届いた。

EU版なので基本PALですが、NTSC-Jでもリージョンチェンジしなくても問題なく遊べます。

分解するのは勿体無いのでしない・・・どっかにPCB画像がアップされてたけど忘れた(爆

(見つけたらリンク貼っときます)

.

次、ハードウェアで作ったもの2種(3種か)。

PICT8161 PICT8162

↑3月には出来上がっていたSweetRammyPCBの青バージョン。

機能は全く同じだけど、部品をコンポーネント化したからパターンの見栄え(だけ)が良くなった・・・若干ハンダ付けはしやすくなってるか。

遊ぶものが無くなって部品が余ってたからPCBだけ追加で(ぉ

PICT8183

YoGirlさんとこのSweet Rammyページの2012年5月8日(Built on Rammy)の2種類のカセットを製作した。

いつの間にか、1年過ぎてましたね・・・(汗

PICT8180 PICT8181

↑まずスイッチレスなタイプ、RammyROMのバージョンを固定したくなかった&8bitデバイスの配線がメンドかったからパチスロの残骸(MBM29F800T)×2個仕様で。

・現在のクライアント(ver.0.12)の仕様的にSweet Rammy起動後に0x200000に&h01書かないとターゲットROMから直接起動ができない

(/CEをスイッチでスワップすれば直起可能だけど美しくないからイヤ)

・メガドラの仕様的に、このカセットでは最大で16Mbitまでだから吸い出しも考えると役不足

といった理由から、Rammy本体&書き込み用ROM一体型の開発者向け仕様になりました。

動作的には全く問題なく、読み書き&切り替え共に順調です。

PICT8171 PICT8170

↑実際にはコッチが先に作ったもので、EN29F002T×2個(RammyROM領域)+拡張コネクタ仕様のスイッチ切り替えタイプ。

拡張コネクタに使ってるのは105円で購入した古いマザボに付いてたISAコネクタを取り外して切ってくっ付けたもの。

ISAコネクタ2個でMDコネクタ3個作れます。

PICT8184 ←合体した様子

コッチは容量無制限で使えるので、吸い出しでも使えるようにRammyROM(書き換え可能)だけ内蔵で。

スイッチ下でRammy起動、後にスイッチ上でターゲットカセット認識で。

拡張コネクタのピンは対で全結線してあるので、論理的にはどのカセットでも問題なく動く(認識する)ハズ。

PICT8177

あ、今気が付いたけど、このカセットにファンタシースター復刻版用にもう1個スイッチ付ければ、復刻版にテープ付けたり分解しなくても済むね。

通常(今まで)、Sweet Rammyを使うにはメガドライブ本体を分解してMPU-68000のHALTピンにスイッチ付けて、と改造しなければいけなかったんですが、YoGirlさんとこの説明でもあるとおり、上の2種ではメガドライブ本体の改造をする必要はありません

ので、本体orカセットの故障の心配は殆ど無くなりました。

(今までも壊れた事は一度も無いけどね)

ただ一つ、カセット作るのが結構大変ってことかな~

これこそ背面に拡張コネクタ出すタイプで専用PCB作ったほうが楽かも。

SweetRammyPCB+拡張コネクタ付きRammyカセットならベストな感じ。

拡張コネクタ付きカセット一つ作っておけばどの本体でも使えるし、32xやGenesisカセットなどの形状を気にしなくてもよいから、結構便利なアイテムではないかな、と思われます。

作れる人は是非。

.

最後、ソフトウェア。

WS000009 

ちょっと進んだ?

今のところ、メガドラデータ(セーブ含む)の読み書きに関しては「とりあえず」普通にできているけど・・・

一応ROM、RAMサイズは自動取得で、バイナリ選択だからHEX<>BINは気にする必要無い(相変わらずDOS呼び出しのままだけど)ってトコだけコマンド入力よりマシって感じ・・・

個人的に一番ダメと思われるのは、自分の技術力の無さのせいですが、とりあえずフォーム上に全ての機能を入れてしまったので、データ転送時に「ソフトの見た目が」固まってしまう(機能は動く)ってとこです。

これはクラス分けとスレッド化をちゃんとすればプログレスバーも入れてちゃんと動く気がするんだけど・・・どうだろう?

バンク切り替えの対応もまだだし、インターフェースもシンプルに分けたいし・・・この程度で進行が止まってしまうレベルですw

ChangeROMは今日後付で、SwitchlessCart用で。

Additionは、該当ROMデータを、NESならPRG&CHR分けて一括で、SNESはヘッダ除去,8bit,16bit(SA1など),変換とか、GBは・・あんまり必要ないか?、PCEはヘッダ除去,形式変換,2個同時焼きとか。

とりあえずプログラムをオブジェクト指向な感じに直すとこから再スタートかなぁ~・・・と考えたところで停滞中。

・・・Additionは別として、いつ出せる状態になるやら。

しかし、メガドライブって国内でホント人気無いから、ファミコンやスーファミの機能は絶対に入れておかないといけない気がするのは気のせい?

.

そんなトコで、今月のアップは終わり(ぇ?